FC2ブログ

2018年8月刊情報

◎フランス書院文庫2018年8月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、8月のラインナップが発表されています。
(配本は8/23です。)
タイトルのリンク先は「版元ドットコム」さんの紹介ページで、あらすじに付いては同ホームページより引用しています。






上条麗南『都合のいい美臀 三匹の令嬢女教師』




「先生の後ろの穴、好きなときに使わせてもらうぜ」
休み時間、女子トイレで美臀を貫かれる女教師・真実。
個室に洩れるあえぎ声、内ももを伝い落ちる白濁液。
悪魔事務長の「肉便器」に堕とされた23歳は、
淫乱教師のレッテルを貼られ、被虐の悦びに溺れていく。
毒牙は同じ学舎の人妻女教師と未亡人養護教諭へ!



女流作家の上条麗南さんによる『都合のいい』第3弾となります。
『三匹』ですからヒロインは三人で間違いないでしょうね。






なぎさ薫『北国の未亡人兄嫁【喪服と雪肌】』




「そんなに見ないで……もう私も若くないから……」
恥じらいに美貌を染め、足元に脱ぎ落とされる喪服。
まぶしいほど白い肌、白襦袢からのぞく膨らみ……
夫を亡くして三年、孤閨に狂う未亡人の性欲が暴走。
薄闇の中、義弟の体にまたがり、激しく腰を蠢かす。
淫臭に気づいたもう一人の若兄嫁も挑発を始め……



昨秋デビューから早くも3作品目となる新作です。美原春人さんや千賀忠輔さんなどと同じように、官能大賞に応募しようとしていた作品をブラッシュアップさせた作品なのでしょうか。こういった方は総じて間隔を程よく開けての刊行ラッシュが続きますね。「なぎさ薫」という名前からして一発屋さんだと思っていただけに、これは嬉しいサプライズでもあります。期待しましょう。






榊原澪央『高慢女上司を奴隷メイドにした七日間』




「主任のフェラ顔、営業部の連中に見せてやりたいよ」
ベッドで男の股間に顔を埋め、肉茎を頬張る女上司・彩。
弱みを握られ、勤務後、部下の肉玩具にされる33歳。
会社では氷の女も、僕の寝室では従順な奴隷メイドに!
時折り反抗心を見せながらも、やがて牝声を響かせ……
調教はオフィスに引き継がれ、同僚全員へ奉仕を……



ここ最近は主人公による独占路線が続いていましたが、本作のあらすじに「同僚全員へ奉仕を…」とあるので、竿役は複数いそうな予感です。それでも榊原作品らしい軽妙さはありそうですね。






上原稜『夢の裸エプロン生活【一夫多妻】』




「なかに出して! 他の“奥さん”みたいに」
裸エプロンから横乳をのぞかせおねだりするゆかり。
子種を搾り取ろうと剥き出しの艶尻が淫らに揺れる。
純真女子大生、淫乱ナース、ハーフ女教師、熟義母。
四人の妻が寝室で待つ、一夫多妻ハーレム。
全裸よりいやらしい、夢の新婚生活、開幕!



美少女文庫では「ハーレム王子」と称される上原さんの『一夫多妻』シリーズ第3弾です。これまでの作品では3人、4人と増えて来ましたが、まさかの5人?(隠れヒロインがいたとして)という展開を期待します。






藤崎玲『孕ませ調教三重奏 義母を、兄嫁を、義妹を』




「お願い、膣中には出さないで。危ない日なの」
拒絶の声を無視して義母の熟膣に注がれる白濁液。
主を亡くした名家を支配せんと暴走する浪人生。
プライドの高い兄嫁を声が嗄れるまでイキ狂わせ、
義妹を処女の身から言いなり牝奴隷に堕とす!
沙智子、双葉、茉莉菜――飽くなきトリプル種付け姦!



同人作品のノベライズなど精力的な刊行だった藤崎玲さんですが、実は約1年振りと一息入れての新作です。ヒロインの属性はありきたりなのですが、鋭気を養っての新作ではどんな調教を仕掛けるのでしょうか。






鏡龍樹『ねっとり熟女 未亡人義母、未亡人兄嫁、未亡人女教師』




「はしたなくてごめんね、でも止められないの」
濃厚なディープキス、一心不乱なフェラチオ、
膣全体で硬直をきつく締め付ける密着交合。
葬儀の夜に交わした一度きりの姦係をきっかけに、
男日照りの完熟女体にみだらな炎がともり……
義母、兄嫁、女教師……乱れ啼く三人の艶熟女!



フランス書院文庫では綺羅光さん、巽飛呂彦さんに次ぐ大ベテランの復活から1年が経ちましたが、相変わらず精力的な刊行が続きますね。レビュー記事でよく「秘所」を使いますが、これは鏡龍樹さんの作品からの影響です。楽しみですね。






DSKさんのブログでは8月の「気になる」官能作品を取り上げています。
2018年8月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫X 2018/8/14 発売新妻-終身牝奴隷(著:佳奈淳)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。「結婚式の夜、夫が眠ったら尻の穴を捧げに来い」女として最高の祝福を受けるはずの日が、美幸にとっては終わりなき牝生活への記念日に!雪肌も露わな牝仕立てのドレスに身を包み、25歳は屈従へのバージンロー...
2018年8月の気になる官能書籍








◎フランス書院文庫X


佳奈淳『新妻 終身牝奴隷』




「結婚式の夜、夫が眠ったら尻の穴を捧げに来い」
女として最高の祝福を受けるはずの日が、
美幸にとっては終わりなき牝生活への記念日に!
雪肌も露わな牝仕立てのドレスに身を包み、
25歳は屈従へのバージンロードを歩みはじめる……








綺羅光『ふたりの美人課長【完全調教】』




凛々しきデキる女も、スーツを剥けばただの牝だ!
全裸会議、屈辱ストリップ、社内イラマチオ……
プライドを傷つけるたびに、肉体を辱しめるほどに、
年上上司の瞳は甘く潤み、媚肉はしとどに濡れていく。
綺羅光・美人課長の二大名作、装いも新たに復活!








◎管理人が気になる8月刊


マドンナメイト文庫

イズミエゴタ『人妻同級生 憧れの誘惑体験』





憧れだった同級生と再会した裕二の理性のタガははずれまくり…… 

妻に先立たれシングルファザーとなった裕二は、一人息子を連れて故郷にUターンすることにした。 
そこで中学時代に想いを寄せていた二人の女子、薫子と菜摘に再会し、急激に親しくなっていく。 
今は人妻の彼女たちはじつは淫らに成長していて……。








竹書房ラブロマン文庫


庵乃音人『半熟義姉さん』




◎性にウブな兄嫁を寝取って女体開発…濃蜜禁断エロス!
二十二歳の城戸誠はアパートが延焼してしまったため、しばらく結婚二年目の兄夫婦の家に居候させてもらうことになった。
誠は以前から五歳上の清楚な兄嫁・理沙子に憧れており、この同居生活にドキドキしていた。そんな時、兄から驚くべき告白をされる。
兄は交通事故の後遺症で一年以上も勃起不全で、理沙子は人妻にもかかわらず、性的に未開発の身体だというのだ。
そしてさらに、兄は理沙子を寝取ってくれと誠に頼むのだった…!
ウブな兄嫁を淫らに開花させていく、鮮烈禁断官能ロマン。








美野晶『おねだりマッサージ』






※いずれもまだあらすじや書影は未公表です。更新は随時おこないます。






◎美少女文庫


橘ぱん/みさくらなんこつ(イラスト)『妖かし姫の愛しかた オナホの付喪神と乱入退魔師と』




「わかりますっ! 緋英莉、孕んでぇ、着床、してるの、わかりますっ!」
オナホの付喪神カナにイカされまくる自称最強退魔師・安倍恵の隣で、玉藻緋英莉も後背位で貫かれていた。
(九尾の狐の一族である私を、現代に目覚めさせてくれた誠司様!……緋英莉はちゃんとエロエロご奉仕できてますか?)
子宮に精を注がれて、受胎を確信しながら、絶頂失神していく妖かし姫。
滅ぼされた一族の復興か、それとも新たな目的か? 子作りエッチによって妖力を取り戻した緋英莉が叶えたい願いとは……
みんなで幸せになりましょうね!
天真爛漫な淫魔姫と、ケモ耳ロリなオナホ付喪神と、ポンコツ貧乳退魔師とのドタバタハーレム生活!








巽飛呂彦/日吉ハナ(イラスト)『恋するビスマルクは提督(仮)の言いなり』




「おねだりポーズでハメ乞い、だなんて……なによ、なによ!調子に乗って!やればいいんでしょ、やれば!」
はだけた軍服姿も凜々しいユーディト・東郷・ビスマルク。
美しい顔で凹ませて、ひょっとこフェラでごっくんしたあとは、ちゃんと××で貫いてイカせてほしい!
制服のスカートをめくり、まんぐり返しを決めて、肉裂も肛門も、クリトリスまで剥き出しにして、
悔しがりながらも、美少女の口からは完全屈服のハメ乞いの淫声が……
「アドミラール、慎之のフル勃起、挿入れてくださいっ!わたし、ルー子の、エッチなハメごろ××に、全部、挿入れてぇ!ズボズボして子宮の奥までがんがん突いてっ!」








山口陽/葵渚(原作・イラスト)『我が家のリリアナさんと冬休み!』





「私と……姫始め、したいですか?」
豪華絢爛な和服を纏い、恥じらいながらも、まっすぐ目を見て問いかけてくるリリアナに、達也も顔を赤くしながらもしっかり頷いた。
今年も、これからも、いつまでも、リリアナさんと一緒にいたい。
ゆっくりと着物の裾を捲っていく褐色美女。
「リリアナさん、下着穿いてないんだね」
「はい、着物の時は着けないと聞きました」
露わになっていく恥丘に指を這わせ、柔らかな縦筋をなぞると、彼女はビクンッと太腿を震わせて、艶めかしい声を漏らした。
「あんっ、達也さんの指、いっぱい動いて」
「可愛いよ、リリアナさん、俺の指で気持ちよくなって、今年最初の絶頂を見せてよ」
クリスマスでも、温泉旅行でも、大晦日も、とことんリリアナさんと愛し合った。けれど、もっともっとリリアナさんを抱いていたい!




【追記】2018年9月刊情報


◎フランス書院文庫


天海佑人『全裸教壇』

香坂燈也『向かいの隣人』

神瀬知巳『五人のしたがり未亡人』

弓月 誠『おいしい出張【美人課長とふたりきり】』

北都 凛『母娘崩壊』

桜庭春一郎『淫らでごめんね』



昨年12月の『ママと妹が僕の部屋に入り浸り』以来、9ヵ月振りの新作となるのが神瀬知巳さんです。『五人の』というタイトルから恐らくは『特選小説』誌(綜合図書)で寄稿なさっている短編作品に、何らかの手を加えた短編集と思われます。

なぐさめ温泉未亡人
神瀬知巳
綜合図書
2017-08-29



昨年9月にも神瀬さんと競演された弓月誠さんですが、これまた神瀬さんの作品を思わせますが、『美人課長とふたりきり』と言いながらも対抗ヒロインもいそうに思います。

誘惑系からはもう一人香坂燈也さんも参戦なさいますが、神瀬さんや弓月さんというベテラン作家と並ぶとまだまだ中堅という立場ですし、お二人とまた違った作風で攻めて来るのかなとこちらも期待ですね。

『淫らでごめんね』とまるで歌謡曲のようなタイトルの桜庭春一郎さんは、初めて伺うお名前ですね。恐らくは本作がデビュー作品だと思われますが、こちらも誘惑系かなと期待したいところです。

凌辱系からは天海佑人さんの『全裸○○』シリーズ?と北都凛さんの作品が登場しますが、北都さんはタイトルからしてリアルドリーム文庫のこちらの作品のリメイクの可能性が高そうです。

『母娘喰い 奪われた媚肉』

母娘喰い 奪われた媚肉 (リアルドリーム文庫 76)
北都凛
キルタイムコミュニケーション
2011-12-22



これまでに北都さんがリアルドリーム文庫で刊行された五作品の内、既に四作品はフランス書院文庫又はフランス書院eブックス(電子書籍専門レーベル)にて再販となっています。





※リアルドリーム文庫では
『新妻【贖罪】 私は牝になる』
(現在は取扱終了となっています)

新妻【贖罪】 私は牝になる (リアルドリーム文庫 24)
北都凛
キルタイムコミュニケーション
2009-09-30




他三作品がフランス書院eブックスなのはヒロインが高校生だから?か、その他の事情によるものかは不明です。他にリアルドリーム文庫作品を引き取る形で再販されたのは小鳥遊葵さんと御前零士さんですが、小鳥遊さんはほぼ加筆を行わない形での電子書籍再販なのに対し、御前さんは加筆作品をフランス書院文庫Xという形で紙書籍再販(ひと月後には電子書籍も出ます)とアプローチを変えているのが興味深いところです。ファンの方に取っては久々の新作だと飛び付いたは良いものの、これ読んだ作品だよね…っていうことの無いように、「あの名作に新章を追加」とでも触れておくなど配慮があると良いですね。






◎美少女文庫


みかど鉄狼/Hisasi『召喚魔法でロリモン娘ハーレムがデキました!(仮)』

内田弘樹/ななお『奴隷エルフ解放戦争(仮)』

みかづき紅月/三上ミカ『おでかけせっくす(仮)』







◎その他気になる作品


竹書房ラブロマン文庫

杜山のずく『おためし妻 一夜の媚肉』





鷹澤フブキ『ふしだら義母 リベンジ調教』





桜井真琴『ほしがる田舎妻(仮)』





桜井真琴さんが二見文庫に続き竹書房ラブロマン文庫にも進出ですね。
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2018年8月の気になる官能書籍

2018年8月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ! ▼フランス書院文庫X 2018/8/14 発売 新妻-終身牝奴隷(著:佳奈淳) → Amazonはコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 「結婚式の夜、夫が眠ったら尻の穴を捧げに来い」 女として最高の祝福を受けるはずの日が、 美幸にとっては終わりなき...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が300冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
一部で関係者(作家さんや編集者さんなど)と思われているようですが、全くの見当違いです。
官能作品に関わる全ての方に感謝しつつ、読み続けていきたいと考えています。

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
管理人のTwitter