FC2ブログ

鬼木鉄二「禁断の一日 若妻と美母が牝になった時」

鬼木鉄二「禁断の一日 若妻と美母が牝になった時」
(フランス書院文庫、2005年8月、表紙イラスト:村山潤一)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)





【あらすじ】

ある休日に山奥の別荘で母子二人のんびりと一夜を過ごそうとしていた綾子と悠だったが、そこへ逃亡犯の男女が現れる。絵美と名乗った女の思い付きで男に母を犯され、彼女に童貞を奪われた悠は更に母子での禁断の交わりを強いられる。一晩中繰り広げられた凌辱の末に母子が得たものは…。


【登場人物】

雨宮悠
14歳の中学に通う少年。まだ身体は華奢で声変わりしたばかりというのもあって、中性的な印象を与える。母のために山奥にある別荘でのんびりと過ごそうと提案し、やって来るが…。童貞。

雨宮綾子
36歳。夫は2年前より海外で単身赴任中。ひとり息子の悠の成長を見守ることに幸せを感じていたが…。品が良く夫の両親が資産家というのもあって、暮らし向きは良さそう。巨乳。

桂絵美
27歳。殺人容疑で逮捕された夫の剛介を助けようと護送車を襲い、山奥での逃亡生活を始めた。剛介ですら呆れるほどの徹底した快楽主義者らしく、単に自らの欲望を満たすために綾子を凌辱させたり、悠の童貞を奪った末に母子での性交を強いることに。

桂剛介
30代?精悍な顔付きで口調も粗野で見るからに凶悪そうな男。殺人容疑で逮捕されていたが、絵美の手引きにより逃亡し山奥の別荘に侵入したところ偶然にも雨宮母子と遭遇する。

【展開】

一足先に別荘に着いて部屋や庭の掃除を済ませた綾子は、突然絵美に声を掛けられ不審に思いながらも室内に案内するが、そこで桂と出くわしてしまう。堂々と指名手配中だと告げた桂の前で絵美に羽交い締めにされた綾子は抵抗する意志を失うが、間もなく到着する息子の存在を知って企みを思い付いたと楽しそうに話す絵美の表情を見て、得も知れぬ恐怖を抱く。そして悠が到着したのを見計らったかのように綾子は桂に凌辱され、絵美は悠を全裸にすると犯される母の姿を見るように強いるのであった。

これまで母を女として意識したことがない悠ですら中出しされて白濁を垂れ流す淫裂を見て、仮性気味の若竿を勃起させてしまう。絵美によってキスの仕方や女体の愛し方をレクチャーされ、味比べとばかりに綾子の秘所も舐めるように命じられて絶頂へ導くと、絵美に跨がられて騎乗位で童貞を奪われる。更に中出しした絵美の秘所を顔面に押し付けられて、悠は汚された母にもこうして精液を啜り出してあげれば良かったと後悔する。

浴室に移動し悠は絵美に命じられるまま散々母の乳房とその先端を洗わさせられ、更には絵美の指が母の秘所に伸びていき、女性は裏穴を弄られて感じるのだと知ることになる。更に悠は母にアニリングスをしながら、絵美の指が膣内を激しくピストンさせただけでアクメに導かれるのを見てしまう。そして横たわる母に馬乗りにさせられた悠は絵美の狙いが自分のアナルと知るが、前立腺を刺激されて得られる快感に抵抗出来ずにペニスを扱かれながら母の美貌にスペルマを浴びさせてしまう。

夕刻を迎えると又もや絵美の思い付きで母子の身体にジャムを塗りたくり舐め合いっこさせると、口唇奉仕の仕方も知らない綾子のために悠のペニスを使って自らレクチャーする。綾子は薬の効果でたぎったままの桂の剛直に奉仕せざるを得なくなるが、絵美は先にイった方には罰を与えると提案しゲーム感覚で奉仕競争を始めると、明らかに絵美が悠の快感をコントロールしているのに気付くや否や桂が射精し精液を飲まされてしまう。ニヤニヤしながら絵美がご褒美をあげると告げると、綾子は悠の勃起を口に突っ込まされて若樹液を飲まされるが、その刹那桂からバックにさせられて裏穴を凌辱され悠の見守るなかで絶頂へ達するのだった。

夜も深まり舞台を寝室に移すと四つん這いになった絵美は綾子にも同じ格好をさせ、悠にどちらに挿入したいか選択を迫り、悠も母とは出来ないからと絵美と交わり激しく腰を遣ってイカせることに成功する。隣で息子が他の女を抱いていると嫉妬に駆られた綾子は四つん這いのまま股を閉めて秘かに慰めていたが、桂に見付かりやりたいなら口に出してみろと迫られて卑猥な言葉を吐くと、バックで膣内に貫かれながら野太い指で再びアナルを蹂躙される。絵美から後ろの穴なら許されると言葉巧みに唆され、悠は息も絶え絶えの母のアナルに挿入すると、きつい締まりに感動すら覚えてしまい、肉壁を通して感じられる桂のペニスと競い合うようにピストンすると失神するほどの快感を味わう。

翌朝別の部屋で目が覚めた悠は凌辱者たちが消えたのを確認して安堵すると、母を探しに寝室に向かう。乳房を絞り出すように縄で拘束され、椅子に座ったまま眠る全裸の母を見て被虐美を感じ激しく勃起するが、綾子が目を覚ますと性交したいという気持ちを封印し縄を解く。しかし綾子はしたいなら抱いても良いのと穏やかに微笑み、汚された場所をマーキングするかのように執拗な悠の舌愛撫を受け、更に淫核を吸い立てられながら指ピストンで潮を吹いてしまう。正常位で交わった二人は身体を重ねると、じわじわと沸き上がる感覚に身を委ねともに絶頂を迎えるのであった。


【レビュー】

どうして……犯されているのに感じてしまうの?……下唇を噛み締めても、口からもれる快美のあえぎ。
美母が息子の前で穢され、若妻が少年に跨る性地獄。二人でフェラチオを競わされ、美臀を並べて掲げ合う。
さらに強いられるまま、息子の肉茎を迎え入れる36歳。わずか一日で、貞淑な母と人妻は美牝に変わった!

(公式あらすじより)



公式のあらすじと実際の内容にズレがあるのはご承知の通りで、美牝に変わったのは母親の綾子であり、凌辱者である絵美自身は母子を汚すことに並々ならぬ執念を見せ終始リードする立場なのでピントが合っていない気もするのだが…。

山奥の別荘に泊まりに来た母子が逃亡中の容疑者とその妻と鉢合わせになり、快楽主義者とおぼしき絵美によって綾子は夫の桂の巨根で、息子の悠は彼女の玩具にされて汚されていく。粗暴な桂自身は絵美の尻に敷かれているせいもあって、綾子を凌辱するにしても比較的常識的な範囲で、暴力をふるって無理矢理という様子ではない。但し妻の綾子との掛け合いはやや過剰なようで、いちいち状況を語らせるようだとやや気障りでもある。絵美もどうしてそんな嗜虐性を持っているのか、あまり彼女の心理に触れられていないので読み取れる部分からでは物足りない印象である。

一夜で遭遇した事件をきっかけに母子が男女の関係に陥るという設定は良かったとは思うが、ピークを迎えた深夜から翌朝と唐突に終わってしまった感が強く、終盤が尻切れになったのはやや残念である。恐らくは桂と絵美に散々凌辱を受けたと思われる綾子の描写はバッサリとカットされているし、悠も母とのアナル性交で気絶したまま朝を迎えるというのはちょっと物足りないなと感じた次第である。
関連記事

tag : 童貞 母子相姦

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR