2020年6月刊情報

2020年6月に発売予定の官能作品より、フランス書院文庫を中心にピックアップしてご紹介します。


◎フランス書院文庫

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、6月のラインナップが発表されています。フランス書院文庫の配本は6月23日です。

※フランス書院文庫のタイトルのリンク先及びあらすじは、版元ドットコムさんの紹介ページより引用していますが、例によって公式ホームページはギリギリまで更新されないので、詳細をご覧になりたい方は各作品のリンク先を推奨いたします。





早見翔哉『いちゃいちゃしたいの ママ、そして年上のお姉さんと』




ママのお口で、ビュッピュしちゃいそう?
まだ出し足りない? このままじゃつらいわよね
未央ちゃんともエッチなことしたんでしょ?
だったら、ママとセックスしてみましょうか
おっぱいも××も、ぜんぶ好きにしていいわ
ずっと一緒よ、たっぷりいちゃいちゃしようね



熟女書院と言われる?フランス書院文庫では、ショ◯コンものと際立った存在感を示す早見翔哉さんの3作品目ですね。
あらすじをご覧いただけばお分かりの通り、ひらがなの割合が多いですね。






妻木優雨『幸福崩壊【人妻拷問マンション】』




「たまんねえな、奥さん、もっと腰を動かせよ」
男の体に跨らされ、屈辱の性交を強いられる江梨香。
新居のマンションで幸せな生活を送っていた27歳。
突然、愛の巣に乗り込んできた飢えた淫獣たちに、
エプロンを引きむしられ、三穴に精液を注がれる。
同じ階に住む友人の人妻・美里まで巻き添えに……



フランス書院文庫官能大賞受賞作家の2作品目ですね。他の5冊よりも200ページ近く増量されています。






天崎僚介『お背中流します【貸し切り癒し温泉】』




「心も、あそこも、存分に癒してさしあげますわ」
背中を優しく流されつつ、股間へ伸びる熟女の細指。
温泉旅館で待っていた未亡人女将の「おもてなし」。
傷心中のOL、キレ者の女上司まで泊まりに来て、
男1人vs.美女3人の、混浴ハーレム開幕!
ストレス解消するまでずっといて……最高の癒し宿!



ほぼ毎年2冊ずつと着実に作品を重ねる天崎僚介さんの新作も、やはり「お風呂(あるいは温泉)」での情交を期待させますね。






鳴沢巧『孕ませ懲罰 家政婦母娘と哀義母』




「もう中に出さないで……赤ちゃんできちゃう」
娘の前で何度もナマ種付けを繰り返される史織。
亡夫の借金で「奴隷家政婦」に堕ちた未亡人。
涙目イラマチオ、拘束強制アクメ、アナル性裁……
危険日がくるたびに注がれ、崩壊していく人格。
美母娘を逃がそうとした若義母までが生贄に……



今年1月に久々の新刊を出された鳴沢巧さんですが、次は間髪を入れずに新作となりましたね。

こういう作風への突っ込みは無粋かもしれませんが、孕ませものってその行為までが目的で、産まれた後の描写が少なくどうしたいのかと違和感を抱くことも少なくありません。






夕貴大『両隣りの独身美母【面倒みさせてください】』




「したかったのは、あなたより私だったの……」
翔一のズボンを脱がせ、肉茎を呑み込むまゆみ。
マンションの両隣りはシングルマザーの女教師!?
教え子相手のご無沙汰セックスで乱れる美熟女たち。
昼間は清楚な先生がベッドでこんなに淫乱なんて!
未亡人とバツイチ、同情から始まる危険な関係。



昨年7月デビューの夕貴大さんの2冊目です。
「同情から始まる危険な関係」とはどういうことなのか、読んで確かめたいと思います。






堂条伊織『高慢一家、堕ちる【逆転性裁】』




ここは生意気女を乱れ啼かせる下克上の楽園!
妻の母を高速ピストンでセックスの虜にし、
次女を無理やり孕ませ、才媛の長女を言いなり牝へ。
プライドの高い有能秘書まで完全屈服させ……
おのれの野望のために暴走していく狂犬青年。
すべてを乗っとるまで「性裁」は終わらない!



昨年11月の作品は義父と息子の嫁たちという作風でしたが、本作は典型的な暴走青年による暴虐系となりそうです。






◎フランス書院文庫X


元々はフランス書院文庫創刊30周年企画の一環でしたが、早くも5年目を迎えました。偶数月の刊行ですね。


麻実克人『【新版】先生の奥さんは僕の奴隷』




「だめ! もう少しで夫が学校から帰ってくるわ」
哀願の声を無視して続く、若さに任せた律動。
押し返す力は弱まり、拒絶の声は濡れた喘ぎに……
三十歳の人妻が堕ちる不貞という名の蟻地獄!



タイトルも新版なのかは分かりませんが、麻実克人さんの2011年刊行作品が底本のようです。

『僕が先生の奥さんを奴隷にした三週間』




「だめよ!  もう少しで夫が学校から帰ってくるわ」
哀願の声を無視して続く、高校生の若さに任せた律動。
白い太腿を割り広げられ、荒々しく送り込まれる腰。
押し返す力は弱まり、拒絶の言葉は濡れたあえぎに……
(どうして?  感じるなんていけないことなのに)
三十歳の人妻が堕ちる、不貞という名の蟻地獄!



これは個人的な意見ですけども…。麻実克人さんの新作と言えば、近年はこうした過去の作品の加筆版ばかりです。もう新たに書きたいというお気持ちは無くなったのでしょうか…。もちろん未完成だった過去の作品を完璧に仕上げたいというのも分かりますが、そこはちょっと気掛かりです。

追記:本編に加えて2008年のアンソロジー作品より、『人妻女医――内診台の蛮行』も収録されるようですね。






綺羅光『【傑作選】人妻美囚市場』




「ふざけないで、誰があなたの奴隷なんかに……」
地下の牢獄で、自宅リビングで、夫の目の前で
壮絶な性拷問を受け、マゾ性を暴かれる10人の人妻。
新妻、若妻、熟妻……理性を崩壊させる牝たち!



綺羅光さんの作品と言えば、愛好家Sさんがお詳しいかと思います。
調べた限りではフランス書院文庫や雑誌等に収録された過去の短編より、珠玉の10編を集めたとのことです。(先月新作を刊行なさったばかりですしね)






DSKさんのブログにて、6月の「気になる」官能作品を取り上げられています。

2020年6月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫X 2020/6/12 発売【新版】先生の奥さんは僕の奴隷(著:麻実克人)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。「だめ!もう少しで夫が学校から帰ってくるわ」哀願の声を無視して続く、若さに任せた律動。押し返す力は弱まり、拒絶の声は濡れた喘ぎに……三十歳の人妻が堕ちる不貞という名の蟻地獄!たぶん、...
2020年6月の気になる官能書籍








◎マドンナメイト文庫


マドンナメイト文庫の6月刊行分も月3冊(告白ものを含めれば4冊)刊行と、この形が定着しつつあるようです。

※マドンナメイト文庫のAmazon紹介ページへのリンクが貼れないため、ご興味のある方はタイトルのリンク先(版元ドットコムさん)よりどうぞ。





霧野なぐも『未亡人とその娘 孕ませダブル調教』

夫を不慮の事故で亡くした美代子は悲しみに暮れていた。
義理の弟の優二は慰めるふりをして、不意に牙を向き……。

働き盛りの夫を事故で失った美代子は通夜の晩、あろうことか義理の弟・優二に無理やり犯されてしまう。
あげく情事の写真を撮られて弱みを握られ、葬式や自宅でも嬲りものにされるようになった。
鬼畜な優二はさらに娘の汐里にまで魔手を伸ばし……。



マドンナメイト文庫の新人さんのデビュー作品です。
Twitterの拙アカウントで本作を紹介する度に、それなりの関心の高さを窺えさせますが、どうやら私の呟きをリツイートなさっている方の「お知り合い」のようです。(別名義とは言いませんが…)






高村マルス『狙われた幼蕾 背徳の処女淫姦』

純真で早熟な美少女は、男の異様な性欲に従ううちに……。

純真な早熟美少女・結愛は、自宅で着替えている最中、近所の大学生・加納から視姦されていることに気づいた。
だが、恥じらいつつも結愛は自ら身体を晒してしまう。
それをきっかけに、二人の背徳の露出調教遊戯が始まる。
加納の歪んだ欲望により、少女の幼い肉蕾が芽生え……。








桐島寿人『三年C組 今からキミたちは僕の性奴隷です』

女子は全裸で肉の盾となり、美少女たちが次々と犯されていく。
教室は凄惨をきわめ、ソドムと化し――。

理科教師の仁科は突如学校の廊下を爆破し、生徒を人質にして教室に立てこもってしまった。
女子生徒は全裸で肉の盾になるよう強要され、クラスの美少女たちが次々と犯されるなか、仁科の毒牙はついに本命の遙香に向けられ……。



桐島寿人さんの新作は「3年A組」でも「3年B組」でもなくて、「三年C組」です…。
元ネタは分かりますが触れないでおきましょう。

これは敢えて細かくは述べませんが、桐島寿人さんはある方の別名義ですね。
4月以降ほぼ月2冊ペースで刊行なさっている、今注目の官能作家さんとだけ申し上げます。(お隠しになる気はないとのことです…)






◎竹書房ラブロマン文庫


今月はオリジナルが1冊だけと寂しい状態ですけども…。






鷹澤フブキ『つゆだくお届け便』




若手サラリーマンの翼は先輩に勧められるまま、女性が料理を運んでくれる出前アプリを使ってみたが、そのアプリの一部の人妻配達員は、食事の配達後に好みの客を誘惑してくる肉食系配達員だった…!
夫に満足していないアラサー妻の樹里、性欲が強すぎる麻奈美、夫の束縛から逃げたい巨乳妻の慶子、会社でもかまわず求めてくる亜矢…。
美熟の人妻たちが自宅から職場まで、どこでも食事と性の悦びを運んでくれる、淫ら出前ロマン!



ちなみに本作の仮タイトルは『Wober人妻(仮)』でした(苦笑)
相変わらず竹書房さんは攻めるなあと感心いたしますが、(仮)で使われたくらいだから、本編では出前アプリの名前として登場するのかもしれません。






美野晶『たかぶりマッサージ〈新装版〉』




失踪した祖父から特殊なマッサージ技術を受け継いでいた雄太は、マッサージ院を訪れる美人アスリートたちに請われ、「性感を呼ぶマッサージ」を施すことになる。
筋肉美女の梨々子、淑やかなテニス選手の優美、セレブな岬…。マッサージ愛撫によって媚肉を濡れそぼらせ、蕩けた顔を晒す女たちは、淫らな欲望のまま、さらなる快楽を求めて雄太を誘惑する。
鍛えた美女アスリートたちの甘美な肉壺をたっぷりと味わう雄太だったが、やがて思いを寄せる幼馴染の麻美もその性宴に加わって…!?
健康肉感ハーレムロマンの傑作が新装版にて登場!



竹書房ラブロマン文庫の〈新装版〉は基本的には表紙の新装がメインで、後は若干の誤字脱字などの訂正が入るだけです。あらすじも発表されていたものから、修正が入ったようです。




元の作品のあらすじ

国田雄太の祖父・伍郎はスポーツ選手から引っ張りだこの凄腕マッサージ師。ある日いきなり彼は海外へ旅に出てしまい、残された雄太のもとには伍郎が秘密で「性感を呼ぶマッサージ」を施してきた美人スポーツ選手たちがやって来る。
プロレス女王の梨々子、清楚なテニス選手の優美、お嬢様ゴルファーの岬…。彼女たちの願いに応じ、雄太は祖父に代わって特別マッサージをおこなうハメになるが、肉悦を刺激された美女アスリートはさらなる快楽のために、雄太との情交を求めるようになってしまう! さらに幼馴染の麻美に、祖父の特別マッサージを受けていた疑惑が湧き上がり…!?
淫らな性と青春が交錯する、官能エンターテインメントの傑作!



本来ならアスリートと掛けて、あのイベントと絡めたいところでしょうけど…。各出版社の判断とは言え過去の作品の新装版で、ある程度見込みが取れるというのも、一定の読者層がいるからでもありますね。(元の作品はKindle Unlimitedで読めるよねという突っ込みもありますが…)






◎美少女文庫


猫又ぬこ/睦茸(イラスト)『鬼教師が教育メイドになりました』




(やった! 僕、先生とセックスしたんだ)
クールな厳しさに憧れていた女教師から教育メイドにも
なってくれた鬼沢愛衣と結ばれて、喜んでいた優太だったが――
愛衣との結合部から赤いものが滲み出ていることに気づき、顔を強ばらせた。
「えっ。先生、処女だったんですか……?」
「違うわ。私は処女ではないわ」
経験者ぶって最初は認めなかった愛衣だが、あたふたする優太に観念したように告白した。
「きみにとっては意外かもしれないけれど、べつに、私が処女でもいいじゃない……」
「よくないですよっ! 大事なはじめてを僕なんかに捧げるなんて……」
最高に価値のある先生の処女をもらえて、優太は使命感に燃えていく!



猫又ぬこさんの美少女文庫デビュー作品です。






鷹羽シン/おにぎりくん【アリスソフト】(イラスト)『姫騎士エルフと隠者ダークエルフ 隷属の淫紋』




シャノンとカルラ――二匹の牝畜エルフはオードのものを挟んで、白濁塗れの巨乳を互いにグニュグニュと擦り合わせる。
鼻先が触れるまで美貌を寄せると、舌を伸ばして互いの頬から精を舐め取り、美味そうにコクンと嚥下する。
エルフの象徴である長い耳にまで種汁を塗りたくっては同時に牝鳴きを上げる。
「み、耳はダメェ~ッ! イクウゥ~ン!」
ハイエルフとダークエルフ。正反対の存在でありながら、なぜだか手に取るようにお互いの求める快楽が理解でき、二人は共にアクメに酔いしれる。
Wパイズリ、W孕ませ――白と黒のエルフが競い合う幸せな日々。



「麗属」というとダークな路線と思わせますが、鷹羽シンさんの作風だと快楽に流されるヒロインたちとの甘々路線で間違いないでしょう。






わかつきひかる/みやま零(イラスト)『国王になったが妹は俺を嫌うし、国庫は大赤字で大変です』




「早くしなさい、って言ってるでしょ!?」
涙をいっぱいに溜めたローズの瞳がヴァイセを睨んでいる。
これから処女を捧げようというのに、妹姫はあくまで強気だ。
(ローズは、すっげぇプライドが高いな。さすが我が国が誇るお姫様だ)
亡くなった母親が王女だったと言われて、いきなり国王にされたヴァイセ。
嫌われていた妹姫とも協力し合って、赤字国家を立て直さなければいけないのだが……。
ぐっと腰を進めて、処女膜がちぎれる音がして、ペニスがぬるぅっと奥に入った。
「痛いっ!」
威厳と慈愛に満ちたローズ姫を、秘密の恋人にして、二人で乗り越える国の危機!



美少女文庫第60作品目のご刊行おめでとうございます。

2003年8月の美少女文庫創刊第三弾メンバーとしてご登場なさって以来、近年はやや刊行ペースは落ち着いたものの、「ジュベナイルノベルの女王」はご健在です。


美少女文庫でのデビュー作品

『後夜祭 君をイジメたい』

後夜祭 君をイジメたい (美少女文庫)
わかつき ひかる
フランス書院
2012-09-21



先生が好き。意地悪でSで私を脅迫するひどい人。
だけど私を愛してくれる。処女だった私を放課後ドレイに堕としたご主人様を好きになるなんて、すごく惨め。
なのに、なぜ?先生を想うと胸が痛いの。調教されたから? 
お尻の初めてまで捧げたから?いいえ、きっと二人が運命の糸で結ばれたから。




デビュー10周年

『先生はエロエロバージン!?』

先生はエロエロバージン!? (美少女文庫)
わかつき ひかる
フランス書院
2013-08-21



「先生のバージン、激しく奪って!」
クールビューティなエリカ先生(25)が僕の前でストリップ!?
縁結びの神様があばいた、処女姉教師のM願望!
乳首クリップでイジメおねだり!巨乳をリボンで縛り、私がプレゼント!
お尻ペンペンしながら突き入れて!恋人先生がくれるのは、自信と未来!


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2020年6月の気になる官能書籍

2020年6月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ! ▼フランス書院文庫X 2020/6/12 発売 【新版】先生の奥さんは僕の奴隷(著:麻実克人) → Amazonはコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 「だめ!もう少しで夫が学校から帰ってくるわ」 哀願の声を無視して続く、若さに任せた律動。 押し返す力は弱まり、拒絶の声は濡...

コメントの投稿

Secre

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が300冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
一部で関係者(作家さんや編集者さんなど)と思われているようですが、全くの見当違いです。
官能作品に関わる全ての方に感謝しつつ、読み続けていきたいと考えています。

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
管理人のTwitter