山口陽『人妻子宝温泉【がまんできないの】』

山口陽『人妻子宝温泉【がまんできないの】』
(フランス書院文庫、2020年2月、表紙イラスト:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)





【あらすじ】

民宿を営む舅が怪我で入院を余儀なくされ、その手伝いに行くことになった人妻の由香里。民宿では大学生の昌也も働いており、剛健な身体に似合わず初心なところも見せていて、いつしか肉体関係へと陥ってしまう。しかし民宿に泊まりに来た若妻の久留美や、熟妻の真結子もまた民宿の青年に興味津々の様子で…。


【登場人物】

東雲昌也
20歳の大学生。由香里の義父に世話になっており、入院の話を聞いて民宿の手伝いを申し出る。高校時代はラグビーをしていて、長躯で頑健な身体の持ち主で威圧感を与えるが、女性との付き合いはなく由香里に対してうぶな反応を見せている。民宿の手伝いの合間に身体を鍛えるのが日課となっている。

小野由香里
35歳。夫の父が怪我で入院することになり、姑は看病のために不在なことから、子宝温泉で有名なある地方の民宿の手伝いをすることに。夫はメンテナンス会社に勤務しており、月の半分は出張で不在にしているせいか、セックスレスで欲求不満気味。

下里久留美
26歳。IT関連企業のSEである夫と結婚3年目だが、一向に子どもを授からないことに焦り、子宝温泉の噂を聞き付けて夫婦同伴で民宿に泊まることに。しかし多忙な夫は急な仕事でドタキャンとなり、一人で欲求不満を募らせていた折りに、昌也に興味を持ち始め…。

倉松真結子
41歳。夫は多忙気味で既に子づくりを諦めている節もあり、出張で不在の折りを見て一人で子宝温泉のご利益に預かろうとやって来た。同時期に泊まっていた久留美と仲良くしようと部屋を訪ねたところ、昌也とのふしだらな関係を見てしまい…。


【展開】

夫の実家が営む民宿の手伝いを始めて数日が経ち、「子宝温泉」を謳うだけに若い宿泊客が仲の良さを見せ付けているのを知り、由香里はいつしか昌也に荒々しく抱かれることを夢想し始める。そんなある日浴室の掃除をしながらエッチな妄想をしていた罰が当たったのか、由香里は足を取られて派手に全身ずぶ濡れになってしまう。悲鳴を聞き付けた昌也は目のやり場に困るからとバスタオルを持って来るが、期待通りの反応に衣服を脱ぎ抱いて欲しいと迫る。浴槽に湯を張る間も惜しみ、バッグスタイルで求めた由香里は、昌也の威容に貫かれて中出しまで求めてしまう。

子宝温泉のご利益に預かろうと夫婦同伴で民宿を取ったものの、夫が急な仕事でキャンセルとなり、久留美は一人部屋で暇を持て余していた。他の男にナンパされたら…と妄想に耽っていると、いつしか昌也のことを意識するようになり、ちょうど夕飯の用意にやって来たのを見るやからかい半分で誘惑してしまう。口では拒みつつもモデル体型の肢体に遠慮なく視線を向ける昌也の初心振りに、久留美はセックスして欲しいと求める。ほんの出来心のつもりだったのに、昌也に征服されて中出しを受けると、一度きりという決心が揺らいでいくのを否定できずにいた。

その頃真結子は久留美も一人旅だと知って夕飯を取った後で話でもしようと部屋に向かうが、何と昌也とキスをしている現場に遭遇し自室に戻る。昌也の逞しい身体に抱かれたら…と思いながらのオナニーで絶頂したものの、物足りないのもあって早速翌朝に昌也を問い詰めることにする。カマを掛けられてアッサリと性交を認めた昌也に優位に立ったのを利用して、自慢のEカップバストで極太を挟み込み、パイズリで射精に導く。期待した通り硬度の衰えない昌也を見て、真結子はスカートを脱ぎパンティの股布をずらすと、彼を犯すように騎乗位で繋がって腰を振り白濁を受け入れてしまう。

昌也は休憩時間に部屋で腕立て伏せをしてストレス発散するのが日課である。しかしいつもと違うのは久留美が側で見ていて、汗ばんだ男の上半身を見てウットリとしていることだった。何でそんなに堂々としていられるのか昌也には見当も付かないが、その現場に乱入して来た由香里に対してもあっからかんとしていることに舌を巻くしかない。二人が競い合うようにペニスに舌を這わせ射精に導かれると、昌也も覚悟を決めたらしく、横たわった由香里の上に久留美が覆い被さるようにして重ね餅状態にしてしまう。どちらかに挿入すると他方は不満の声を挙げることに埒があかないと、昌也は二人の淫裂の間に剛直を押し込み、高速ピストンで下腹部に白濁を浴びせるのであった。
その場の流れで3Pを許したものの由香里に灸を据えられた昌也は、今度は浴室で真結子に誘われてしまい、踏み込んだ由香里は甲斐性の無さに怒りながらも対抗の意思を見せる。真結子は切り札とばかりに後ろの穴での性交を望み由香里に見せ付けると、今度は由香里がお返しとばかりに対面座位で昌也に乗っかって中出しを受けてしまう。

人妻たちとの酒池肉林も次の日が最後で、久留美と真結子の希望で由香里も含めて四人で混浴することになった。子づくりを意識してか人妻たちはやけにノリノリで、始めに久留美、次は真結子、最後に由香里に胤付けした昌也だったが、すっかり伸びてしまった由香里の痴態を見て都合三発放ったペニスはまだ元気なままである…。そして一年後人妻の淫らさを知った昌也は、同年代の女性では物足りぬと想い出に耽っていたが、目の前に由香里が現れて心がときめくのを抑え切れない。どうやら由香里は「二人目」を所望のようである…。


【レビュー】

子宝の湯が湧くという温泉地で、民宿を営む義父が倒れたため急遽手伝いに行くことになった人妻の由香里(35歳)。近所に住む大学生の昌也(20歳)も義父に恩があるようで、二人で民宿を切り盛りするのだが、威圧感とは裏腹に初心な昌也と結ばれてしまう。 子宝の湯の評判を聞き付けた若妻の久留美(26歳)と熟妻の真結子(41歳)は、共に夫の仕事によるドタキャンで一人旅を余儀なくされ、民宿の青年との一時の交わりに溺れていく。 なれ初めはヒロイン視点で、後半は昌也視点という切り替えが興味深い。






以下、読書メーターからの追記です。


子づくりを意識した人妻たちがひと時のメイクラブに浸り、その対象となった昌也も始めは人妻たちにやられ放しだったのが、反撃とまでいかないまでも「期間限定」の交わりを楽しむという作風は良かったと思います。

レビューで触れたように敢えて前半と後半で視点を変えたことで、単に昌也が食べられる「だけ」でないのも興味深いところです。


…とここからは本作というよりも、フランス書院文庫全体において気になったことを。

昨今の諸事情もあり官能小説業界でも、色々と配慮が求められる時代になっています。その為に使いたい題材に限りがあるのは理解しますが、これを言い訳にしてしまうとちょっと違うのでは…?という思いもあります。

特に誘惑系に顕著なのは「全員が平均点を取れるような均一化」であり、作家さんだけを変えても題材を使い回していれば、あまり変わりがないという点です。例えると鶏肉と野菜で何か作ってとオーダーすると、満遍なくカレーライスが仕上がるようなものです。例えば素材から浮かべれば肉じゃがやシチューなど何でもありそうなのに、端からカレーライスを作ることに題材が限定されていて、スパイスがどうとか野菜のゴロゴロ感がどうだと評しているようなものです。(もちろんキーマカレーが出て来る場合もありますね…)

他社レーベルの官能作品を読むと直接的な情交描写はそんなにないのに、それでもエロいと感じられることが度々あります。描写の量で勝負するのもありでしょう。個人的には一定量を超えるとオーバーフローしてしまう気はします…。

そんなに文句を言うなら書いてみろと言われそうですが、私にはモノを書く自信はございません(苦笑)だからいち読者の癖に好き放題言ってるわと流していただいても構いませんが…。

この「均一化」は作品のタイトルにも現れています。(これも何度か触れましたが…)2月のラインナップを見ると、過去に使った別の作家さんの作品タイトルをサブタイトル、あるいは帯の宣伝文句に使い回しているのが明白です。たまにはパロディとしてなら楽しめますが、中身は全く違います。

タイトルに関しては正直このままで良いのだろうかという危機感はあります。タイトルの使い回しで、「あっ、これは読んだわ」とライトな購買層が新刊を買う機会を失うのはちょっとまずいのかな…とは思いますね。

↓こちらが本作です。





↓こちらは香坂燈也さんの去年の作品です。





↓こちらは深月久遠さんの作品です。





↓こちらは高宮柚希さんの作品です。


スポンサーサイト
[PR]

tag : 大学生主人公 童貞 人妻

桜庭春一郎『とろける婿入り【色っぽい嫁の母とふたりきり】』

桜庭春一郎『とろける婿入り【色っぽい嫁の母とふたりきり】』
(フランス書院文庫、2020年3月、表紙イラスト:丹野忍)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)





【あらすじ】

大学の後輩である妻と意気投合してベッドインした一回で孕ませてしまい、そのまま授かり婿入りした新輔。妻は切迫早産の危険性が怖いと葉子の勧めで入浴中だが、そんな新輔の欲求不満を見抜いた葉子は入浴中の婿の元を訪ね…。


【登場人物】

澄野新輔
22歳。大学の後輩である女性と意気投合して一夜を共に過ごすが、その一回で孕ませてしまい、いわゆる「授かり婚」という形で婿入りすることに。元々内気な性格で女性にモテた経験も無かったが、この婿入りをきっかけに三人の女性に誘われることになる。

澄野葉子
39歳。新輔の妻とその妹の伊吹の二児の母親で、房総半島の興宿町(架空の街)で陶芸家として暮らしている。長女の突然の妊娠に怒るどころか、新輔を後継者として受け入れてくれている。メートル超えの巨乳で肉付きは良いが、肉体労働のせいもあってぽっちゃりとまではいかない身体付き。夫が亡くなって以来、男性との付き合いはない。

山内文菜
37歳。澄野家とはかなり離れてはいるが隣の家に一人で暮らしている。元々は関西出身だが遠縁に当たる山内家に嫁いだものの、子を為さぬままに夫は死別し姑も昨年亡くなっている。一人で果樹園を営み生計を立てているが、なまりのある和服の似合うおっとりとした美人で、葉子に負けずと劣らない巨乳の持ち主。

澄野伊吹
18歳。千葉市内の全寮制の女子校に通っている。連休を利用して帰省したが、新輔が葉子や文菜と関係しているのを知り、自ら後ろの穴ならと関係を求めてくる。茶髪をサイドテールにしちょっと日焼けしたいわゆるギャル系の少女だが、遊んでいるように見せつつも実は処女。


【展開】

澄野家に婿入りしたものの切迫早産が心配だと言う葉子の勧めで、新輔の妻は入院生活を送っている。その為に専ら自家発電でしか新輔は欲情を発散できずにいたが、その痕跡を見付けたらしく葉子はある日入浴中の新輔の元を訪ねる。いきなりの乱入に新輔は欲求不満で滾ったペニスを隠す間もなく、潜望鏡プレイで葉子の口腔に精を放ってしまう。精液と男根の臭いに発情したのか、葉子は浴槽の縁に座ってクンニでアクメを迎えた後で、バックで新輔に貫かれて何度も中出しを求めていく。浴室から寝室に舞台を移すと新輔の乳首を舐めて勃起を促し、自ら騎乗位で跨がって再び中出しをされてしまう。翌朝夢イキで目覚めた葉子は自らの淫性に目覚め、新輔を誘ってはセックスに及ぶのであった。

すっかり新輔に溺れてしまった葉子は陶芸の作業の合間に暑いと言って作務衣を脱ぎ、ふんどし姿で新輔を挑発する。工房に面した林道でいつ誰に見られるのか分からない屋外で犬のように交わるも、葉子にはまだ何かが足りない。スマホを置き忘れたとわざと隠していたオナニーグッズが見えるように仕向けて取りに行かせると、案の定戻って来た新輔からバイブを持ち出しこれを使ってと命じられる。玩具を使いながらの口唇奉仕で顔射され、自宅に戻り浴室でソーププレイで孕ませ願望を口にする葉子はただの牝そのものと言えた。

数日後NPO活動で葉子とともに山に入った新輔は、林の中で水産会社の女社長と婿とのセックスを覗き見てしまう。後から来た葉子も触発されたようで、競うようにパイズリで新輔をイカせると、対面座位で見せ付けるように同時に絶頂を迎える。それだけで物足りない葉子は帰り道で車を停め、ワンボックスの後部座席で拘束されながら、四つん這いになった新輔をアニリングスで射精へと導く。そしてギャグホールを装着し身動きの取れない状況で、アナルに玩具を突っ込まれた二穴状態で気絶するほどの絶頂を迎えてしまう。

葉子が個展のために東京に泊まりに出掛けた日、文菜から連絡が入り夕飯を作りに澄野家を訪ねるという。酔った勢いという苦い思い出もあったのに、文菜に日本酒を勧められた新輔はすっかり酔わされてしまう。文菜の目的はただ一つで自分も葉子と同じく新輔の巨根を味わいたいというもので、床上手な彼女は新輔を口腔でも浴室での手扱きでも射精させてしまう。萎えそうになっても前立腺を刺激して何度も性交に及ぶが、次の日は二日酔いを醒まそうと全裸散歩を提案し、新輔がしっかりと朝勃ちしているのを見るや林道でオナニーを見せ合い同時絶頂する。更に歩みを進めるとひと気のない海に面した公園へとやって来る。新輔にバックで貫かれて喘いでいたものの、覗き見している気弱な少年の視線を見付けると、彼に聞かせるように行為を激しくするのであった。

連休を迎えて帰省した伊吹と一日遊んで風呂で疲れを癒していた新輔だったが、そこへ伊吹が乱入してくる。母譲りの巨乳と艶々の若肌に見とれていると、いきなりアナルセックスしようと誘われ、理由を問うと真面目な彼氏に言ったら別れると言われそうだからとのことである。つまり膣内は彼氏のものだと受け取った新輔は葉子や文菜との関係を知られた弱みもあり、アナルスティックで尻穴を拡張させてから肛交を余儀なくされる。それから毎週のように帰省しては伊吹と後ろで繋がっていたが、あるとき彼氏と喧嘩して生理も近くて疼くからと前の穴でセックスしてしまう。実は処女だった伊吹はあっからかんと白状し、実は後ろの穴でオナニー中毒だと打ち明ける。そうなると新輔は肛姦の前にしているという浣腸を見たいという願望が沸き上がり、ありのままを披露した伊吹は新輔をご主人様と慕うようになった。

妻の臨月を控えて罪悪感を抱きながらも、葉子・文菜・伊吹との関係を止められずにいた新輔。それぞれにしていた緊縛・野合・肛姦もすっかり三人は受け入れるようになり、そんななかで出産を迎えると葉子から悪魔の囁きを聞いてしまった新輔は、退院して自宅に戻った妻までも調教してハーレムを認めさせてしまう…。


【レビュー】

大学の後輩の女性と関係し、身籠らせてしまった主人公・新輔(22歳)は、妻の実家に婿入りすることに。メインヒロインは姑で陶芸家の葉子(39歳)で、娘婿の欲求不満を知って端から積極的に迫っていく。初めは自宅や作業場だけだったのが、次第に野外でも交わる葉子も自らの隠れた性癖に気付かされていく流れである。 後半は隣りで暮らす未亡人・文菜(37歳)と、葉子の次女・伊吹(18歳)も現れるが、それぞれ露出癖と後ろの穴好きという性癖の持ち主。分量を考えたら次女だけでも良かったのかもしれない。






以下、読書メーターからの追記です。

これまでの桜庭春一郎作品の主人公には特殊性癖(特殊能力、特殊階級)を持たせていましたが、本作では平凡な青年像に終始しています。ヒロインたちに感化(逆調教)されて、次第に「ご主人様」として目覚めるのは変わりありませんが…。

セックス描写が先行し、ヒロインたちが「何故主人公に惹かれたのか」というプロセスが置いてきぼりになっているのは若干気になるところです…と言ってしまうと話は終わってしまうので、私なりに考えたことを挙げたいと思います。

現在のフランス書院文庫の主な読者層は?管理人のような世代かもう少し上なのかもしれません。一方で若い読者層に受け入れられる作風とは?私には正直見当も付きません。だから今が試行錯誤の段階だと考えると、桜庭作品も多数ある選択肢の一つなのだという答えに辿り着きます。

この作風は合わないと断じるのは簡単ですが、誰もかれも「◯◯さんのような作品」というのも考えものでしょう。だから個性を尊重するということは、受け入れられなくても存在を否定するまでには至らないのではないか。仮に本作でなくても何かがヒットしたとしたら、その理由は何かと考える必要はあります。多分それが出来なくなった時には、静かに去るのが賢明なのかなと思っています。批判するのも挙げ足を取るのも実に簡単で、気楽なものです。

これは官能小説に限ったことではないのかもしれませんね…。

tag : 社会人主人公 義母 未亡人 義妹 処女

尾木俊平『喪服の下はすごくいやらしい四人の未亡人』

尾木俊平『喪服の下はすごくいやらしい四人の未亡人』
(フランス書院文庫、2020年2月、表紙イラスト:二見敬之)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)





【あらすじ】

大学生で家庭教師の祐輔は教え子の母親・花穂に求められ童貞を卒業したが、彼女との関係をきっかけに何故か未亡人にばかりモテるようになり…。


【登場人物】

稲本佑輔
19歳の大学生。花穂が営む弁当屋の常連でその延長上から、彼女の息子の家庭教師を務めることになった。登山サークルに所属し、早紀のゼミに出席する平凡な青年だが、女性経験は無い。人一倍感受性が強くて優しく、それが「未亡人殺し」とも言える利点をまだ熟知していない様子である。

森嶋花穂
42歳で6年前に夫を亡くしており、中学に通うひとり息子がいる。佑輔に家庭教師を頼んているが、実は亡き夫に雰囲気が似ており密かに彼に好意を抱いていた。弁当屋を営み息子も手が掛からなくなったのもあり、女としての幸せも考え始めている。おっぱいの大きさは小玉すいかくらい。

別所真依子
34歳。とある県の山奥で老舗旅館の円馬亭の若女将で、夫は亡くなっている。身長150㎝台で小柄だが乳房とお尻は適度に熟肉が付いた魅力的な身体付きである。夫亡き後旅館を切り盛りしてきたが、慣れない環境に年内で旅館を畳もうと思い悩んでいた。

柴崎奈美絵
29歳。2年前に夫を失ったが彼の趣味である登山に興味を持ち、折りを見ては単独で山に登っているらしい。ボブカットの愛くるしい笑顔の持ち主で、夫と知り合うまではかなりモテていたらしい。直感的で猪突猛進なところもあり、未亡人たちとの関係に悩む佑輔を元気付ける役割を担うことになる。

一ノ瀬早紀
39歳。佑輔の所属する考古学のゼミを主宰する准教授で、相手の考えを熟知した上で論破してしまう理知的な性格だけに、「氷の女王」というありがたくないあだ名が付けられている。学生結婚した夫も考古学の研究者だったが、旅行中に帰らぬ人となっていた。


【展開】

亡き夫の七回忌もあり花穂は佑輔に家庭教師の授業を休みにすると伝えると、驚いたことに彼も参列すると言う。法要を済ませ息子が野球の練習で出掛けたのを見計らい、花穂は形見のスーツを取り出し佑輔に着させると、亡き夫を想い泣き出してしまう。抱きしめてくれた佑輔から思わぬ告白を受けた花穂は身体を委ね、初心な家庭教師に跨がって絶頂を迎えたが、あくまでも一度きりのつもりでいた。佑輔は次に会った時の素っ気ない態度に消沈するが、敢えて教え子が遠征試合で不在の日に呼び寄せてくれたのを嬉しく思い、花穂と親しい関係を結び始める。

まさか花穂と親しくなるとは思わず、佑輔は一時の別れを惜しむかのように免許合宿に向かう直前まで彼女と激しい交わりをしてしまう。それが仇となり電車で山奥の終着駅まで寝過ごしたが、待合室で真依子に声を掛けられ一泊ならと応じてくれる。一宿の恩義に報おうと厨房で手伝うが、接客のプロなだけに仕事での真依子は容赦がなかった。そして従業員用の浴室で疲れを癒していたが、どうやら真依子は佑輔の入浴中なのを失念したらしく、佑輔もギリギリまで湯に潜ってやり過ごそうとしてのぼせてしまう。真依子が介抱してくれたが少し涙ぐんでいて、夫を脳溢血で亡くしたからと後で知る。
別れ際にキスをしてくれたのは脈ありとみた佑輔は二週間の合宿を終えて、今度は飛び込み客として再び円馬亭を訪れる。旅館の仕事も一段落したところで佑輔の部屋を訪ねた真依子は、この間の宿泊代だとあまりにも真っ正直な彼の性格と旅館を続けて欲しいという言葉に、押し倒される形で受け入れてしまう。そして翌朝チェックアウトの際にはお代は要らない、それがまた来る口実になるでしょうと送り出すのであった。

サークルの登山の前夜に三たび花穂に求められた佑輔は性欲の赴くままに抱いてしまうが、一方で真依子と過ごした夜は浮気ではないかと悩みを抱えてもいた。そんな矢先の登山で一人遅れを取ってしまうが、通り掛かった奈美絵の靴ヒモがほどけていると声を掛けたことから、意気投合してその山を踏破したのである。しかしその二日後またも奈美絵に誘われて泊まり掛けで登山をすることになり、思わぬ事態に佑輔も少しだけ期待を抱き始める。そして山頂でテントを張り奈美絵と並んで横になったが、元々直感で生きてきた彼女からすれば千載一遇のチャンスだったようで、亡くなった夫のことは忘れることはないが、次の人生に向けて前向きに生きようと佑輔を求めていく。

奈美絵とも親しくなったことで一層思い悩む佑輔の元に、考古学ゼミのOBが亡くなったという報せが届く。他人との別れが苦手な佑輔は葬儀を中座して雨に濡れながら帰るが、その様子が尋常ではないと早紀が傘を差し出し、居酒屋へと連れていく。酒も入って饒舌になった佑輔の悩みを聞くうちに、早紀は自分だけでなく三人も青年がダイヤの原石だと見抜いたということに気付いたのだと感嘆する。と同時に佑輔があまりにも女性を神聖視し過ぎているのも分かり、自らが淫らに振る舞いセラピーをしなくてはと決意を固める。自室に連れ込むと佑輔からしたくなるように仕向け、その神聖視を打ち砕くようにオナニーまでしてみせるが、やはり早紀も男の力には敵わぬとその魅力に溺れていってしまう。

早紀のセラピーが効いたのか佑輔は奈美絵にメールを送り、早紀との一部始終を打ち明ける。奈美絵もそのばか正直さに呆れつつもラブホテルに誘うと、佑輔に抱かれた後できちんと告白しなくてはいけない相手がのでは?と決断を促す。そして数日後…森嶋家にスーツ姿でやって来た佑輔を見て、花穂は別れを自ら切り出そうとして実は真逆だったと知り、嬉しさのあまり青年に身を委ねていく。情事を終えて安堵したのも束の間奈美絵が待ちかねており、さあ次とばかりに佑輔を乗せて車を走らせる。もちろん行く先は円馬亭である。


【レビュー】

19歳の大学生・佑輔が家庭教師を務める教え子の母親・花穂と結ばれたのをきっかけに、次々と未亡人たちと親しい関係に陥る話。

旅館の女将・真依子34歳→夫が登山趣味だった奈美絵29歳→ゼミの担当教員である早紀39歳と全員が未亡人で揃えた形。

ヒロインたちとすれば主人公の頼りなさが母性をくすぐるようで、抱かれたことで未亡人というくびきから解放され、積極的に主人公を求めるという点はほぼ同じかもしれない。 欲を言えばヒロインの人数を減らし、お互いに接点を持たせた方が流れとしてはスムーズなのかもしれない。






以下、読書メーターからの追記です。


デビュー作品『古風でいやらしい三人の未亡人』のテイストを受け継ぐ形というのが、本作のポイントなのかもしれませんね。




本作も対象となるヒロインは四人で、主人公の優しい性格とヒロインの隠された淫らさを十分に描いていると思います。奈美絵の言葉を借りれば「後家殺し」という主人公は優しくもあり、不器用なまでに真っ直ぐなのかもしれませんね。管理人の好きな弓月誠作品もまたそんな主人公が多いのですが、尾木俊平作品の主人公の方がもう少ししっかりとしているのかなと(苦笑)

あくまでも個人的な意見と断っておきますが、弓月誠さんと同時期に現れた神瀬知巳さんの場合は主人公の性格が優等生過ぎるという点で、いまいち共感が持ちにくいなとも思いましたけど…。主人公は恵まれない境遇で頑張りやさんな割には、ヤることは結構エグいねという印象もありました。(もちろん作品を重ねる毎にその印象は薄れてしまっています)後は結論をズバッと出してしまう(妊娠エンド)のも、当初は馴染めなかったところでもありました。

未亡人縛りなのも悪くはないけれど、そろそろ違った切り口も見てみたい、尾木俊平さんの今後の作品にも期待したいところです。

tag : 大学生主人公 童貞 未亡人 4人以上ヒロイン

深月久遠『恩返しさせて【通い看護】 隣の未亡人、義母、兄嫁が…』

深月久遠『恩返しさせて【通い看護】 隣の未亡人、義母、兄嫁が…』
(フランス書院文庫、2020年2月、表紙イラスト:川島健太郎)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)





【あらすじ】

職場で後輩へのパワハラを庇ったがために自らがいじめの標的となり、心身を病んでしまった卓己。ある雨の日に隣室に住む綾へ傘を貸してあげたことで体調を崩してしまうが、目を覚ますと何と綾が看病してくれていた。かつて綾との接点があった卓己は、兄嫁の聡子や義母の華美との交わりのなかで、次第に童貞を喪失したあの日のことを思い出すのであった。


【登場人物】

高堂卓己
27歳の会社員。高堂家の次男で父親と産みの母親、兄までも亡くしている。義母の華美や兄嫁の聡子への想いと、禁忌を冒すことへの罪悪感もあって、2年前に実家を出て一人暮らしを始めていた。飲食料品商社に勤めているが、同期からの職場いじめに遭って心身を病んでしまい、上司の勧めもあって長期休養に入ったばかりである。

白砂綾
38歳。地元の名家の出身で、卓己が住んでいるマンションも彼女が所有する物件の一つである。親の定めた相手とは結婚生活が上手くいかないままに死別した。どうやら過去に卓己と強い接点があったようだが、当の卓己自身はよく覚えていない。雨の日に卓己から傘を貸してもらったが、それが原因で彼が病に倒れたと知り「隣人として恩返し」したいと申し出る。Iカップの熟れた身体付き。

高堂聡子
34歳。卓己の兄・政己の妻で彼とは同級生でもあり、義弟の卓己も含めて幼馴染みの関係である。卓己の父よりも前に夫を亡くしたようだが、現在は文具メーカーの宣伝部へ勤めている。子どもはいない。夫が亡くなった時に一度だけ卓己と関係を持ったが、思い詰めていた聡子に取っては忘れられない想い出でもある。Gカップ。

高堂華美
36歳。実家は地元の名家で和菓子製造のメーカーの社長を務めている。華美が20歳の時に卓己の父と結婚したが、子どものいないままに4年前に死別した。元々高堂家とは付き合いがあり、聡子と卓己が大学進学を機に卓己と離れたのを心配して義母になるつもりで嫁いだ経緯があった様子。卓己と聡子の過去を知っていて、二人が接近したのを密かに応援していた。Hカップ。


【展開】

聡子や華美の電話で目が覚めた卓己は昼間に綾へ傘を貸した代わりにずぶ濡れになり風邪気味だと気付くのだが、そんなタイミングで綾が夕飯の作りおきを手に部屋を訪ねて来た。これまでも卓己を隣人として見守って来た綾は彼の不調の原因を知り、具合が良くなるまで看病しようと決意し、汗を流そうと浴室で身体を密着させての手扱きで射精に導いてあげる。

翌朝お目覚めフェラから幾度に渡るセックスの果てに、卓己は綾のことを運命の人だと知り告白するも、どうやら彼女は歳の差を気にしている様子。聡子や華美と歳が近いのもあるのかもしれない。でも綾が自分のことを好いていると知り、卓己は二人を説得できれば…と決意を固めていく。そんななかで卓己はすっかりインポ気味だったペニスが元気なのに気付き、綾も快復祝いと称して卓己が趣味で持っていたAV作品を模倣し、歳に似合わずメイド服姿を披露してしまう。お坊っちゃまと呼びながらの授乳手扱きや、淫乱メイドに「お仕置き」と称した立ちバックでの交わりに浸っていく。時期を同じくして卓己へのパワハラ問題も、当事者を追い出して解決したとの連絡が入るのである。

数日後仕事の合間を見て聡子が卓己の部屋を訪ねる。入れ違いでそそくさと立ち去る綾を見て、卓己に好きな人が出来たのだと身を退く覚悟は出来ていたが、綾からの電話が入ったのを見てつい悪戯心が沸き上がる。卓己は綾に気付かれまいと平静を装うが、聡子はますます口唇奉仕を激しくし、卓己の腰振りに合わせて飲精までしてしまう。卓己は聡子から切り出された帰省の話を一旦は断るが、その晩綾と一緒に入浴していて、きちんと華美にも話を通さねばと決意を固める。

卓己が帰省を躊躇っていたのは、かつて義母の一人遊びを覗いてしまった罪悪感もあってのこと。義母と兄嫁が卓己が一人前になるまで自らの幸せを後回しにするのが分かり、それに悩んだ末に2年前に家を出て一人暮らしを始めたのである。もう一つ気掛かりなのは聡子が部屋を訪ねた際に、駅に近い良質な物件の割には家賃が安過ぎると指摘されたことだった。まさか綾がそのマンションの家主であることは卓己も聡子も知らない。そんななかでの一時帰郷であった。卓己を出迎えた華美は聡子から話を聞いてはいないと言いつつも、保証人としてかつて綾と顔を合わせたことがある。あの女性ならば…。華美は義母として卓己を祝福するつもりで敢えて淫らに振る舞い、惜別の想いも込めて一度きりの性交で何度も中出しを求めていく。

華美から綾が家主だと聞かされた卓己は自室に戻り彼女を問い質すと、綾は素直にこの近辺の大地主であると認める。でも卓己はまだ全てを思い出してはいないと知り、高堂家の菩提寺へと連れて来る。そしてしばらく歩いていくと物置小屋があった…。卓己は生母が亡くなって間もなく周りの目から逃れるように小屋に潜み、その姿を通りすがりの「お姉ちゃん」に見付けてもらい、初めての性交を教えてもらった場所である。綾は祖父の言い付けで意にそぐわない婚姻を強いられ、純潔を少年に捧げたのである。十数年経ってやっと想いが通じ合った二人は、あの時のプレイを再現した後に時間を惜しむかのように何度も身体を重ねていく。

そしてこの年のクリスマス。新居に引っ越した卓己は相変わらず綾にちょっかいを出す義母と兄嫁が帰るのを苦笑しながら見送ると、裸エプロンに着替えてくれた妻の綾を抱き、子づくりを意識しながら何度も中出し性交を繰り返すのであった。


【レビュー】

第23回フランス書院文庫官能大賞特別賞受賞作品

職場いじめに遭って心身を病んでしまった主人公・卓己(27歳)が、雨の日に傘を貸した隣人の綾(38歳)に看護してもらい、性的なご奉仕もあって元気を取り戻すというのが本作の主旨である。主人公が幼い頃に綾との出逢いがあり、その記憶が曖昧な卓己に対して、義母の華美(38歳)と兄嫁の聡子(34歳)も絡むというのがサブテーマとなっており、意外なことにハーレムエンドではない。

卓己が綾と出逢った年齢やそのエピソードには若干の無理を感じなくはないが、ここは官能小説らしく端からグイグイと迫って来る綾の言動には、元々の慎ましさと相まって淫隈さを増幅させているのかもしれない。卓己に強く惹かれているのは華美や聡子も同じだが、彼と綾との強い結び付きを知って身を退く覚悟で最後の交わりに至るのが興味深い。ちなみに三人はG~Iカップといずれも巨乳である。

新人さんらしくやや詰め込め過ぎな面もあるが、新人らしくはない纏まりとそのバランスがちょうど良い具合で、今後の作品にも期待したいところ。

続きを読む

tag : デビュー作品 社会人主人公 未亡人 義母 兄嫁

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が300冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
一部で関係者(作家さんや編集者さんなど)と思われているようですが、全くの見当違いです。
官能作品に関わる全ての方に感謝しつつ、読み続けていきたいと考えています。

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
管理人のTwitter