FC2ブログ

高竜也「長く狂った熱い夜 養母【最高の贈りもの】」

高竜也「長く狂った熱い夜 養母【最高の贈りもの】」
(フランス書院文庫、2006年9月、表紙イラスト:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)





【あらすじ】

大学進学を機に実家を離れて上京し、寮に引っ越しすることに決めた浩太郎だったが、魅力的な養母の彩子やその娘の由衣を見て性的関心を抱かずにはいられない。そしてある日眠る彩子の裸体を目の当たりにして…。


【登場人物】

柳沢浩太郎
19歳の大学1年生。父親を亡くし母親も急性白血病で亡くしており、母の看護師であった彩子に成人するまでの養子として引き取られている。実家から都内の大学まで通いで通学するのは不便なため、夏休みを終えた後は大学寮に引っ越しすることが決まっている。童貞。

及川彩子
37歳。看護師として市内の病院に勤めている。夫を病気で亡くし、実家が地元の名家ということもあって暮らしには困らない程度の蓄えがある。

及川由衣
16歳。浩太郎を実の兄同然に慕っており、最近では一人の男性として意識し始めている。テニス部に所属し鍛えられた瑞々しい身体を自宅で見せ付けられ、浩太郎としても意識せずにはいられないが、何とか理性で抑え付けている。処女。


【展開】

授業を終えて帰宅し先にシャワーを浴びた由衣は、浩太郎に見せ付けるようにバスタオル姿を披露するが、それが義理の兄の性欲に火を付けたとは知らずにいた。暫くして洗濯物を出し忘れたと気付いて脱衣所へ向かうと、浩太郎が母のパンティを洗濯機に放り込むのを見て性的関心を懐き、ナンパされていた蒲鉾屋の息子の誘いに乗り自宅を訪ねる。カクテルを飲まされフワフワとしている中で、由衣は突然青年に抱き付かれて腰を密着させられると、目の前でオナニーを見せられて服にザーメンをかけられる。更にソファーに押し倒されそうになり抵抗すると、そこに彼の姉が現れて申し訳ないと謝罪されたものの、男子の性的な一面を覗き見て満足する。

その晩遅く帰宅した彩子は腹上死した患者がED薬を服用してまでセックスしようとしていたと知り性感を触発されながらも、由衣が浩太郎に見せるよそよそしさに二人の間に性的な何かがあるのではと訝る。そして入浴する前に下着を洗濯機に入れようとして既に洗濯が済まされているのはおかしいと気付き、もしかすると浩太郎が下着に悪戯しているのではと思い当たる。相次ぐ性的な出来事に彩子は浴室で思わずオナニーしてしまい、脳裏に浩太郎の一物が浮かべながら絶頂に達する。

そんなある日彩子の誕生日祝いで浩太郎は由衣にもワインを勧めると、早々と酔っ払った由衣を先に介抱して寝室に寝かせ、泥酔した彩子もシャワーを浴びた後は素肌にバスローブを着て眠りについてしまう。すかさず浩太郎は由衣が寝入ったのを確かめると彩子の寝室に侵入し、バスローブの前をはだけさせて魅力的な乳房を舌で舐め回すと、次は開かれた股の狭間に目を剥ける。秘所の匂いを嗅ぎながら舌を差し出し愛液が滲み出すのを見ると、我慢の限界とばかりに剛直を下腹部に向けて擦り始めて射精する。一度の放出で収まらないのは珍しいと女体への執着の強さを感じながら、浩太郎は彩子に握らせながら乳房に再び射精するのであった。

泥酔していたとは言え彩子は熟睡していた訳ではなく、浩太郎に握らされた剛直の硬さを感じながら、浴びせられた粘液の匂いに触発されていた。翌朝彩子は非番とはいえ由衣を送り出すと、浩太郎の反応を見ようともう一度眠りたいからと告げ、彼の目の前で焼酎のストレートを飲み出す。案の定浩太郎が寝室を訪ね、前夜のようにぺニスを握らせようとしたところで目を覚ますと、彩子は曖昧な態度を見せながらもマッサージしてと求める。浩太郎が再び悪戯し始めたところで目を覚まし、物分かりの良い振りをして手で射精に導くと部屋を追い出すが、彩子としてはセックスしたいとの欲求を一層募らせオナニーしてしまう。

蒲鉾屋の息子の一件で浩太郎の性に興味を抱いた由衣は下校して彼の部屋を訪ねるが不在で、彼のベッドに横になっている内に眠ってしまい、性夢を見て目を覚ますと秘所が濡れているのを自覚する。もしかしたら浩太郎がと思いながら階段を降りていて、由衣は足を踏み外し怪我を負ってしまい、結局浩太郎に入浴を手伝ってもらう羽目に。浩太郎が自分の裸体を見て勃起しているのを見て勃ってると囃しながらも、由衣はこのまま終わらせたくはないと添い寝してと要求し身体を密着させ、そんなに辛いならと手で射精に導くが彼が立ち去るとオナニーを始めてしまう。

その晩遅く帰宅した彩子は予想した通り浩太郎が寝室を訪ねて来て快裁を叫ぶが、患者から貰ったブランデーを触媒にして酔うと、浩太郎のしたいように身を委ねる。要所要所で本番だけはと口にするが、その執拗なまでの愛撫に陥落しそうになりつつも、巧みに素股になると挿入を自ら求められない立場を恨みながら快感を得るのであった。

数日後会合で三日間彩子が不在にすることになり、その間に由衣の17歳の誕生日を迎えると、浩太郎は二人で寿司屋で夕食を取り日本酒を口にして酔いを楽しむ。由衣は部屋に浩太郎を誘うと捧げるつもりだったとセックスを求めるが、恥ずかしさのあまり一度手で射精に導いた後で俯いてしまい、それを察した浩太郎はずるい兄でゴメンと謝罪しながら正常位で破瓜へ導いてあげる。

彩子は由衣の振る舞いを見て浩太郎が好きなのか問うと、意外にも本人からは結婚までするかは分からないが浩太郎の役に立ちたいので医学部を目指したいと返される。由衣が大人になったなと実感するなかで彩子はくじ引きで当てた能登への旅行で、浩太郎に全てを捧げるつもりで二人きりで出掛ける。まだ夜は長いと言いながらも家族風呂で浩太郎の長大なぺニスを扱いて射精させると、我慢の限界とばかりに彼を横たわらせて騎乗位で受け入れてしまう。能登での一夜で五度も交わりあられもない声をあげた彩子だったが、家に戻ると一転して貞淑な女の仮面を被り、浩太郎が上京する前夜まで逢瀬を繰り返すのであった。


【レビュー】

養母とその娘という関係性は目新しい設定ではあるが、実母や実妹という関係に近い付き合いであるから、高竜也作品お得意の相姦ものとしては一応成立している。その反面では血の繋がりがないだけに精神的な関係という方が、背徳的な雰囲気も得られているのかもしれない。

彩子、由衣(未成年ではあるが)ともにアルコールによる酔いを借りたペッティング描写が多く、由衣は女子高生ならば逆に酔いを使わない描写の方が納得のいくところもある。本番は意外なほどあっさりなのも高竜也作品らしいが、本作での終盤の盛り上がりを考えればそれで良いのかもしれない。
関連記事

tag : 大学生主人公 童貞 近親相姦

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR