FC2ブログ

美少女文庫1月刊発売情報

寒い日が続いています。降雪のあるところも無いところも路面の凍結などが考えられますので、足元にどうぞご注意ください。

2017年を迎えて、つい先日には新年会に招いていただきました。そのお礼といってはなんですが、美少女文庫に付いて直近の発売情報をご紹介したいと思います。


●美少女文庫2017年1月刊情報

1月の配本日は1/18です。配送状況により若干の遅れが…って、これは公式のお仕事ですよね。




ほんじょう山羊/ぐじら(イラスト)『淫魔とギャルと男の娘は俺の嫁!?』

淫魔とギャルと男の娘は俺の嫁!? (美少女文庫)
ほんじょう 山羊
フランス書院
2017-01-20



「お兄さん……早すぎ、出しすぎです……」義妹、もとい義弟の有紀のお尻マ××に精を搾り上げられて……
「ニシシ♪ 次はあたしの番ね!」今度は黒ギャル・莉子にまたがられて、激しく騎乗位ピストン!
セックスするなら、運命の相手、お嫁さんとだけそんな素敵な夢を持っていたのに
……逆レ○プで童貞を奪われて、男の娘と黒ギャルに穢されてしまった。(滅茶苦茶、気持ちよかったけど)……もう、こうなったら復讐だ!
淫魔リリスと契約して無敵のチ××パワーを手に入れてやる。莉子も有紀もリリスだって、俺のチ××なしにはいられなくしてやる!
メロメロ絶頂漬けに沈め、みんな、性奴隷なお嫁さんに変えて、夢を絶対叶えてみせる!



2017年はまた随分なネタ(誉め言葉です)から始まるようで、イラストのぐじらさんに合わせたようなぶっ飛んだ設定となっていますね。後述しますが、ほんじょう山羊さんは2月にも新刊を出されます。いつもそうなんですが、そのバイタリティには感心しますね。




みかづき紅月/三上ミカ(原作・イラスト)『おやすみせっくす 僕のために眠る妹』




(唯に挿入れたい挿入れたい挿入れたいっ)(挿入れて挿入れて挿入れてっ)
 二人の強い思いが重なり合ったそのとき。(──したいっ!)章の漲りがついにひときわ狭くなった処女膜へとめりこんでいく。
「い、痛っ……っひ! あぁ、ああぁあ!?」身体の奥で何かが音を立てて切れていくのを感じながら、唯はたまらず悲鳴をあげてしまいそうになる。
だが、わななく唯の唇へと章の唇が覆いかぶさり、悲鳴を呑みこんだ。(だ、ダメ……声、我慢しなきゃ……)
(唯、本当に寝てるのか? それとも何されているかわかってて寝たフリをしてるのか?……僕のために!?)



久々のご登場となったみかづき紅月さんの新刊は、同人サークルアクアドロップによる人気作品のノベライズ化ということです。眠る妹との情交という「睡姦」が題材となるようですが、黒本にもそんな作品が複数ありますので、チョイスしたいと思います。

秋月耕太「二人のお姉さん【甘く危険なお願い】」




本作の序盤では姉の万里が弟の和宏の部屋を訪ね、眠っている弟とシックスナインを始めてしまいます。厳密には眠っている弟とエッチには至ってはいませんし、決して普段はこんなに大胆な姉ではないようです。

小日向諒「二十八歳の義姉【初夜】」

二十八歳の義姉【初夜】
小日向 諒
フランス書院
2016-03-18



こちらは血の繋がりのない姉弟のお話で、無意識の内に義姉由香菜からIカップ爆乳の熟れた身体を見せ付けられた駿一が寝室に忍び込み、彼女を破瓜させてしまうまでが序盤の展開です。彼女としても痛みに気付かぬ訳がなく、実は…というのが本作の肝となります。




青橋由高/HIMA(イラスト)『メイドやります!年上お姉さんとツンツン幼なじみ』




「穂乃花さんの腰、イヤらしく動いてますよ、そんなにご主人様のがイイんですか?」
「楓さんだって、なんてエロい顔してんのよ、メイドがご奉仕されるなんて逆でしょ!」
少年の顔面に騎乗したお姉さんメイドと、騎乗位で繋がった幼なじみメイド。
気づけば、二人はお互いをまさぐりながら、競い合うように尻を振り合っていた。
「ダメです、そんなにおっぱい搾られたら」「楓さんたら、またクリいじってくる!」
 穂乃花が楓の豊乳を責めてミルクを搾れば、楓は穂乃花のクリトリスを転がしてくる。
もちろん、その間も二人にまたがられた主たる少年は、クンニリングスもピストンもとめることはない。より濃密な責めでメイドたちに止めを刺しにきた。
「もう無理ぃ!」「イッてしまいます!」



2017年もメイドさんで幕を開けた青橋由高さんの最新作ですが、もう40数作品目となるのですね。HIMAさんとはWお嬢様もの以来のコンビとなりますが、あのHIMAさんですから巨乳より大きいのはいうまでもないですよね。

青橋由高さんのメイド作品と言えば、この作品からスタートしており、基本的に作品同士がリンクした設定なのもこの辺りからではないかと思われます。




一文字違いのこのタイトルですから、何も繋がりがないとは思えませんし、期待して良いのではと思います。






●美少女文庫2016年12月刊情報

以下3作品が発売中です。
















●美少女文庫2017年2月刊情報


鷹羽シン/有末つかさ(イラスト)『マゾノートに支配された生徒会長様(仮)』

ほんじょう山羊/田中あじ(原作・イラスト)『アンスイート 黒瀬勝子&井上愛(仮)』

山口陽/うるし原智志(イラスト)『不死の魔王は姫騎士調教で無聊を慰める(仮)』


※鷹羽さんとほんじょうさんの作品はえすかれです。


鷹羽さんと山口さんの作品はイラスト担当の方との組み合わせを考えると、近年の美少女文庫の方向性の延長上にあるのかなと思います。凌辱とまではいかないけれど、調教路線の印象です。ほんじょうさんの作品はタイトルでお分かりの通り、同人サークル「なまけもの騎士団」の『アンスイート』シリーズからのノベライズ化のようですね。

『アンスイート 黒瀬勝子+再会…』

『アンスイート 井上愛 私は誰を愛してるの…大好きな恋人…それともアイツ…act1』

2/20頃の配本予定です。
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

tag : 美少女文庫

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR