FC2ブログ

2017年11月刊情報

◎フランス書院文庫11月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、11月のラインナップが既に発表されていますが、暫く登録の無かったAmazonサイトにて、榊原澪央さんの新刊がやっと登録されました。

※フランス書院文庫ホームページにて11月刊の情報がアップされたので、作品タイトルからのリンク先はそちらの作品紹介ページとしています。(11/17更新済み)






鷹山倫太郎『尼僧とシスターと僕』

尼僧とシスターと僕 (フランス書院文庫)
鷹山 倫太郎
フランス書院
2017-11-25



「マリア様、淫らな私をお赦しください……」
腕で覆った豊麗な乳房、下腹で可憐に茂る黒叢。
清廉なシスター・十和子の沐浴を覗いた瞬間から、
壮太の理性を狂わせる「最高の禁忌」が幕開いた!
欲望を法衣に隠す尼僧・芳江、純潔修道女・十和子。
二人の聖女が僕にだけ見せてくれる淫猥な素顔!



今月のインパクトある表紙第1弾ですが、川島健太郎さんが手掛けていらっしゃいます。ド直球な尼僧とシスターな組み合わせですが、個人的には誘惑作品はヒロイン二人で競い合うくらいがちょうど良いのかなと考えています。(しかしみき26歳・女子大生がいるので、ヒロインは三人かな?)楽しみですね。






榊原澪央『高慢女上司【全裸勤務】』




「偉ぶる女ほど、すぐ濡れるってのは本当だな」
デスクに手をつき、開いた股間を覗かれる美咲。
顎でこき使い、パワハラを繰り返す女上司に、
男の面子を潰された部下が牙を剥いた!
オフィスで裸身を晒し、ピストンによがる33歳。
人妻課長、女社長、秘書……三匹の淫らな社畜!



『高慢』で始まる題名は鬼龍凱さんのデビューからの三作品に共通していましたが、他の作家さんに使われるということは?というのは余談ですけど、どこかコメディな路線も窺える榊原作品なだけにパワハラを受ける主人公にあまり悲壮感を感じさせないですけどね…。

【参考作品】









水沢亜生『混浴先生 塾講師と女教師と家庭教師』




「成績アップのご褒美はお風呂でね……」
バスタオルを胸に巻き、教え子を誘った優香里は、
優しく手を添えて自らの濡れた秘部をいじらせる。
脈打つ肉棒をしごく指先、喉奥まで咥える朱唇。
びっしょり汗をかいた後は寝室で肉交レッスン。
三人の「先生」から混浴で教わる大人の愛し方!



10月に続いて新人さんがデビューとなりますが、この作者さん「みずさわ・あき」と読むようです。女優さん?と思ったのは私だけでしょうか?丹野忍さんの描くヒロインは20代後半くらいを思わせます。こちらもヒロイン三人のようですね。






北都凛『専業主婦・美帆 夫の知らない奴隷生活』




「奥さん、簡単にイッたらお仕置きだぞ」
白昼の寝室、こぼれる乳房を荒々しく揉みしだかれ、
甘蜜あふれる肉穴を犯され、何度もイキ果てる26歳。 
寿退職をして幸せな新婚生活を送っていた美帆は、
新居を斡旋した不動産屋に弱みを握られ、性奴隷に!
浴室で、リビングで続く、夫の知らない調教の日々!



フランス書院文庫Xでは過去作品の加筆修正版を出していましたが、黒本としては『新妻と誘拐犯【密室の48日間】』以来9年8ヵ月振りの新作でしょうか?(リアルドリーム文庫の作品で同じ26歳の美帆というヒロインが登場するのが若干引っ掛かりますが…。)DSKさんのブログ記事によりますと、織田nonさんによるイラストではとのことですが、確かに絵心のない私が見ても同じ方が描いたと分かるくらい特徴的であります。
因みに来月フランス書院文庫Xを刊行なさる御前零士さんが帯にて、本作の推奨コメントを寄せています。

【11/11追記】いつの間にかリアルドリーム文庫での北都凛さんのこちらの作品の電子書籍での取り扱いは、ほとんどのサイトにて終了となっていました。恐らく本作の底本がこちらで、改題した上で約50ページほどの加筆と並行し全体的な修正を行ったのではないかと思われます。美帆の他にあやの34歳・人妻とダブルヒロインとなっているようです。

新妻【贖罪】 私は牝になる (リアルドリーム文庫 24)
北都凛
キルタイムコミュニケーション
2009-09-30








宗像倫『夢の女看護師寮』

夢の女看護師寮 (フランス書院文庫)
宗像 倫
フランス書院
2017-11-25



看護師寮――白衣の天使が本性を露わにする最高の楽園!
妖艶ナース・しのぶが教えてくれた秘密の初体験。
新人ナース・唯の瑞々しい奔放な美肉を味わって、
昂ぶりきった獣性は憧れつづけたナース・佳奈へ。
寮内に充満する牝フェロモンが慎司を牡へと変えていく。
すべての女を独占するまで「侵犯」は終わらない!



約1年振りの新作は「侵犯」と言いながらも完全に誘惑作品のようですし、「しのぶが教えてくれた秘密の初体験」からすると「童貞」の主人公ではないかと思われますね。今までとは違って凌辱作品ではありません。(しつこいようですが)表紙イラストは渡邉康明さんによるものでほぼ間違いないでしょう。

こちらは久し振りに渡邉康明さんがご担当なさった黒本作品です。










鷹羽真『友達の美しいママ【僕専用(おかず)】』




「一度だけ、潤一くんの思い通りにさせてあげる」
恥ずかしそうに下着を脱ぎ豊麗な裸体を晒す綾子。
四つん這いにされ貫かれれば唇からは恍惚の吐息が……
潤一の獣欲に煽られ与えてしまった38歳の完熟肉。
スマホ撮影、テレフォンセックス、コスプレ姦淫。
一線を超えた危険な関係はエスカレートしていき……



あらすじと272というコンパクトなページ数から推測するまでもなく、単独ヒロイン作品ですね。後述しますが12月には美少女文庫でも新刊が発売となります。






DSKさんのブログでは、11月の気になる官能作品を多数取り上げています。
2017年11月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫 2017/11/25 発売友達の美しいママ-僕専用(著:鷹羽真)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。「一度だけ、潤一くんの思い通りにさせてあげる」恥ずかしそうに下着を脱ぎ豊麗な裸体を晒す綾子。四つん這いにされ貫かれれば唇からは恍惚の吐息が……潤一の獣欲に煽られ与えてしまった38歳の完熟肉。スマ...
2017年11月の気になる官能書籍








◎美少女文庫11月刊情報


ほんじょう山羊/笹森トモエ(原作・イラスト)『サキュバステードライフ 現代淫魔との同棲事情』




「ああ、すっごい! 射精されながら、奥をズンズンされるの……凄くいいわ!」
「さ、櫻待さん! 櫻待さんっ!!」
求められるがまま膣奥を抉りながら、同級生の名前を呼ぶ。
「来てっ! あああ……来てっ」
トロンッと冬子の表情が蕩けて、瞬間、射精が始まった。
サキュバスの末裔と称するセーラー服の同級生の中に多量の精液を撃ち放
つ。流しこむ。注ぎこむ。
「ああ、射精てる! あっは……幸せ」
精を幸せそうな表情で受け止めながら、冬子も絶頂に至ってくれた。
(櫻待さん、綺麗だ……)
本能のままに喘いでいる表情に、思わず見惚れる。美しい姿だった。



美少女文庫×同人サークルによるノベライズもすっかり定着化した感がしますが、今回はサークル「NANIMOSHINAI(なにもしない)」の代表作品からです。この題名は『SUCCUBUS STAYED LIFE』が正しいようですが、韻を踏まえてではないかと思われます。目次ではヒロインは櫻待さんの他に二人ヒロインがいるようです。






みかど鉄狼/米白粕(イラスト)『元勇者はロ リ エルフ村をハーレムにデキました!』




ニコラ「この、ろ り こ ん ろ り こ ん ろ り こ ん!ほら、あたしたちのちっちゃな××に××を突っこみたいんでしょ、なにが元勇者よ!」
ベリィ「はわわっ! おち×××がパンパンじゃないですか! このままじゃ、恩人のカイトさんが爆発してしまいます!」
レモン「レモンともせっくすして? レモンだけ、仲間はずれなんて嫌だもん」
社畜から魔王を倒す勇者へ転生して三百年、ず~~~っとつらい戦いと修業を続けてきた。
勇者を引退して、三人と出会って、やっとこのロ リ エルフ村で、理想のスローライフが実現できたのだ。
もう、ロ リ エルフたちとのハーレムで幸せになってもいいんじゃないか?
ベッドの上で広がる、ロ リ エルフ三人の純粋無垢な挑発ヌード!



みかど鉄狼名義での美少女文庫第二弾は、転生した元勇者と幼いエルフたちとのスローライフを題材にしたファンタジー要素満載の作品です。「デキました!」なだけにオチも何となく分かるような気はします。

※諸事情により一部ワードに改変を加えていますので、ご理解のほどお願いします。






わかつきひかる/三上ミカ『金色狼な妹と新婚スローライフ』

金色狼な妹と新婚スローライフ (美少女文庫)
わかつき ひかる
フランス書院
2017-11-20



帰ろう、妹が待つ山奥のツリーハウスへ。
両親の跡を継いで、村を守る勇者になったリヒト。
冒険の旅にも出ない村の勇者を続けてきたのは、妹を守るため……。
狼の獣人、拾い子、だとバレて村を追い出された妹のグリッタと始めた山奥暮らし。
「私のせいで……ごめんなさい」
君は謝るけれど俺は今の生活が好きなんだ。
「えへへ。幸せ。私、もう死んでもいい」
血がつながらないからこそ結ばれた初体験。
「ダメ、お兄ちゃん、私、イキそう!」
露天温泉でお湯を掛け合いながら混浴H。
「欲しいの、私、精液が欲しいの!」
 発情したグリッタのもふもふ金色毛皮を撫でながらの種付け後背位H。
やっとわかった……君を泣かせないことが俺の勇者としての役割だったんだ。



10月に刊行された『処刑姫リーゼロッテ』から2ヵ月連続での刊行となりますが、本作は元勇者のスローライフという何処かで聞いたような(以下略)、確か前にも出したような(以下略)…。

ご関係者の苦労のほどが窺えます…。

『処刑姫リーゼロッテ』は凌辱風味なのに対し、こちらはほっこりとしたわかつきひかる作品の定番路線のようですが、わかつきさんは昨年こんな作品を出していました。

わかつきひかる/八坂ミナト(イラスト)『エルフ嫁と新婚スローライフ』

エルフ嫁と新婚スローライフ
わかつき ひかる
フランス書院
2016-12-23



イラストご担当の三上ミカさんは今年の1月に刊行された作品では、サークル「アクアドロップ」での原作もなさっていました。

みかづき紅月/三上ミカ(原作・イラスト)『おやすみせっくす 僕のために眠る妹』







◎フランス書院文庫12月刊情報


11月刊行作品を紹介したばかりですが、既に12月の情報も出ていますので追記いたします。


トーハン系列のe-honではフランス書院全体の12月刊行予定作品の一覧が出ています。

e-honサイト


天海佑人『全裸家政婦【ふたりの兄嫁と義母】』

御堂乱『先生の奥さん【完全調教クラブ】』

神瀬知巳『ママと妹が僕の部屋に入り浸り』

天崎僚介『夜這い未亡人【てほどき寝室】』

綺羅光『人妻奴隷姉妹』

鏡龍樹『雪国の未亡人女教師 乱れる、溺れる、堕ちる』



12月は誘惑作品が神瀬知巳さんと鏡龍樹さん、凌辱作品は御堂乱さんと綺羅光さんといずれもベテラン揃いで、そこに天崎僚介さんと天海佑人さんが入っていて手堅いなあというのが第一印象です。年末年始は帰省や旅行などで乗り物での移動の機会も多いですから、そこを狙ったものとも思えます。(個人的体験談として飛行機のエコノミークラスの座席で読むのはややきついかな…とは思いますが。)






◎フランス書院文庫X

偶数月の10日前後はフランス書院文庫Xの刊行日です。今回はハードXノベルズからではないのが特徴ですね。


夏月燐『若妻と誘拐犯』

(もう夫を思い出せない。昔の私に戻れない……)
監禁された薄暗い六畳間にもれる若妻の呟き。
誘拐犯と二人きりの密室で朝から晩まで続く肉交。
志織の成熟した肉体は意に反して恥辱の絶頂へ。
27歳と24歳、狂愛の標的にされた人妻たち!




【元の作品】




(もう夫を思い出せない。昔の私には戻れない……)
監禁された薄暗い六畳間に、若妻の哀しい呟きがもれる。
誘拐犯と二人きりの密室で、朝から晩まで続く肉交。
対面座位で貫かれながら、清楚な美貌を染める志織。
27歳の成熟した肉体は、意に反して恥辱の絶頂へ……
狂愛の誘拐犯と美しき人妻、二人だけの43日間!
(元作品のあらすじより)



前述の北都凛さんのようにかなり久々のご登場となるのが夏月燐さんです。作品自体はちょうど12年前となりますから当時の色合いを残しているかはともかく、560ページという分量とヒロインが二人に増えている時点で加筆されているのは間違い無さそうです。そもそも久々のご登場の作家さんが何故今ごろになって?という疑問が先に出ては来ますけれど…。






御前零士『絶望の淫鎖 襲われた美姉妹』

「それじゃ、姉妹仲良くナマで串刺しといくか」
ベッドの上、上下逆さで重ねた肉体を貫く男たち。
成績優秀な女子大生・美緒、スポーツ美少女・璃緒。
姉へのコンプレックスで妹のとった行動が悲劇を生む!
中年ストーカーに三穴を穢される絶望の肉檻!




【元の作品】

『啼きくらべ 恥辱に乱れる美少女姉妹』




可憐な美姉妹が中年男の肉罠の餌食に!
Fカップの美巨乳で容姿端麗、成績も優秀な姉・美緒。
溌剌とした健康美に満ちた美少女の妹・璃緒。
仲の良い姉妹がコンプレックスによる擦れ違いから
肉欲の権化に処女を散らされ淫獄へ堕とされてしまう!
「そんな……なかはやめ……っ、こんなのいやあッ」
(元作品のあらすじより)



御前零士さんは前回(2017年10月)の際もご登場となりましたが、慣例の通りリアルドリーム文庫時代の作品のリメイクとなりそうですね。まだリアルドリーム文庫での版権が残っている状況での刊行のようでしたが、前作もフランス書院文庫X化に合わせたかのように、リアルドリーム文庫側もフェアの対象作品としていますが不思議なものです。
さて本作では「元の通りであれば」フランス書院での御前零士作品としては初めての美少女凌辱ものとなるようです。こちらも412ページという分量からして、大幅に加筆されているのは間違い無さそうですね。






◎美少女文庫

鷹羽シン/たくじ(イラスト)『日米エロ大戦 金髪グラマー幼なじみVS黒髪巫女妹(仮)』

青橋由高/HIMA(イラスト)『僕には家事妖精(シルキー)なメイドがいます(仮)』

山口陽/葵渚(原作・イラスト)『我が家のリリアナさんと夏休み(仮)』



美少女文庫の方も中堅どころの作家さんで固めていて、やはり手堅い印象ですね。こちらも内容が分かったらまた更新します。山口陽さんの作品は『我が家のリリアナさん』という作品がありますので、そのノベライズとなりそうですね。
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017年11月の気になる官能書籍

2017年11月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ! ▼フランス書院文庫 2017/11/25 発売 友達の美しいママ-僕専用(著:鷹羽真) → Amazonはコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 「一度だけ、潤一くんの思い通りにさせてあげる」 恥ずかしそうに下着を脱ぎ豊麗な裸体を晒す綾子。 四つん這い...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR