FC2ブログ

芳川葵「のぞかれた相姦 もしもママが、今夜は姉が…」

芳川葵「のぞかれた相姦 もしもママが、今夜は姉が…」(フランス書院文庫、2009年4月、表紙イラスト:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

ある晩に姉の美優と共に母の京子のオナニーを覗き見てしまった俊平。その日から姉に性欲処理をしてもらうようになったが、その場面を京子に見られてしまう。

【登場人物】

植松俊平
14歳。中学2年生。8年前に父を病気で失っている。美優とは中高一貫教育の同じ学校に通っている。

植松京子
37歳。都内でアンティークショップを営んでいる。上品でお淑やかな雰囲気のグラマーな女性。Fカップ。

植松美優
18歳。高校3年生。全校のアイドル的な存在。俊平が京子に熱を上げているのに対抗して彼を誘惑する。清楚で学園のアイドル的な存在でEカップの処女。

【展開】

第1章で京子のオナニーを覗き見し興奮した俊平は美優から手コキされ、第2章では姉弟の戯れを京子に見られてしまい、第3章で美優の不在時に彼女にフェラチオしてもらいます。
第4章はお預けになっていた京子に筆下ろししてもらいますが、その様子を見てしまった美優も第5章で処女を捧げます。
第6章は昼休みの学校で美優からフェラチオされ、下校中に立ち寄った京子の店の中で彼女とセックスします。
第7章は姉弟相姦を知らない京子に悪いと美優から解消を告げられますが、俊平の機転で京子に謝罪し3Pとなります。

【レビュー】

芳川葵さんの7作品目は前作「蒼い聖夜 ママの贈りもの・姉の捧げもの」と同じように母娘丼となっていますが、
違いを挙げるとヒロインを母娘2人に絞り共に血縁100%の実関係にした点で、ストレートに相姦の背徳感も交えて描けているのではと思います。
章タイトルの前に「26:27」といったように時間を振っており、タイトルの「のぞかれた」を上手く演出しています。
同じ深夜でも午前2時と26時では印象が違って見えますし、程よい舞台設定の良さで情交描写が引き立つのが芳川作品の特徴です。

「のぞかれた」部分では京子は姉弟相姦を疑いつつも確証を持てずにいる反面、美優は母子相姦の現場を見ているので2人の認識にギャップが有りますが、
お互いのわだかまりが解消するに当たり相乗効果でエロチックになる母娘の情交描写が非常に良かったです。
【トラックバック】

愛好家Sさんのレビューはこちらです。

1640『のぞかれた相姦 もしもママが、今夜は姉が…』

1640『のぞかれた相姦 もしもママが、今夜は姉が…』芳川葵、フランス書院/フランス書院文庫、2009/04 発売●あらすじ母と姉に可愛がられている少年が、母の自慰を姉弟で覗き見たのを機に姉と性的な関係になり、その関係を覗き見た母と姉弟の性戯を絶つ約束で母子相姦を結び、それを覗き見て対抗心に駆られた姉とも深い関係になる。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

のぞかれた相姦-もしもママが、今夜は姉が…(著:芳川葵、フランス書院文庫)

2009/4/23 発売 → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 まさかママがあんなに激しいオナニーをしているなんて…… お姉ちゃんが、こんなに淫らな身体を隠しているなんて…… 37歳の母と18歳の姉から漂うフェロモンを意識した瞬間、 三人暮らしの一軒家は、淫獣のハーレムに変わった! 夜の寝室、見馴れた...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR