FC2ブログ

早瀬真人「ハーレム教室 僕らの童貞喪失日記」

早瀬真人「ハーレム教室 僕らの童貞喪失日記」
(マドンナメイト文庫、2017年9月、表紙イラスト:大柴宗平)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)





【あらすじ】

小中高一貫教育の朋麗学園に通う有平は夏休み明けに仲間たち4人と童貞喪失の自慢話をすることになり、1人だけ童貞な有平は憧れの英語教師の祐里子に告白しようとするが、ひょんなことから女子更衣室に忍び込んでしまい彼女に見付かってしまう。ところが祐里子は一応叱る振りをしながらも、教え子に蠱惑的な視線を向けエッチな命令を…。

【展開】

※各章主人公とヒロインが異なる短編形式の為、人物紹介は割愛します。

肉感的な美人英語教師・祐里子
高校2年生の木暮有平は仲良し5人組の中で唯一童貞で、友人たちの手前勢いに任せて夏休み中には脱童貞を目指すと宣言する。英語教師でテニス部顧問の山口祐里子に告白しようとするが、テニス部の練習を終えて臆病になってしまいトイレで用を足すと、職員用女子更衣室の看板を目にして私物でも手に入れようと侵入する。祐里子の持ち物の中にショーツの替えを見付け持ち帰ろうとすると、当の本人が戻って来てしまいしらばっくれようとしたものの嘘をつくなと頬を張られ、彼女の目の前で穿いてみせる羽目に。祐里子の手や口で立て続けに精を搾り取られたものの有平の興奮は収まらず、押し倒され騎乗位で童貞を奪われる。しかも祐里子はこれからはオナニー禁止だと髪のリボンを解くと、自分のものと言わんばかりに少年のペニスの根元を縛ってしまう。

マイクロビキニの清純少女・萌
中学3年だった夏のある日水泳部の練習を終えた佐久本哲也は部活の後輩の峰岸萌から告白を受け倉庫で待ち合わせたが、かねてから萌があるジュニアアイドルに似ているなと疑念を抱いていた。相思相愛だと知った哲也は萌にアイドルと同じデザインのマイクロビキニの水着を着てもらうが、その姿を目にして理性のタガが外れ手扱きさせて射精すると、彼女の濡れ染みを見付けて四つん這いに押し倒してペニスを挿入してしまう。流石に射精の寸前でペニスを抜いて中出しは回避したが、萌の背中を見るとアイドルと同じ位置にアザがあり…。

大人っぽい美貌の従姉・紗貴
小学6年生だった塚原潤一郎は町内会の旅行で両親が不在となった為、4年先輩で従姉の栗原紗貴の元に一晩預けられることになり、紗貴の両親もいないので2人きりで過ごすことに。紗貴の手料理を食べてから潤一郎が入浴していると、何と紗貴が女らしくなった身体を隠そうとせずに入って来てしまい、まだ精通すら迎えていない少年は訳が分からないままペニスを固くする。紗貴の手解きで皮を剥いてもらい不安を覚えながらも初めての射精の快感に溺れるが、寝室に戻ってもまだ萎えないペニスに戸惑っていると、紗貴が現れて秘所を見せてもらってから騎乗位で跨がられる。

成熟フェロモンのセレブ妻・名津実
高校1年生になった山口興毅はサッカー部の顧問から初等部の練習のコーチを頼まれクサっていたが、6年生の男児の母でPTA会長である八代名津実と中年顧問教師との密会を目にしてしまう。名津実の自宅に招かれた興毅は密会を見た口止めの代償にお金ではなく童貞を卒業させてとねだると、名津実から何度でも出来るでしょととりあえず手扱きで射精させられ、騎乗位で跨がられて初体験を果たす。連続射精させられて興毅は疲れた様子だが、熟女はまだ満ち足りていないようで続きを求められてしまう。

幼馴染みのレオタード少女・亜美
中学に上がった鳥山蒼太は隣人で幼馴染みの磯山亜美に密かに想いを寄せていたが、付き合っている水泳部の先輩がいるらしく女として成熟しつつあるのを眩しげに見ていた。そんなある晩彼女が入浴すると窓越しに聞こえて部屋に侵入しオナニーして射精するが、そこへ亜美が部屋に戻って来て見付かり母に告げ口されたくなければオナニーを見せなさいと命令される。その行為を見た亜美はナマ足を股間へ差し向け足扱きで射精させると、奉仕しなさいと告げて秘所を露わにするが、我慢出来ないと言われ蒼太にペニスを挿入されてしまう。しかし亜美は行為を終えると恋人にでもなったつもりと激怒し、奴隷なら出来るわよねと蒼太の顔面へマウントして…。

エピローグ
新学期が始まり、山口家で童貞喪失の話を披露し合う少年たち。四人は童貞喪失したものの今も続いているのは興毅だけで、哲也や潤一郎は相手と連絡が付かなくなり、蒼太は恋人ではなく都合の良い奴隷扱いらしい。一同がしんみりしたところで今日の主役は有平だと話を振られるが、相手が祐里子先生だと言える訳がなく卒業出来なかったと誤魔化そうとする。少なくとも興毅のいる前では…。でも有平は弟たちにお茶を出しに部屋に現れた先生を見て、今晩予定しているデートでセックスさせてもらえると甘い期待を込めるのであった。


【レビュー】

『僕らの童貞喪失日記』という題名の通り、高校に通う5人の少年が夏休み明けにそれぞれの童貞喪失話を告白しようということとなり、彼らがそれぞれ回顧する形で倒錯に満ちた初体験が描かれている。同一の世界観だが個々の話はそれほど強い関連性はないのでいわば短編集といった趣で、様々な年代のヒロインたちから少年たちが誘われる構図は一緒であるため、若干淡々とした流れになってしまうのは致し方ないのかもしれない。

少年誘惑ロマンスから回春ものまで幅広く手掛ける作者らしく、官能面での仕上がりは極めて良く倒錯的で、主人公の大半はM気質というのもあってその手の作風が好きな読者にお勧めしたい。






レビューで挙げたように作者の早瀬真人さんは幅広く様々な年代の人物が登場する官能作品を手掛けていらっしゃいますが、管理人はこの手の童貞喪失ものは好みです。本作がマドンナメイトというのもあって主人公が初等部時代の話というのもありますし、仮性包茎を剥いてもらうというのも良いと思います。ヒロインもジュニアアイドルという年代の美少女や、子持ちの熟女まで割と範囲が広いですね。この辺は自主規制が強く働くフランス書院文庫にはあまり見られない傾向と言えますが、かといって黒本も同じことをしてもちょっと違うのかもしれませんね。

早瀬真人さんの二つ前のリアルドリーム文庫の作品も主人公がM受けなタイプなのですが、この趣向はヒロインの年齢が若いというのに比べると更に抵抗を持つ読者さんもいるのかもしれません。そういう隙間を狙う作品もあってこその官能作品だと思いますので、今後も追っていきたい作家さんの一人ですね。

女子大生家庭教師 魅惑のご褒美レッスン (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
2016-11-01

関連記事

tag : 高校生主人公 中学生主人公 童貞 4人以上ヒロイン

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR