ブログ更新一時休止のお知らせ→再開いたします

管理人のにゃらです。

先日の令和元年台風15号による停電(送電塔の倒壊も一因と言われています)により、私の住む千葉県君津市を初めとしてネット環境などにも不具合が出ていましたが、9月11日1時過ぎに私の家周辺は電気が復旧いたしました。

幸いなことに私の家は二日間の停電で済み、他のライフラインは生きていたために暑くて寝苦しいことや、一時的なモノ不足などで済みました。しかし車で数十分走らせたところでは甚大な被害を受けているのを目の当たりにし、これまでの災害は正直何処か他人事のようだったのが今回は近すぎるだけに、心理的なショックは無いとは言えません…。

DSKさんよりコメントをいただきました。ありがとうございます。

実は最近新刊のレビュー記事も遅れがちとなっていましたが、個人的な事情で纏まった時間も取れずに心身的に余裕が無くなっていたように感じていました。折しもブログで相互リンクさせていただいている美少女文庫 レビューブログのみきりっちさんの更新休止のお話を聞き、自分も何処かで無理をして来たのかなと反芻し、一度お休みをいただきたいなと感じた次第です。

とは言え私自身はフランス書院文庫の愛読者を自負しており、今後も読書を止める気はございませんので…。月間新刊情報を除き当面ブログ記事の更新を休止いたします。

誠に勝手なお願いで恐縮ではありますが、再開の折りにはまたご報告しますので今後も宜しくお願いいたします。






【10/20記事更新】

本日よりレビュー投稿を再開いたします。
台風15号の後にも台風19号による各地への甚大な被害をテレビで見て、立ち止まるのもいけないなと考えを改めました。ほんの少しどころかほとんどお役には立てませんが、私も何かできることがあれば…。

相変わらずマイペースながらもブログを更新していきますので、ほんの少しでもお時間のある時にお越しください。(というか締切を設定しないとやらないのが私です)

期間限定とは言え働く環境が変わった(休む余裕が出来た)のもあり、週末を使って遅れていた分は更新していきたいですね…。目標としては年内までには今までの更新ペースに戻したいと考えていますので、宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト
[PR]

2019年9月刊情報

2019年9月に発売予定の官能作品より、フランス書院文庫を中心にピックアップいたします。


◎フランス書院文庫

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、9月のラインナップが発表されています。

フランス書院文庫の配本は祝日等の関係で9月20日で、発売日は9月24日となっています。


※フランス書院文庫及び美少女文庫のタイトルのリンク先は「版元ドットコム」さんの紹介ページで、
あらすじに付いても同ホームページより引用しています。
例によって公式ホームページはギリギリまで更新されないので、
詳細をご覧になりたい方は「版元ドットコム」さんを推奨いたします。






千賀忠輔『奴隷出張【種付け檻】 新卒部下&人妻秘書』




「この出張中、君をみっちり調教してあげるからね」
新卒部下の可憐な秘唇に押しこまれるいきり勃った巨魁。
性戯に翻弄され、膣内に幾度も白濁を注がれるごとに、
婚約者との時間を強烈な快楽で上書きされる芽依。
絶対主従関係の果てに生まれた牝悦が23歳を蝕み……
鬼畜上司の蛮行は、社内でも評判の美人秘書へ!








榊原澪央『都合のいい孕ませ肉玩具 妻の母、妻の姉、女上司を…』




「溜まったら私の穴にいつでも射精してください」
熟尻を突き出し、指で濡れた陰部を広げる妻の母。
男女の駆け引きなしに、自由にもてあそべる身体。
喉突きイラマチオ、アナル姦、無責任中出し……
避妊もいっさいせず、ナマで出しまくれる肉便器。
義母、義姉、女上司……性処理に使われる牝たち!








音梨はるか『貸し切り混浴【ずっとしたいの】 はげまし兄嫁となぐさめ義母』




「朝までずっとつながっていたいの……」
肉茎を身体の奥に埋め、裸で添い寝をする若菜。
彼女と行くはずの温泉旅行が突然のドタキャン。 
傷心の義弟を慰めるため、同行を申し出た兄嫁。
恋人気分のキス、献身フェラ、濃密セックス……
人目も気にせず愛し合う二人のもとへ義母が……



兄嫁と義母は未亡人でしょうか。終盤に「彼女」が現れ巻き込まれる…という展開になりそうですね。






弓月誠『したがり通い嫁 長男の嫁、次男の嫁、新婚妻』




「お義父さま、淫らな嫁はお嫌いですか?」
亡妻と正常位の経験しかなかった徹にまたがり、
緩やかに、時に激しく腰をくねらせる息子の嫁。
ひとりやもめの五十路男の寝室に通ってくれる、
未亡人妻、セックスレス妻、かわいい新婚妻……。
三人のいやらしい「できた嫁」に囲まれ、甦る人生!



弓月誠作品では初めてとなる「義父と息子の嫁」もののようです。
弓月作品なだけに「全員と」というハーレム型にはならないでしょうか。






藤崎玲『女帝陥落 高慢美人社長、完全屈服』




「やめなさい、あなた、私を誰だと思っているの!?」
33歳という年齢ながら、類い稀なる美貌と怜悧な頭脳で
社内の羨望を一身に浴びる南條グループの女帝・恵梨香。
定年目前でリストラ勧告を受けた古参社員・的場が、
高慢美人社長へ下克上の肉槌を! 抵抗する女体を剥き、
超速ピストンで嵌め狂わせれば次第に隷従の悦びが……








早見翔哉『甘やかしてあげます【青い初体験】 やさしい義母とてほどき姉妹』




「ママの身体で大人の女を教えてあげるわ……」
豊満な乳房をさらし、息子をベッドに誘うれいか。
溺愛のあまり、性で親子の絆を深めようとする義母。
長女と次女も競うように年上の性技で弟を虜に……
養子に引き取られた豪邸で耕太を待つ禁忌の楽園。
20歳、22歳、42歳……甘すぎるトリプル初体験!



第22回フランス書院文庫官能大賞の最終選考作品に似たコンセプトの作品がございますが、気付いたらその五人ともデビューなんてことがありそうですね。

「誘惑の館、三人のお姉さん」

両親を亡くし、資産家の親戚に引き取られた少年が、年上の三姉妹に甘く誘惑される王道の誘惑モノ。長女は爆乳のクールビューティ、次女は家庭的で母性的な癒し系、三女は露出高めのギャル系……と、まさに言うことなしである。
雰囲気はいわゆる「おねしょたハーレム」ものであり、真っ先に秋月耕太先生の作風を思い出した。誘惑系作品で大事なのはヒロイン側のセリフ。この著者のひねり出す数々のセリフにはセンスを感じた。男女の会話の掛け合いに勢いとバネがある。
ただ、残念だったのは地の文だ。セリフのテンポはいいのに、間に差し挟まれた地の文でひっかかってしまう。単純なアドバイスとして、もう少し一文を短くしてみてはどうだろうか。簡単に表現すればいいのに、自ら難しくしている気もした。


公式ホームページ「編集部発」より(3/25)








DSKさんによる9月の「気になる」官能作品の紹介記事です。

2019年9月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫 2019/9/24 発売奴隷出張【種付け檻】-新卒部下&人妻秘書(著:千賀忠輔)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。「この出張中、君をみっちり調教してあげるからね」新卒部下の可憐な秘唇に押しこまれるいきり勃った巨魁。性戯に翻弄され、膣内に幾度も白濁を注がれるごとに、婚約者との時間を強烈な...
2019年9月の気になる官能書籍








◎竹書房ラブロマン文庫


9月も3冊刊行予定と好調な竹書房ラブロマン文庫です。






鷹澤フブキ『人妻ハーレム喫茶』




求職中の隼太は、伯母が海外にいる半年のあいだ、彼女の経営する喫茶店で店長として働くことになった。
常連客として訪れる人妻たちは優しく接してくれるが、その一方で隼太を後くされのない遊び相手と見て、次々に誘惑してきて…!?

歌織の淫らな貪り、大人しい雪絵の巨乳、エキセントリックな瑞穂の愛撫、高飛車な久美の脚線美…。

熟女たちにご奉仕されつつ、その肉体を淫らに責める隼太は、極上の快楽の日々を送るが、やがて同い年の舞花へ想いを募らせ…?
人気女流作家が描く、ご近所誘惑ロマン!



前作はアイドルを調教という凌辱性の強めな作風でしたが、今作は誘惑ロマンに落ち着いたようです。






※書影は9/5更新

伊吹功二『つゆだく食堂 北海道の媚肉』




外食チェーンに勤める寺井良介は、新メニューの開発のため北海道へと出張する。

気さくで淫らな人妻のちゃんちゃん焼き、とっておきのカニをご馳走してくれる美熟女、巨乳の女牧場主が味わわせてくれる濃厚チーズと淫ら肉壺…。

北の大地で美女たちのむっちり肢体と美食を楽しむ良介だったが、本社の女上司の優子と思わぬ一夜を過ごしてしまい!? 出張、産地のグルメ、そして現地美女との肉悦…。

人気のご当地ハーレムロマン第二弾!



前作も『つゆだく食堂』というタイトルで、本作はご当地ハーレムロマン第二弾という位置付けです。






※書影とあらすじは9/4更新

桜井真琴『田舎妻の淫ら祭り』




信州の田舎で育った大学生の久我山徹は、地元の秋祭りで行われる「神楽舞」の踊り手をやれと実家から命じられる。
渋々帰省するが、舞を踊るのは真ん中に徹で、他は美しい人妻たちで少し嬉しくなる。しかも初稽古後、踊り手の一人で美熟妻の祐美子から誘われ、筆下ろしを果たすことに。
事後、徹は舞を踊る男と性交すると御利益があるという村の言い伝えを知る。そして、他の踊り手の人妻からも次々と誘惑されるのだが、徹は以前から兄嫁の美里に想いを寄せていて…⁉ めくるめく山村ハーレムエロス!



桜井真琴さんの竹書房ラブロマン文庫第三弾も官能活劇的な展開でしょうか。楽しみですね。






◎美少女文庫


さかきいちろう/みやま零(イラスト)『竜姫(りゅう)のヴィオラ 生贄は最強の魔物と恋に落ちて』




「ね。アルクはヴィオラが嫌い?」
アルクの上に跨がりながら、紫水晶のような眼を輝かせ、竜姫が問いかける。
好きも嫌いも何も、少女に変生する前には、竜として、人として、殺し合った仲なのに。
「ヴィオラは好きだよ。だから、交尾しよ」竜の少女は腰を上げると……勢いよく屹立するアルクの男根の上に女陰を宛がって――
「ちょっ、ヴィオラ、待っ」挿入した。
「うわっ……」ヴィオラの膣内は驚くほど気持ちよかった。
「お腹……いっぱいで……なんか幸せ」処女を捧げた竜の化身が、にへらと笑う。
本性は――最強なる人食いの魔物だというのに、彼女が愛しくて愛しくてたまらない!
さかきいちろう&みやま零が贈る、ボーイミーツドラゴンガール!








鏡遊/七尾奈瑠(イラスト)『先生、教え子(わたし)と〈結婚実習〉しませんか?』




可愛い教え子を学校公認の「嫁」にして、Hまで教え込んじゃう結婚実習!
蜜姫月夜の宣言から始まった夢の初夜!
処女×××を捧げてくれた教え子は、ますます俺を喜ばせるとんでもないことを口走る。
「は、はい……わたしの初めての×××、もっと楽しんでください! この×××は先生専用です! 家でも学校でも、いつでもどこでも、わたしに挿入れていいですから!」
俺は彼女の言葉にさらに興奮し、猛りきったものを奥へとぶち込み、唇を重ね、93センチを誇る大きなおっぱいをぐにぐにと揉む。
蜜姫への愛しさと、結婚実習への期待が俺の中で渦巻いてもう止まらない!
「先生、もっと教えてください、わたしに、教え子に、結婚生活の幸せを!」
鏡遊&七尾奈留、伝説のエロゲーコンビが贈る、先生×教え子=禁断ラブコメ!








上原りょう/掃除朋具(イラスト)『催眠授業 女教師・春宮綾香は絶対堕ちない』




「なに勝手に腰振ってるの! あんたは指導を受ける身だってこと、忘れないで!」
浩介を嫌悪すれば嫌悪するほど、男根を咥え込みたくて堪らなくなる女教師・綾華。
過激な性指導を、落ちこぼれ生徒へのスパルタ教育だと催眠術によって常識変換されて……高慢教師は自ら処女を破く騎乗位へ!
「先生……初めては、痛いって聞きますけど、大丈夫ですか?」
全男子生徒が憧れるであろう、夢の初体験に優越感が衝き上がる。
「馬鹿言ってるんじゃないわ、ちゃんと反省して妊娠させるつもりで中出ししなさい!」
クールビューティ女教師は、絶頂を極めながら子宮で精を受け止める。
春宮綾華――年上美女は復讐催眠性授業で堕ちていく!


続きを読む

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が300冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
一部で関係者(作家さんや編集者さんなど)と思われているようですが、全くの見当違いです。
官能作品に関わる全ての方に感謝しつつ、読み続けていきたいと考えています。

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
管理人のTwitter