FC2ブログ

弓月誠「家庭教師・美咲【年上個人授業】」

弓月誠「家庭教師・美咲【年上個人授業】」
(フランス書院文庫、2005年12月、表紙イラスト:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)




【あらすじ】

大学受験を控えた卓也は、家庭教師の美咲から婚約者の存在と来春に結婚する事を聞かされてショックを受けるが、卓也の想いを知った美咲は卒業するまでの期間限定の恋人になる事を告げる。

【登場人物】

盛本美咲
26歳。卓也の家庭教師だが本業はピアノ講師で、イタリアの音大に3年間留学していた経験もある。来春に婚約者と結婚を控えているが、卓也の想いを真摯に受け止め期間限定の恋人に。やや冷たさを感じさせるような美貌と肩まで伸ばしたサラサラの髪型が知的な印象を与える。バスト90cmを越える巨乳。

宮沢卓也
大学受験を控えた17歳の高校3年生。高校受験の時から3年間家庭教師を務めた美咲に対し、ほのかな恋心を抱いて来た。童貞。

【展開】

ある夏の日の授業でいつものように甘ったれた態度で接する卓也に対し、美咲は奮い立たせるつもりで来年はもう家庭教師は出来ないと来春に結婚する予定だと告げる。自分の不用意な一言で卓也に押し倒された美咲は教え子の気持ちを汲み取り、若勃起に唾液を垂らして甘い手コキで射精させると、二回目は口唇奉仕を仕掛けて顔面に精を浴びてしまう。

翌週美咲は卓也に家庭教師を休むとは告げられずに自分の部屋で悩んでいると、少年が自転車をこいで汗だくで訪ねて来たのを見るや、来春までの半年間卓也と真摯に向かい合おうと決意を固める。キャミソールを脱いで巨乳を露わにすると卓也の好きなように甘えさせ、自分はお返しとばかりに手で勃起を扱ぎ立て、更に馬乗りになってパンティの股布をずらして秘所を見せてあげる。彼の必死な愛撫に感じ始めると、向きを変えてシックスナインになり迸りを口で受けるのであった。

秋を迎えて週一だった授業を増やした甲斐もあって、卓也の成績は志望校を十分に狙える範囲までに達したが、美咲は仕事と家庭教師と結婚準備の疲れもあって居眠りをしていた間に唇を奪われる。そして日頃頑張っているご褒美として全裸になると、口唇奉仕だけでなく乳谷に勃起を挟み込み、舌先で尿道口を弄って激しい射精に導いてあげる。

卓也の愛撫のテクニックは瞬く間に上達し冬を告げる頃には四つん這いにされて指ピストンと淫核舐めで絶頂を迎えるようになるが、美咲は教え子が性戯に溺れるあまりに勉強時間が減っていることに不安を感じ始めていた。案の定卓也の模試結果が悪かったのを見て美咲は原因を聞くと、セックスがしたいんだとストレートに返されてしまい、単に彼を弄んでいただけではと反省する。そして卓也が期末試験でクラストップ3に入ると、約束した通りクリスマスイブの夜に自分の部屋へ招き、寝室で絡み合い正常位で筆下ろしに導いてあげる。

翌春卓也が無事志望校に合格したのを見届けると、美咲は挙式の三日前に両親が不在の彼の家を訪ねると、流石にこの時期にと躊躇する卓也を促して二回目にして最後の交わりに臨む。婚約指輪を外すのも忘れて浴室でパイズリ奉仕、お掃除フェラでの二度目と立て続けに射精させると、そして三度目は自ら騎乗位で跨がり一夜限りの関係に溺れていくのであった。

【レビュー】

序盤で美咲は既に来春に結婚し卓也の進学に伴い別れる事を前提として、季節のイベントに絡めた期間限定の恋人関係を綴ったシンプルな展開の誘惑作品である。
誘惑でも凌辱でもありがちな展開として婚約者のいるヒロインが主人公との交わりに愉悦を感じ、社会的(対外的)には伴侶との関係を維持しながらも主人公が一番となることはあるが、本作ではそうはならない。まさに「甘美系誘惑小説の頂点へ」の帯のキャッチフレーズの通り、一対一の主人公とヒロインとの真摯な関係が描かれている。

その為かヒロインの心理描写において婚約者との大きさや技巧の比較は一切無いし、主人公も彼女にそんな意地悪なことは聞いては来ないので、婚約者に隠れて情交に及ぶ背徳感には欠けるもののそれを越えた次元で愛情物語としては十分だと思う。まだ弓月誠作品お得意の「」付きの擬音表現は控え目な時期でもあり、古さを感じさせない作品と言って良いだろう。

DSKさんのブログでも本作をご紹介なさっています。
2005/12/23 発売家庭教師・美咲-年上個人授業著:弓月誠、フランス書院文庫→ Amazonはコチラから。→ Kindle版はコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉→ ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉→ 総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。「受験までだからね、こんなことしてあげられるの」 憧れ続けた90センチを超える美乳に甘え溺れた夏の夜。 授業中、27歳の秘蜜の果実をむさぼりつくした秋の日。 ...
家庭教師・美咲-年上個人授業(著:弓月誠、フランス書院文庫)

本作が刊行される前には、当時度々刊行されていたアンソロジー作品で短編を書かれていたこともあります。

僕の隣人【黒い下着と美臀】 (フランス書院文庫)
結城 彩雨、櫻木 充、麻実 克人、弓月 誠、冬野 蛍、北都 凛、赤星 優一郎
フランス書院
2012-08-17



拙ブログでの参考記事はこちらからどうぞ。
弓月誠「憧れの未亡人叔母 浴衣姿がまぶしすぎて」(フランス書院文庫、2005年8月)ネタバレ有り。御注意下さい。本作はフランス書院文庫アンソロジー「僕の隣人 黒い下着と美臀」に収録された短編です。僕の隣人【黒い下着と美臀】 (フランス書院文庫) [Kindle版]結城 彩雨、櫻木 充、麻実 克人、弓月 誠、冬野 蛍、北都 凛、赤星 優一郎フランス書院2012-08-17【登場人物】里中光一高校2年生。父親と母親と三人で暮らしている...
弓月誠「憧れの未亡人叔母 浴衣姿がまぶしすぎて」



当時のアンソロジーの位置付けとしては、凌辱と誘惑それぞれのベテランから中堅作家さんまで一堂に介し、そして新人作家さんの登竜門的なものでもあったのかもしれませんね。弓月誠氏も当時はデビュー2年目の売り出し中でしたが、本編のレビューでもあげたように帯にキャッチフレーズを付けるほどの力の入れようだったと推察いたします。

とアンソロジー繋がりで…。




2016年現在では黒本の誘惑作品のベテランとなった作者が、久々に刊行されるアンソロジー作品に参加となります。ラブコメ風の印象がすっかり定着しただけに、どの題材で描かれたのでしょうね。気になります。
関連記事

tag : 高校生主人公 童貞 単独ヒロイン作品

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家庭教師・美咲-年上個人授業(著:弓月誠、フランス書院文庫)

2005/12/23 発売 → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<電子書籍> 「受験までだからね、こんなことしてあげられるの」 憧れ続けた90センチを超える美乳に甘え溺れた夏の夜。 授業中、27歳の秘蜜の果実をむさぼりつくした秋の日。 クリスマスに待っていた、優しく締めつける女膣の温もり。 先...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR