FC2ブログ

牧村僚「美母と美姉 魔性の血族」


牧村僚「美母と美姉 魔性の血族」(フランス書院文庫、1992年4月)

【始めに】

個人的な話題で恐縮ですが本作は初めて買った黒本で、確認した所流石に初版ではなく第6刷でした。(初版の時は私も一応未成年でしたし…)
休日に蔵書の入れ替えと整理で見付けた折りに早速レビューアップする事にしました。

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

姉の小百合に強い想いを抱く雅弘。童貞を捨てたい一心で向かった秘密クラブで母に似た女性を見掛け、彼女が母の沙絵子だと知り力強くで関係を結ぶ。
一方上京した小百合はバイト先でオナペットを演じながら、弟と同い年の高校生の視線を弟のものと夢想し倒錯的な快感を味わっていた。

【登場人物】

斎藤雅弘
17歳。高校3年生。東大に合格確実と言われるほど成績優秀な少年。姉の小百合に強い想いを抱いている。童貞。

斎藤沙絵子
35歳。3年前に考古学の教授だった夫を事故で亡くしている。表面的には貞淑な未亡人で2人の子供を躾ける母親。
生前の夫とSMプレイに興じておりその欲求を満たす為、密かに瀬里奈という名前で秘密クラブで働いている。S担当だが、雅弘の女になってからはMに目覚めた。

斎藤小百合
19歳。大学1年生。進学に伴い上京している。新体操部に所属していた為、抜群のプロポーションを誇る。
雅弘に想いを抱き、弟の視線に気付くと母の目を盗むように挑発的な服装をして満足していた。SMクラブでオナペット専門のバイトを始めたが処女のまま。

【展開】

大学に進学する為に小百合が上京する前夜に雅弘は、一緒に行ったディスコで姉の魅力的な身体と密着し自失してしまいます。
高校生の内に童貞卒業したいと願う彼は秘密クラブで初体験しますが、そこから出て来た瀬里奈に母の影を感じます。
彼女が母と分かった雅弘は、次の週にプレイ相手に成りすまし力強くで彼女とセックスし、その日以降は性処理の相手にし後ろでもしてもらいます。
一方上京した小百合は友人の紹介でSMクラブでバイトを始め、客のオナペットになり自分の欲望を満たす日々を送ります。
夏休みを迎え小百合の誘いで上京した雅弘は挑発的な彼女の姿態に我慢し切れず、母を呼び寄せ深夜にトイレで交わっている所を小百合に見られてしまいます。
翌晩雅弘に想いを打ち明けた小百合は処女を捧げ、彼と共に実家に帰省すると母と3人でプレイに浸ります。

【レビュー】

フランス書院文庫で永きに渡り常連作家として活躍した牧村僚さんのデビュー翌年に出した黒本4作品目です。
93年というと世間はバブル崩壊後の時期になりますが、流石に文中には時代を感じさせるワードが散りばめられています。(ディスコは今ならクラブですね)
当時は誘惑作品=ハーレムという訳でもなく、若干の味付けはされていたのだと思います。

本作だとSMプレイに興じる母の沙絵子と見られて感じる姉の小百合の設定ですが、普段は貞淑な母と清純な姉の裏の素顔を見せています。
本命は小百合ですが本当に最後にならないと結ばれずその辺は当時の官能小説のお約束で有り、母の沙絵子の扱いは正直性奴扱いのような気もします。
姉の前では純情さを見せる雅弘ですが、母の前では時々高校生らしくない言動が見られたのがちょっと残念です。

牧村さんは熟女趣向が強く、肉体描写の拘りから「ふともも作家」の異名で知られています。
病気療養の為第一線から退いたとの事ですが、10月に久々のオリジナル長編を出されたそうで息の長いご活躍を願いたいです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR