FC2ブログ

2017年9月刊情報

◎フランス書院文庫2017年9月刊情報


フランス書院公式ホームページ「これから出る本」コーナーにて9月発売予定の文庫情報が出ましたが、Amazonでは9/13現在でやっと更新されたようです。書影その他が反映されたら記事を更新いたします。(もう発売まで書影など無さそうな雰囲気ですね。)

※タイトルからのリンク先は全て版元ドットコムさんの紹介ページとなっています。(公式ホームページの方も書影・立ち読みまで更新済みです。)






美原春人『もっとしたいの 家主母娘と女教師』

(届いてる……娘と同じ年頃の子をこんな奥まで)
膣奥を埋める肉茎、子宮を圧迫してくる長大な逸物。
夫を亡くして五年、女手一つで大家業を営む未亡人。
疼く身体をもて余し、大学生の友吾をご飯に誘うが、
我慢できず、豊乳を押しつけ、朱唇を股間へ寄せる。
姦係に気づいた美娘は、自らもつたない挑発を……



今年2月デビューで早くも3冊目という異例の早さでの刊行ですが、本作もデビュー作品からほぼ同じ甘い路線のようです。もしかすると美原さんはここまでを官能大賞に応募する予定でストックしていたとして、多少の修正はあれど商業ベースに即乗せられるのであれば大したものだなあと感心いたします。






千賀忠輔『淫獣の逆襲 女教師姉妹、そして女教師母娘を』

一匹の淫獣が、学園の秩序と風紀を狂わせた!
授業中の真面目な顔を捨て牝に堕ちる未亡人教師・響子。
引き締まった躯を晒し露出授業を強制される体育教師・茜。
保健室で調教され幾度も絶頂を遂げる養護教諭・圭澄。
クールな美貌を歪め純潔を穢されるハーフの英語教師・リサ。
22歳24歳26歳34歳――すべての美教師が牝奴隷教師に!



デビュー作品『淫獣の襲来 先生の奥さんと娘三姉妹』と同様にヒロインが4人で、しかも女教師姉妹と母娘という欲張りな主人公のようですね(苦笑)ヒロイン設定でハーフがいたり未亡人がいたりというのは分かりますが、姉妹や母娘のカップリングは誰と誰だろう?年齢からして義母娘でないと合わないよね?と余計なことを考えてしまいました。






神瀬知巳『熟女お手伝いさんと僕 ワンルームでふたりきり』

「本当にたくましくなられて……反りも長さも……」
張りつめた肉茎を指であやし、蕩けた貌を寄せる百合子。
ひとり暮らしを始めた涼一の部屋にやって来たのは、
幼い頃から身の周りの世話をしてくれた36歳の未亡人。
掃除、洗濯、料理はもちろん、ムラムラしたら性処理まで!
熟女お手伝いさん――それは夢のように淫らな「恋人」!



今年は4月に続いて早いペースでの刊行のようで、『ふたりきり』という題名は前作でもやったばかりじゃん!という突っ込みはさておき…。単独ヒロイン作品だとすれば『ふたり暮らし【義母と甘えん坊な僕】』もありましたし、果たして今回はどんな仕上がりになるのでしょうか。






御堂乱『孕蔵【くら】未亡人兄嫁と若兄嫁』

「僕の子を孕むまで義姉さんはこの蔵を出られないよ」
ねっとり突き上げられる媚肉、奥まで届く長大な肉棒。
身体をブルブル震わせ、汗の粒を雪肌に滲ませる友梨恵。
兄に虐げられた弟の憎悪は、憧れの美しい兄嫁へ!
暗い蔵の中、身も心も縛りつけた24歳にぶつける欲望。
青狼の毒牙はもう一人の未亡人兄嫁(32)へも……



最近は熟女戦隊ヒロインなどかなり尖った設定の作品が多かった印象ですが、本作では二人の兄嫁を蔵に閉じ込めて調教する凌辱作品の王道らしい展開のようですね。






弓月誠『ママくらべ 友人の母、彼女の母、僕の義母』

「他のふたりはもっと上手なフェラチオだったの?」
亀頭を唇に含み竿肌に舌をねっとりと這わせる裕子。
美和子や明奈とは違う心地よさに智之は溺れた!
三人の「ママ」に優しく施される日替わり手ほどき。
極上クンニ、甘蜜シックスナイン、騎乗位交合……
熟肉を堪能し、身も心も翻弄される性の楽園、開幕!



『喪服の女に僕は耽溺れる』以来約1年振りの刊行となりますが、弓月誠作品らしく情交場面の濃厚さと切なさを感じさせるエンディングは保証済みと言って良いでしょうね。(もしかして彼女に収斂される結末とか…?)楽しみにしています。






相馬哲生『新妻狩り、隣人妻狩り、エリート妻狩り』

柔和な笑顔が男を虜にする弁当屋の新妻・みゆき(32)
上品な雰囲気に似合わぬ豊満ボディの隣人妻・優月(30)
怜悧な美貌を鼻にかける高慢なエリート妻・櫻子(34)
美しい人妻たちを、口説いて、奪って、堕として、
手なずけ、操り、調教し、ベッドで服従を誓わせる!
夫ではない男の腕のなか、人妻は淫らな美獣に変わる!



「狩り」なので間違いなく凌辱作品だと思いますが、相馬哲生作品は展開のあやでヒロインに主導権を奪われることも少なくないてすから、本作も40代主人公がねちっこく攻めていくうちにヒロインが乗り気になるかもしれませんね。ヒロインが三人と思いきや、未玖というミスキャンパスのヒロインも登場するようです。






DSKさんのブログ記事では9月の「気になる」官能作品をピックアップなさっています。

2017年9月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫 2017/9/26 発売新妻狩り、隣人妻狩り、エリート妻狩り(著:相馬哲生)→ → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。柔和な笑顔が男を虜にする弁当屋の新妻・みゆき(32)上品な雰囲気に似合わぬ豊満ボディの隣人妻・優月(30)怜悧な美貌を鼻にかける高慢なエリート妻・櫻子(34)美しい人妻たちを、口説いて、奪って、堕として...
2017年9月の気になる官能書籍




◎美少女文庫2017年9月刊情報


当初は3冊刊行予定でしたが、諸般の事情?により2冊に減るようです。






朱月十話/兎塚エイジ(イラスト)『中堅冒険者と年の差パーティのごく幸せなハーレム』

とっておきの下着姿で、お尻を高く掲げてグウィンの子供を欲しがる三人の〈幼妻〉。
「冒険者も続けますが、先生の赤ちゃんならフェリアはいつでも欲しいです!」
「わらわも同じ気持ちじゃ。エルフと人間ではなかなか孕まぬからいっぱい注いでくれ」
「わぅー! アニスも、赤ちゃんつくれる!グウィンの赤ちゃん、いっぱいつくるぅ!」
 三人のショーツをそれぞれずらし、思い思いに挿入する――22歳年下の姫騎士フェリアの中へ。
80歳近く離れたエルフ・セプティナの中へ。25歳年下の天狼少女アニスの中へ!
(俺は、ただの中堅冒険者だったはずなのに、まさかこんなハーレムが待っているだなんて)
 年の差パーティギルド『灰色の狼亭』の物語はこれからも続いていく――かけがえのない幸せとともに。








ほんじょう山羊/ひなたもも(イラスト)『オカされ上手な河合さん』

「ふーん……アナルセックス、なんかに興味あるんだ。やっぱり東方くんは変態なんだ」
 言葉だけではない。春香は尻を突き出すような姿勢まで取って見せてきた。スカートの裾を捲り上げ、ギリギリ下着を見せない程度まで引き上げる。そして、とどめをひと言。
「東方くんは――ヘ・ン・タ・イ」
 ブチッ――!
「襲われるってわかってて、俺をからかってんだろ! 望み通り、変態でからかい上手な河合さんを犯してやるよ!」
 机に顔を押しつけられ、下着を引き下ろされる。尻たぶを広げられて肛門が晒される。
(東方くんって、本当に……最高ね)
 ドM系からかい女子・河合春香は、胸をキュンキュン高鳴らせる。








◎10月刊情報


・フランス書院文庫(10/23刊行予定)

山口陽『本当は淫らな艶熟女 幼なじみの母、美尻社員、兄嫁』

多久間太『嫁調教 息子の嫁、隣の嫁』

小日向諒『母娘休暇 てほどきは義母と美姉妹から』

上条麗南『都合のいい身体 妻の母、妻の妹は言いなり奴隷』

なぎさ薫『したがり先生 人妻家庭教師と女教師ママ』

夢野乱月『甘美なる隷従』





・フランス書院文庫X(10/10刊行予定)

御前零士『孕み妻【優実香と果奈】』




(ああ、裂けちゃうっ……あのひとより大きい)
屈強な黒人男性に組み敷かれる日本人妻。
野獣のような腰遣い、吹きかかる荒い息……
眠る夫のそばで抉り込まれる黒光りする巨根。
28歳と25歳、種付け調教される清楚妻たち!



藤崎玲『美獣姉妹【完全版】』




学園中の男から羨望の視線を浴びるマドンナ姉妹が、
教え子の奴隷にされているとは!
姉妹浣腸、アナル姦、校内奉仕……
熟尻を掲げ、責めを乞う姉に妹ができる慰めは、
美尻を並べ、恥辱を分け合うことだけだった……



・美少女文庫(10/20刊行予定)

わかつきひかる/うるし原智志(イラスト)『処刑姫リーゼロッテ』

葉原鉄/Zトン(イラスト)『まものフレンズ 黄金竜、クラーケン、ユニコーン、コボルト、バジリコック』

井の中の井守/魔太郎(イラスト)『太閤Re:志伝』

※わかつきさんの作品のみリンク先は版元ドットコムさんとなっています。(9月刊行予定時の情報と基本的に変わらないと思われます。)

こちらの二作品は11月以降刊行予定だと思われます。

ほんじょう山羊/笹森トモエ(原作・イラスト)『サキュバステードライフ(仮)』

みかど鉄狼/米白粕(イラスト)『勇者を引退したからロリエルフ村で暮らそう(仮)』


9月刊行分から気にはなっていましたが、フランス書院文庫の題名には(仮)がありません。というのは9月の正式タイトルで修正すべき点は(仮)を消すことだけで、よく見ると始めから(仮)なんて付いていないと気付いた次第でして…。フランス書院文庫Xや美少女文庫には(仮)が付いていますし、確かに正式タイトルと多少異なる部分がありますね。(仮)の方が端的に作品内容をバラしていることもあるし、こう変えたんだと比較するのもそれはそれで楽しみだったのですが…。

前置きはさておきフランス書院文庫からいきますと、山口陽さんは久々の黒本刊行となりますがこちらは『特選小説』誌で書かれた短編を集めたものかと思われます。まぁ数作品は新規書き下ろしかもしれません。Twitterを拝見しますと現在自宅療養中とのことで、早い回復を祈るばかりですね。官能作家の方々は座りがちなお仕事ですから、腰や肩などに負担が掛かりやすいかもしれませんね。

小日向諒さんは今年二冊目の刊行となります。小日向作品でお馴染みの作品間リンクがきっとあると思うので、過去作品の再レビューの際には何かヒントが見付かるかもしれません。なぎさ薫さんはどうやら第18回官能大賞の特別賞受賞作品とよく似た設定のようですから、恐らくそこからのデビューのようです。


公式ホームページより講評記事を抜粋しています。(一部手を加えています)

「第18回フランス書院官能大賞」結果発表(公式ホームページ)

■特別賞

『年上レッスン 義母と家庭教師』

少年が人妻家庭教師から青いレッスンを受ける話。正直、文章には荒削りな部分も多い。「小説」としての上手さならば、本作よりも完成度の高い作品は他にたくさんあった。
しかし、ヒロイン、特に女家庭教師の魅力に引き込まれた。ベッドでの少年と家庭教師のセリフのやり取り、特にヒロイン側のセリフにはゾクッとさせられた。
これは誘惑小説においてもっとも大事なポイントだ。魅力的なセリフを作れるのは著者が持つセンスだろう。地の文は書いていくうちに上達できるが、セリフのセンスは誰にも教えられない。



若干気になるのは『なぎさ薫』というペンネームでして、『最後のシ◯』のような響きを感じさせます。(管理人談:この原作をよく知らないもので、ペンネームで検索したらあぁ…と納得した次第です。)誰かをもじったペンネームの可能性は…、それ故に新人賞ではなく特別賞に選ばれた可能性も高いかもしれませんね。






遅くなりましたが拙ブログ開設から(もうとっくに)4年となりました。相変わらず長いだけで読み苦しいレビューで恐縮ですが、今後とも宜しくお願いいたします。
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017年9月の気になる官能書籍

2017年9月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ! ▼フランス書院文庫 2017/9/26 発売 新妻狩り、隣人妻狩り、エリート妻狩り(著:相馬哲生) → Amazonはコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 柔和な笑顔が男を虜にする弁当屋の新妻・みゆき(32) 上品な雰囲気に似合わぬ豊満ボディの隣人妻・優...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR