FC2ブログ

羽沢向一「人妻vs.熟女 僕だけの太腿」

羽沢向一「人妻vs.熟女 僕だけの太腿」
(フランス書院文庫、2012年8月、表紙イラスト:ISAmu)

ネタバレ有り。御注意下さい。2015年4月18日レビュー再編集。

作品紹介(公式ホームページ)

【あらすじ】

町内の草野球にたまたま助っ人として参加した志郎。互いに敵対する2組の草野球チームの監督から目を付けられ、それぞれの熟女チアリーダーから肉体を使ったスカウト合戦を受ける事に。

【登場人物】

正岡志郎
18歳?大学1年生。高校生の時まで野球に打ち込んでいたが適性に限界を感じ、現在は野球をしていない。たまたま参加した草野球の試合で活躍したのが仇となり、ニュータウンvs.商店街の争いに巻き込まれる。祖父の影響で将棋も得意。童貞。

西城奈生美
35歳。ニュータウンの邸宅に住み、会社創業者の義父の趣味で始めた草野球チームを応援する熟女チアチームの隊長。1つ年上で社長の夫は仕事人間の為、彼女に興味を持たない。商店街育ちで幼馴染みの涼子をライバル視している。主人公の事を志郎君と呼んでいる。巨乳。

東堂涼子
33歳。亡き父の跡を継ぎ寿司屋の大将になった。海外赴任の夫とは上手くいっていない。奈生美とは幼なじみだがライバル関係に有り、商店街の草野球チームのチアリーダーを務める。陸上経験者らしくショートヘアで美脚の持ち主。志郎くんと呼んでいる。巨乳。

鴨居静香
28歳。奈生美のチアチームに所属している。夫とは仲が良いが撮り鉄の趣味から不在がちで、外では若い男をつまみ食いする趣味も。初めは興味本位だったが、奈生美への対抗意識から次第に志郎に嵌まっていく。志郎ちゃんと呼んでいる。巨乳。

空木亜矢
36歳。町内で銭湯を営み、涼子のチアチームに所属。夫との仲は良いが他の男に抱かれるのを喜ぶ趣味が有り、市外のナンパスポットで男漁りさせられる内に男を歓ばす事を身に付けた。スレンダーながらも巨乳でお淑やかな性格で、志郎さんと呼んでいる。

【展開】

奈生美の義父が監督を務める草野球チームで助っ人参戦した志郎は、試合が終わるなり静香のRVに連れ込まれ誘惑されるも、夫が帰宅するとの報せを受け本番まであと一歩という所でお預けを食らってしまう。

翌日西城会長の案内で邸宅にやって来た志郎は自分の草野球チームに入って欲しいとスカウトされるが、野球から身を退いたのでと断る。その後取り敢えず食事でもと誘う奈生美の欲情的な姿に、志郎は導かれるまま童貞を卒業するのだった。

翌日本屋にいた志郎は西城会長と敵対する商店街の会長に誘われ同じようにスカウトを受けるが、その後で涼子の寿司屋で歓待を受ける内に酔い潰れてしまい、介抱する彼女の鍛えられた美脚に見とれて舐め回し、後背位で交わる。

翌朝帰宅した志郎は、亜矢から送り付けられたDVDに従いその晩彼女が女将を務める銭湯へ向かうと更衣室で口唇奉仕を受けるが、翌朝亜矢に焚き付けられた涼子も加わり2人がかりで女湯で泡まみれになりながら歓待されるのだった。

情事を済ませた翌日今度は静香の来訪を受けた志郎は彼女の自宅に連れ込まれると、自ら変わりたいと望む奈生美の後ろ手に手枷をさせると、鴨居家のあちこちで遊びに興じた後寝室で2人からアナル処女を捧げられ立て続けに貫いて射精する。

翌週大学生らしい日常生活に戻った志郎だが、ある晩静香の連絡を受け小学校の体育館へ向かう。チアコス姿の奈生美と涼子は志郎を取り合いになり険悪な雰囲気になりつつも、示し合わせていた他の2人の計らいで手打ちとなり皆でチアの演技を披露する。
散々魅惑的な身体で挑発を受けた志郎は熟女たちにご褒美とばかりに奈生美、涼子、静香&亜矢の順にパイズリを要求して射精すると、次々に彼女と交わるのだった。

【レビュー】

美少女文庫やリアルドリーム文庫などで著作を重ねる作者の2作品目で、明るくライトな雰囲気とほど良く散りばめられたコメディ要素が読みやすい印象を与える。
ヒロイン4人とも人妻で20代後半~30代な為、タイトルの「人妻vs.熟女」の選択は少々的が外れているように思えるが、今の時代の女性は40代でもまだまだ若々しい位だから単に人妻属性で展開しても良かったのかもしれない。

メイン格の奈生美と涼子による女性同士のいさかいに、生真面目な2人に変化を与えるサブ的な存在の静香や亜矢を交えた「2vs.2」の構図が上手く出来ており、単調な個別攻略の積み重ねに留まらないのは好ましく感じられる。
因みに静香と亜矢に付いては単なるセックスフレンド、奈生美と涼子は恋人扱いとしっかり区分けされている。

作者の趣向からか全員巨乳属性で似たり寄ったり、しかも胸を攻められる位の前戯レベルで早々と達してしまうのは少々もの足りない印象ではあるが、多数ヒロインもの特有の紋切り型の流れにならないように配慮した構成は流石経験豊富な作者らしいと言えるだろう。

【トラックバック】

DSKさんのブログでも本作を紹介なさっています。
人妻vs.熟女: 僕だけの太腿 (フランス書院文庫)(2012/08/27)羽沢 向一商品詳細を見る食べ頃の果実のような甘い女薫を放つ熟女の美尻。羞恥に頬を染めつつ迫って来る悩ましき人妻の美乳。完熟ふとももの奥には甘蜜したたる最高の秘苑が……奈生美35歳、静香28歳、涼子33歳、亜矢36歳。僕をとことん狂わせ迷わせる素敵なふともも美人たち。体がいくつあっても足りない!――夢の楽園戦争!★★★★☆ ジュブナイルポルノっぽい明るいテイスト...
人妻 vs. 熟女-僕だけの太腿(著:羽沢向一、フランス書院文庫)


みきりっちさんのブログでは作者のリアルドリーム文庫の作品を紹介なさっています。
リアルドリーム文庫 熟女がブルマに穿きかえたら熟女がブルマに穿きかえたら ママさんバレーパラダイス(リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 13.12.04羽沢向一 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 5,302Amazon.co.jpで詳細を見る11月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、両親が仕事で不在なため、叔母の「夏美」(なつみ)の家に厄介になっています。そんな夏...
リアルドリーム文庫 熟女がブルマに穿きかえたら レビュー


これは設定をちょっといじっただけ…? な気がしなくもないですね。
関連記事

tag : 大学生主人公 童貞 熟女限定

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR