FC2ブログ

宗像倫「年下の兄嫁【強引な和姦】」

宗像倫「年下の兄嫁【強引な和姦】」
(フランス書院文庫、2013年2月、表紙イラスト:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。2015年3月7日レビュー再編集。
公式HPの紹介記事はコチラからどうぞ。

【あらすじ】

兄に紹介された美香を見初めた雅之は、力づくで兄嫁となった彼女をモノにする。更に雅之は彼女の妹の穂佳が密かに彼に想いを寄せている事に気付かずに毒牙を向けるが…。

【登場人物】

大谷雅之
27歳。5つ離れた兄・隆明に比べて成績の劣る地方の国立大に進学し、凡庸で頭が上がらないでいる。現在は大学のある地方都市の調査会社に勤務。隆明から婚約者の美香を紹介され、一目惚れする。

大谷美香
24歳。隆明の妻で同じ会社の地方支社で秘書として働いている。旧姓は久松。幼顔に相まった小柄な体格で無邪気な性格の為年齢より更に若々しく見える。結婚して間もないのに、孝明が仕事人間で休日も出勤しているのを不満に感じている。

久松穂佳(ほのか)
18歳。清楚な雰囲気漂う美香の実妹で、ミッション系の高校に通い、翌春に義兄と同じ大学への進学が決まっている。腰まである黒髪をハーフアップにして纏めており、何処か快活さも見せる美少女。男性経験はない。

【レビュー】

隆明から美香を紹介され一目惚れした雅之は、2人が結婚して暫くしたある晩秋の休日にPCの不具合を見て欲しいと頼まれるが、兄嫁の無防備な様子に思わず女体に触れ激しい抵抗を受けてしまう。
二週間後再び美香を尋ねた雅之は遊びに来ていた穂香と親密になり駅まで送り届けるが、すぐさま引き返して中に入れてもらうなり美香をリビングの隣の和室に押し倒して交わり、流石に膣内射精は躊躇いつつ外に出してしまう。

翌週外で美香と待ち合わせていた雅之は兄が自宅にいると聞いて予定を変更し、穂香の名前を口にして言葉巧みに自分の部屋へ連れ込むと、正常位で繋がりながら散々言葉で美香の羞恥を誘い、先に絶頂したのを確かめて膣内に精を吐き出すのだった。

ある晩お決まりのように隆明に抱かれる美香は、荒々しい義弟と違ったソフトな愛撫に何処かもの足りなさを感じつつ、次の週末に夫婦の寝室で雅之と抱き合い体位を変えられながら絶頂に導かれるが、終いに美貌に射精されて思わず嗚咽してしまう。

一方穂香と逢い引きするようになった雅之は週末に彼女をドライブへ誘い、山頂の展望台で人気の少ない駐車場に車を停めて唇を奪うが流石にその先は抵抗され、約束を取り付けながら少女に奉仕させた挙げ句口内射精する。
翌週末両親が外出中の久松家を尋ねた雅之は穂香の部屋で処女を卒業させてあげるが、その不審な様子に気が付き穂香に尋ねると大学に合格したから良い思い出にしたいと別離を求められる。それでも経験を沢山積んでおいた方が良いと何とか説得に成功する。

新年を迎え久松家に一堂が会した際、穂香の指輪を見て雅之と付き合っていると知った美香の慌てた態度から、雅之が言う付き合っているが言えない人物が姉だと勘付く。
週末に再び久松家に呼び出された雅之は穂香の追及を言葉巧みに切り抜けつつ、リビングで彼女を立ちバックで貫いて絶頂に導き残り少ない日々を大切にしようと囁くのだった。

翌週末兄が自宅で仕事をしていると知った雅之は美香を呼び出し自室に連れ込み、穂香に告げ口した罰だとして手首を縛り後背位で貫く。すっかり雅之に抱かれるのを望むようになった美香は、彼の荒々しい仕打ちに悦びを感じてしまう。
更に二週間後、雅之は穂香を部屋に連れ込んで入浴させている間に美香を呼び出し、妹の目の前でアナルセックスやスパンキングに及び、マゾに開花した姉の姿を見せ穂香に関係を認めさせてしまう。

数週間後兄の寝室で美香と穂香からリップ奉仕を受け愉悦に浸る雅之は交互に姉妹を貫くが、その頃出張を切り上げわざと連絡もせずに帰宅した隆明が寝室の外から情交を覗き見ていたのだった…。

数年後東京の関連企業に出向となった雅之は本命がいる穂香との関係を続けながらも、美香に娘が産まれたと知り兄夫婦の部屋を訪ねる。幸せそうな美香だが、夫が煙草を買いに中座した隙に口でならと誘われ、兄に仕込まれた口戯に喜ぶのだった。

【レビュー】

「強引な和姦」という作風は相馬哲生氏の「力ずく」と何処か重なる点もあるものの、作品数を重ねていく内に独自の作風として認知されるまでに至っている。

そんな作者のデビュー作品だが、やはりデビュー作品らしく展開やヒロインの美香や穂香の言動に何処かぎこちないものを感じさせる。
特に情交描写の過半を占める美香の反応は「いやっ」、「ダメっ」が交互に繰り返されており、ボリュームのある中でこればかりなのは流石にもう少し工夫の余地が有ったのかなと思う。
もう一人のヒロインである穂香に付いても清楚で知的な割りには、蓮っ葉な面が強く出て来たりと人物設定にちょっとしたブレが見られ、大学進学を前に期間限定でという考え方も説得力に欠けたので、丁寧な説明を要したのかもしれない。

終盤において兄の隆明が3Pプレイを覗き見て興奮を味わう描写もあり、イマドキの「寝盗られ」風味を見せつつもズコズコと引っ込めてしまったのには些か残念で中途半端に思える。
取り立てて優れた所が無い主人公なんだからここぞとばかりに活躍させるも良し、逆に隆明が部屋に乗り込み美香との和姦を見せ付けて、「快楽は与えられても、心は奪えない」と主人公に敗北感を与えるのもまた有りだったかなと。
後は早々と主人公と兄の血液型が違うと述べてしまったのも余計で、産まれた姪が主人公の子かもしれないと思わせ振りにしておくと更に奥深さも増したかもしれない。

色々と注文を付けてばかりになってしまったが、この辺のぎこちなさも作品を重ねる毎に解消されて来るのだろうし、誘惑にも凌辱にも転じられるハイブリッドな作風も現代らしく今後に期待したい。
関連記事

tag : 社会人主人公 姉妹丼 処女

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

年下の兄嫁-強引な和姦(著:宗像倫、フランス書院文庫)

2013/2/22 発売 → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 (兄貴がいないところで、彼女を俺の女にしてやる) いつも飾り気なく、親しげな態度で接してくれる美香。 24歳、可憐ながらも気品に満ちた兄嫁の裸身を目にした瞬間、 牡の欲望は目覚め、憧れの操を奪いにかかった! 抗う心とは裏腹に、美香の隠され...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR