FC2ブログ

リンク追加のお知らせ

FC2ブログ上で私と同様に、と言っては失礼に当たる程大先輩の愛好家Sさんのブログ官能小説★綺羅光作品テイスト

に当ブログのリンクを貼って頂きました。


ブログタイトルでお分かりの通り、Sさんは凌辱小説の大家でいらっしゃる綺羅光さんを中心に、幅広くレビューされております。
私もレビューブログを始めるに当たり、フォームを参考にさせて頂いてます。

誠に有り難うございます。

こちらからもリンクさせて頂きました。

今後とも宜しくお願い致します。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

官能小説だけで500冊を超えるとは、すごいですね。私は、処分したものを含めても、官能小説はおそらく350冊ぐらいで、ほとんど処分したマドンナメイトの告白ものを加算したとしても400冊台前半だと思います。

私は、読んでいる作家が限定的なので、本ブログを参考にさせて頂きたいと思います。

ロムる方が多くなると思いますが、今後とも、よろしくお願い致します。

>愛好家S様

コメント頂き有難うございます。

確かに官能小説だけで500冊って言うと大抵は驚かれますよね。家族の居る手前、一応手元には200冊程度に押さえていますけど…。
ある程度纏め方のパターンが固まって来たせいも有って、大分レビューのストックが溜まって来ました。
来月は芳川葵さんの全作品をやりたいなと読み返しています。
これからも宜しくお願いします。
プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR