FC2ブログ

小日向諒氏からのお知らせ

昨日6月9日に衝撃的なお知らせがございました。

フランス書院側との取引停止ということで、残念ですの一言しかありません。

これまで小日向諒さんとして、更に本日始めて知りましたが宮坂景斗さんとしても、数々の良作を提供していただきました。
全作品持っているだけに、これからも手元に残し読み続けたいと思います。

黒本の愛読者の一人として、ありがとうございましたと述べさせていただきます。










※本日より「小日向諒(宮坂景斗)作品」とカテゴリー変更させていただきます。3月発売であった宮坂さんの新刊に付いては、Amazonレビューのみですが、近日中に完成版を出したいと考えています。

※小日向諒さんよりブログのリンクをいただきました。ありがとうございます。こちらも相互リンクさせていただきます。

こひなた日和(官能小説家・小日向諒さん)





【追記】

小日向諒さんより宮坂景斗さんのを含めた著作の取り扱いに付いて発表があり、古い順に4作品が6月内に配信停止。(改題の後に個人で再配信予定、KDPでしょうか)以降も契約期間満了を持って再配信予定のようです。今後のご活躍に期待します。

姪姉妹【寵愛】 (フランス書院文庫)
小日向 諒
フランス書院
2010-10-22



淫蕩る… (フランス書院文庫)
小日向 諒
フランス書院
2011-09-22






美姉妹一年調教 (フランス書院文庫)
宮坂 景斗
フランス書院
2011-02-23




以下ご本人のTwitterより










今後のご活動に付いて






どういった経緯だったのか、いち読者としては想像の域を出ませんが、こういう決断に至るまでに相応のエネルギーを費やしたことと思います。

「期待しています」や「待っています」と言っては、もしかすると今の時点で重荷となるかもしれません。まずはゆっくりと英気を養っていただき、然る時が来たらまた出会えればと思います。(いや、もう動くのだよとお考えかもしれませんね。)
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が300冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
一部で関係者(作家さんや編集者さんなど)と思われているようですが、全くの見当違いです。
官能作品に関わる全ての方に感謝しつつ、読み続けていきたいと考えています。

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
管理人のTwitter