FC2ブログ

芳川葵「蒼い聖夜 ママの贈りもの・姉の捧げもの」

芳川葵「蒼い聖夜 ママの贈りもの・姉の捧げもの」(フランス書院文庫、2007年12月、表紙イラスト:松原健治)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

義母の菜穂子と2人で暮らす康介は酔って帰宅した彼女に欲望を感じてしまう。家庭教師の恵美に母や姉に対する想いを打ち明けた彼は、彼女の手解きで初体験へ。

【登場人物】

宮瀬康介
15歳の中学3年生。産まれてすぐに実母が病死し、2年前に父親が他界したので菜穂子と2人暮らし。

宮瀬菜穂子
31歳。康介の義母で5年前に結婚したが夫とは死別。ファンドマネージャーで証券会社に勤める。エキゾチックな美貌とグラマラスな身体付き。97cmのHカップ。

宮瀬美帆
21歳。康介の実姉。大学進学を機にひとり暮らしを始めた。ビール会社のキャンペーンガールを務めた事も有る。Eカップ。

坂下恵美
26歳。かつて美帆の家庭教師をしていた縁で康介も教える事に。5歳年下の弟と相姦関係に有り、それに悩む宮瀬一家を応援する。Cカップ。

【展開】

第1章は酔った勢いで菜穂子が康介のモノに触れて射精させ、第2章では恵美の手解きで童貞卒業、第3章は菜穂子にマッサージを頼まれ、オッパイを揉みながら手コキ射精します。
第4章は母子の危険なスキンシップを目の当たりにした美帆が泊まりに来た康介を誘惑し、第5章はラブホテルから出て来る姉弟を見掛けた菜穂子は、康介を取り返そうと自らセックスに及びます。
第6章で恵美とのセックスを菜穂子に見られますが、第7章で恵美に諭された母娘は一足早いクリスマスプレゼントとして康介との3Pに至ります。

【レビュー】

菜穂子は典型的な芳川作品の「甘母」で有り、成長した康介に男を感じつつも母性で包み込む女性です。
母子とのスキンシップにさほど抵抗が無いように見えますが、もう少しそういった羞恥の描写が有っても良かったかもしれません。

美帆は康介と血の繋がりが有る為初めての相姦や最後の3Pも当初はそれなりに抵抗を見せますが、こちらも基本的には「優しいお姉ちゃん」タイプです。

恵美は相姦体験が有る為か康介の想いを知り、関係を成就させようと動きます。母娘の性格を考えると恵美のような女性が居ないと3Pは成立しないでしょうね。

本作は芳川さんの6作品目で初の母娘丼となります。展開はオーソドックスですが、最後の甘々3Pは非常に楽しめました。

【トラックバック】

愛好家Sさんのレビューはこちらです。

1545『蒼い聖夜 ママの贈りもの・姉の捧げもの』

1545『蒼い聖夜 ママの贈りもの・姉の捧げもの』芳川葵、フランス書院/フランス書院文庫、2007/12 発売●あらすじ義母と実姉に性的に惹かれている少年が、義母への対抗心から誘惑してきた実姉と一線を越え、その関係を知って止めさせる為に体を張る決意をした義母とも関係を持ち、女家庭教師の助力もあって円満な相姦生活に至る。

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蒼い聖夜-ママの贈りもの・姉の捧げもの(著:芳川葵、フランス書院文庫)

2007/12/23 発売 → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 「康介の××ってすごいのね。未亡人には毒よ」 菜穂子に二年ぶりの絶頂を味わわせた義息の分身は、 31歳の身体に、かつての女の悦びを思い出させた。 (ママと康くんがこんな関係だなんて、許せない) 母子の痴態を覗いた姉の美帆も、嫉妬の炎を燃...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR