FC2ブログ

響由布子「みだらスーパー銭湯」

響由布子「みだらスーパー銭湯」
(竹書房ラブロマン文庫、2017年2月、表紙イラスト:大柴宗平)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)





【あらすじ】

童貞サラリーマンの豪志は飲み会の帰りに自宅近くのスーパー銭湯を通り掛かり、内風呂で美女二人が絡み合う姿を覗き見る。覗きが見付かり逃げ損ねた豪志は二人に捕まり、目隠しをされたまま一方的に筆下ろしをされてしまい、その甘美な記憶をたどりながら二人にまた逢いたいと、週末になる度に銭湯に通い詰めることに。


【登場人物】

君田豪志
25歳。入社三年目の営業担当のサラリーマン。女運がなくあまり良い思いをしたことがないようで、ごく平凡な青年。自宅近くのスーパー銭湯の「湯快の里」に月三回は通っている。

添田美津子
32歳。「湯快の里」オーナー夫人だが、肝心の夫は入院中でセックスレスに陥っている。若くして両親を失い妹の奈美恵と苦労して生活していたせいか、鬱憤を晴らすかのようにセックス中毒に陥ってしまう。夫が入院してからは銭湯にやって来る男性客を漁り次々と関係を持つが…。淑やかな美貌と肉感的な身体付きの熟女。男の子がひとりいる。

添田奈美恵
25歳。美津子の実妹で会社勤めをしているOL。短大まで通わせてくれた美津子に感謝してはいるが、淫乱体質で男にだらしないのを見て男嫌いになり付き合いが長続きせずにいた。覗きに来た豪志に興味を抱き、初めて自分から声を掛けることに。スレンダーな身体付きと華やかな印象を与える美女。

土屋香澄
22歳の銭湯でアカスリを担当する従業員。金髪で派手目な印象で小柄な割には、合気道の有段者である。オーナーの後輩でヤンチャしていた頃に遊び相手になっていたこともあるが、美津子が夫に隠れて男漁りをしているのを知って腹を立て、豪志に美津子は淫乱だと告げ口し情報提供する。

森村麻衣子
30代の銀行員。銭湯の常連客で、担当する窓口でどうやら豪志と何度か顔を合わせたことがあるらしい。自らお局様と言うくらいだが、酔いに任せて豪志に渾身の告白をして交わりを持ったものの…。


【展開】

会社の飲み会で酔って帰宅する途中だった豪志は「湯快の里」の板塀沿いを歩いていると、塀の壊れているところから露天風呂が覗けていて出来心もあって中へ侵入する。そこへ露天風呂から続く内風呂から女同士の睦み合う声が聞こえてきて二人のレズり合う姿を覗いていたが、物音を立ててしまい逃げようとして足を滑らせ強かに頭を打って気を失う。そして目を覚ますと目隠しと手を縛られていることに気付くが敢えて気絶した振りを続けると、二人に勃起を観察され玩具扱いを受けている内に、秘肉に包まれているのを知って思わず叫んでしまう。あえなく中出しした豪志はなおも二人に弄り回されると、再び騎乗位で跨がられて二度目の中出し性交に至る。そして豪志はもう一人の女にも跨がられ、先ほどとは違い固くて締め付けの強い膣穴の中に再び射精してしまう。

不法侵入の件は大したお咎めもなく帰された豪志は、二人の会話から銭湯の従業員と知ってもう一度逢いたいと思い、週末に「湯快の里」にやって来る。張り込むつもりでいた豪志は突然奈美恵に声を掛けられて甥っ子の子守りを頼まれるが、子供がラーメンをこぼして股間に掛かり熱いと叫んでいると、すかさず美津子が現れてうちの子がすみませんと介抱される。しばらくして奈美恵が岩風呂から戻り二人が姉妹だと知るが、子供を押し付けられ何か言いたそうな奈美恵をよそに、豪志は美津子からお詫びに家族風呂に入ってと勧められてしまう。不躾な視線を受けても余裕たっぷりな美津子に誘われて身体を洗ってもらい、浴槽のなかで対面座位で交わってしまうが、そのせっかちなまでの交わりに豪志は一度は秘所を見せて欲しいと求める。そして美津子のレクチャーを受けているうちに、ムラッと来て正常位で二度目に及ぶのであった。

次の週末に豪志は銭湯にやって来ると、休憩所のお気に入りの席で奈美恵が待ち受けていたのを見て苦い表情を浮かべるが、開口一番姉とセックスしたことを指摘され動揺を隠せない。美津子に付いて何か隠しているようで豪志の質問はのらりくらりとかわすが、奈美恵は姉のことを考えたら自分もエッチなことがしたいと誘い仮眠室に連れていく。座布団を衝立代わりにして手短にと言われるが、豪志は他の客が仮眠にやって来て声を出すまいとする奈美恵の姿に触発され、指や舌を駆使しアクメに導くと激しい腰遣いで中出しする。しかし奈美恵は態度を一変させ、続きを求める豪志に目もくれずに立ち去ってしまう。

豪志は添田姉妹がどうやらあの二人組だと気付くものの、苦労して生活してきたことが引っ掛かり、週末の度に銭湯のあちこちを回っては正体をつかもうとしていた。今日はアカスリ担当の香澄に施術をしてもらうが、触われ慣れせずにたちまち勃起してしまった豪志をからかうように彼女は質問に答え、美津子の男漁りの経歴を明かす。情報収集のつもりが本番まですることになり、まずはシックスナインで香澄を潮吹きさせると次は騎乗位で、フィニッシュは立ちバックに及んでしまう。オーナーにチクっちゃうという香澄を豪志は何とか説得するが、美津子が従うかは分からないわよと返される。

銭湯の従業員に聞き込みに回る豪志だが、ある週末にいつもの休憩所の席に行くと、麻衣子と名乗る美女がほろ酔いで待ち構えていた。麻衣子から自らの素性を明かされいきなり告白された豪志は、彼女に誘われるままに岩盤浴の浴室に連れていかれる。入って三分もせずに麻衣子から近寄って来て、防犯カメラの死角に入るところでのパイズリ奉仕を受けたり、シックスナインで潮吹きさせたりするといよいよ本番を迎える。中出しだけはダメと言われ精液を嚥下してもらい、次の休日に逢う約束を取り付けるが…。

結局次に逢うことはなく麻衣子にフラれてしまった豪志だったが、美津子からLINEでの誘いを受け、出来たばかりの屋上の露天風呂で逢うことに。しかしそこには美津子だけでなく奈美恵も連れて現れ、豪志は何か隠していることがあるはずと追及を受ける。素直に筆下ろしの一件を話すと、美津子は笑顔を崩さずにいたが奈美恵は耳まで真っ赤に染めていて認めたも同然である。事情を知った豪志は素直に受け入れるとまずは美津子の治療からだと言って対面座位で繋がるが、奈美恵も姉の淫核を指で愛撫して参戦する。そんな奈美恵がいとおしくて豪志は射精を堪えて奈美恵を抱くと、美津子も自分がされたように言葉責めも交えて辱しめを与えていく。二人と一戦を終えて豪志はまだ隠していた秘密を知ってまるで試されているみたいじゃないかと膨れてみせると、姉妹に後ろでの交わりをさせてくれるなら許すと条件を出す。美津子、奈美恵の順に交わり腸内に精液を吐き出したが、後ろから美津子に抱き付かれて熟女の情念の深さに思わずたじろぐのであった。


【レビュー】

『ゆうわく透明人間 みだらデパート』以来約半年ぶりの新刊で、今回はスーパー銭湯を舞台にしたど直球の誘惑官能作品となる。作中で何度も浴槽に入るから女性は館内着のなかは下着を着けない、アカスリでは女性の方が男性よりも遥かに多いなどと記述がなされており、作品に彩りを添えようとする一工夫が女流作家らしいところと言えるのだろう。

あらすじにあるように主人公【豪志】はある晩にスーパー銭湯の板塀が壊れていることをいいことに館内に侵入するのだが、女性たちが睦み合っている姿を覗き見てバレてしまい、目隠しをされたまま甘美な筆下ろしをされてしまう。二人組が銭湯の従業員と知って豪志は週末になると入り浸りとなり、正体をつかもうとする…というのが大まかな流れである。

メイン格のヒロインは銭湯オーナー夫人の【美津子】(32歳)と妹の【奈美恵】(25歳)であり、先に挙げたように二人組の正体はこの姉妹である。貞淑そうに見える姉が男なしにはいられない体質で、苦労して育ててくれたのを目の当たりにしているだけに、妹も姉の淫乱さを嫌いながらも幸せになって欲しいと健気な一面も見せる。スーパー銭湯を舞台に従業員や常連客ならではの熟知した死角を使った情交場面は楽しくもあり、他の客に見られるスリルも楽しめてと竹書房ラブロマン文庫らしい作りである。

ヒロインはこの姉妹の他にヤンキー系でアカスリ嬢の【香澄】(22歳)と酔いの勢いで豪志に告白するアラサー銀行員の【麻衣子】も登場し彩りを添えるが、特に麻衣子に関しては一章で出番が無くなり主人公がフラれてしまうので、終盤で本カノとしての役割を持たせても良かったのかな…とは思う。
関連記事

tag : 社会人主人公 童貞 姉妹丼

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR