FC2ブログ

2016年10月刊情報&11月刊情報

朝晩の気温も20℃を切る季節となり、衣替えを迎えようとしています。そう言えば9月の関東地方はだらだらと曇天続きで、晴れの日が5~6日しか無かったと聞きますから、いかに異常気象なのかが伺えますね…。体調管理には十分ご注意ください。


●フランス書院文庫2016年10月刊情報

10月はフランス書院文庫Xの刊行もあり、合計すると凌辱作品が圧倒的に多い月となっています(涙)景気が良くなると凌辱作品が増え、後退していくと誘惑作品が力を得ると言いますが…景気はイマイチパッとしませんね。

「これから出る本」(公式ホームページ)

※10/6Amazonサイトで書影が反映されたため、更新いたします。




弓月誠『喪服の女に僕は耽溺れる』




「ごめんなさい、ふしだらにもほどがあるわね」
喪服姿で息子の脈打つ熱棒を優しくしごきあげる杏子。
手筒をほどこす義母の吐息は、やがて欲情の嗚咽に……
喪服の下に隠していた美牝の素顔は淫らすぎた!
高校の恩師、妖艶すぎる美熟叔母、ブロンド美女……
忘れられない秘密を僕に教えてくれた四人の未亡人!



表紙絵で描かれている洋装の喪服を纏ったブロンド美女がフランチェスカさん、右の和装の喪服を着た美女が義母ではないかと思いますが…。ヒロイン4人は多めですね。




冬木弦堂『女子剣道部合宿【全員奴隷】』




「いやあっ、お願い……助けて、先生っ!」
「泣いても無駄だ。徹底的に凌辱してやる!」
合宿所に響きわたる乙女の絶叫と野獣の咆哮。
防具は何の救いにもならず、初々しい躰を蹂躙される。
ねじ込まれる肉刀、羞恥に歪む顔、道場に垂れる恥汁……
剣の道に精進する大和撫子を襲う恥辱の六日間!



公式ホームページでは弓月誠さんのを除いて詳しい情報が紹介されていませんが、384ページと容量が多いだけにメインの教え子?の他に対象となるヒロインは多そうですね。




梶怜紀『兄嫁は僕だけの言いなりメイド』




「はしたない茉莉子に淫らな罰を与えてください」
夫の事業が失敗し、義弟の奴隷メイドにされた兄嫁。
裸エプロン、強制オナニー、性欲処理セックス……
性格の歪んだ暴君に女体を好きなときに弄ばれ、
敏感な柔肌を紅潮させ、何度もイキまくる25歳。
ついにはご主人様に進んで奉仕をするまでに……



表紙画のメイド服のヒロインは良いですね。兄嫁が25歳で主人公は義弟なので、大体18~20歳くらいでしょうか?ヒロインは兄嫁だけではなさそうですね。




庵乃音人『てほどき美熟女 清楚妻・淫ら妻・癒し妻』




とろける蜜壺で大人の世界を教えてくれる優菜(31)。
美尻を恥ずかしげにくねらせ肉茎をねだる麗子(39)。
清楚な容貌から想像できない淫猥女体の沙耶子(35)。
一途な熱視線をぶつけてくる広樹のあり余る劣情が、
熟妻たちのやり場のない濃厚フェロモンに火をつけて……
童貞青年に突然訪れた「てほどきづくし」の日々!



ここ最近の庵乃音人作品は捻りが効いた作風だっただけに(特に他社レーベル)、得意とする「主人公をショタコン気味に愛でる熟女たち」路線に回帰したのかなと思われます。




但馬庸太/華フック(原作)『母親失格 エリート家族の寝取られ転落人生』




家では教育ママ、外では怜悧なキャリアウーマン。
近所からエリート家族の母親と羨まれる明美が、
愛息の弱みを握った悪童・健太の卑劣な調教で、
女の悦びに目覚め、牝豚として躾けられていく…
息子・学も母の知らぬ所で性知識を植え付けられ……
華フックの伝説的コミックを完全ノベライズ!



母子相姦の凌辱作品と言えば但馬庸太氏ということで、強烈なNTR相姦作品と思われる本作をノベライズ化でしょうか。ちらっと販売サイトで拝見しただけですが、こういうノベライズ化は逆に先見を持たずに素直に読んだ方が良いのかなと思うので、本作を購入するまでオリジナルは見ないでおこうかと…。




多久間太『絶対独占 未亡人、新妻、令嬢女子大生、美母娘』




「奥さん、娘が帰ってくるまで玄関でセックスだ」
非情な立ちバックで熟れきった身体を突き上げる昌也。
熟母の弱みを握り、口封じのために奪いつくした女体。
リビングで、寝室で、愛娘もろとも美牝に調教していく。
さらには新妻、令嬢女子大生、未亡人をも蟻地獄に堕とし……
近所の美女を独占するまで淫獣の欲望は膨らみつづける!



10月デビューの新出の作家さんのようですが、第14回以降新人賞は3回連続で凌辱作風、受賞なさっていない方でも圧倒的に凌辱が多いのが特徴的です。人数多めだとこなすだけで、あっさり堕ちる展開になる気がしますので、新人らしい何か違う一面を引き出せたら良いですね。





●フランス書院文庫X2016年10月刊情報


麻実克人『【完全堕落版】熟臀義母』







御前零士『人妻 媚肉嬲り【織恵と美沙緒】』









●フランス書院文庫2016年11月刊情報


綺羅光『若妻 瑠璃【奴隷マンション】』

巽飛呂彦『夢の同棲生活 兄嫁、姪、先生と…』

一柳和也『名門女子テニス部【完全支配】 キャプテン、部員の母、顧問女教師』

藤崎玲『【熟妻三十九歳】夫の教え子に寝盗られて』

鷹羽真『初体験教室【三人の年上隣人】』

御前零士『兄嫁と継母と義弟【二階に棲む淫獣】』



(仮)タイトル






10月に続いて11月も誘惑作品が少ない…。題名を見れば分かる通り、巽飛呂彦さんと鷹羽真さんだけのようです。書ける作家さんが固定されているのがあるのかなと思われますが、確かに今年は凌辱作品の新人さん(新出の作家さん含む)が多いですね。

リアルドリーム文庫から移籍?の御前零士さんは10月にフランス書院文庫Xでも刊行なさっていて、今年で4冊目となります。即戦力として買われたのでしょうが、ハイペース過ぎてネタ切れにならないか、余計なお世話ながらも心配ではあります。(リアルドリーム文庫では10月から既作品のフェアが始まっており、移籍かどうかはよく分かりませんし、単に電子書籍の取り扱いが無くなっただけというのが正しいのかもしれません)

リアルドリーム文庫 公式ホームページ

大御所の綺羅光さんが11月辺りに刊行されるのは予想の範囲内でしたけど、昨年と一昨年のこの時期は絹田青児名義のリメイクだったので、今年もこの辺で…と思いましたが、新妻でもなく瑠璃もいませんので違う作品でしょう。(愛好家Sさんならお詳しいのかも?)




藤崎玲さんは「寝取られ」作品のようです。実は管理人はずっと「寝盗られ」が正しい使い方と思っていましたが、「寝取られ」が一般的のようですね。話は逸れてしまいますが、子供の時からヒーローが悪にいたぶられるのを見ると妙な気分になったもので、我ながら屈折した性癖だなと思っています。(女性がいたぶられるのは流石にダメですが…。)

最後に7月にデビューした一柳和也さんですが、早くも2作品目の刊行となります。そう言えばこんな作品があるみたいですが…。









ここまでお付き合いいただき、ありがとうございますm(__)m

引き続きマイペースで更新していきますので、ご愛顧のほど宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016年10月の気になる官能書籍

2016年10月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ! ▼フランス書院文庫X ※右側は底本の表紙 2016/10/13 発売 【完全堕落版】熟臀義母(著:麻実克人) → Amazonはコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 気づいていました。義理の息子が 私の身体を狙っていたことを…… 抑えきれない感情...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR