FC2ブログ

イズミエゴタ「清純女子テニス部 男子マネージャーの誘惑ハーレム」

イズミエゴタ「清純女子テニス部 男子マネージャーの誘惑ハーレム」
(マドンナメイト文庫、2016年8月、表紙イラスト:妃耶八)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)





【あらすじ】

怪我で引退を余儀なくされた健太は、同級生の鈴音から女子テニス部のマネージャーになってと頼まれる。「茶髪、ピアス、恋愛禁止」をモットーとするだけに清純な美少女ばかりが揃う部員に囲まれての部活動は、見た目に反して淫らな彼女たちに翻弄されるのであった。


【登場人物】

杉山健太
高校2年生から3年生に進級。男子テニス部で1年生の時からレギュラーとして活躍するほどの実力の持ち主だったが、怪我により引退を余儀なくされて凹んでいたところに同級生の鈴音から女子テニス部のマネージャーになって欲しいと頼まれる。童貞。

早川鈴音
高校2年生から3年生に進級。女子テニス部のキャプテンでシングルスとしてそこそこの実力の持ち主。成績優秀でクラス委員としても活躍しているが、健太に対しては割と砕けた口調で接することが多い。ストレートの髪をテニスの時にはツインテールにしている。処女。

清水千里
高校2年生から3年生に進級。女子テニス部でシングルスの選手。長身で巨乳とスタイルが良く、黒髪をポニーテールにしている。男子経験はあるようで主人公を積極的に誘ったものの、翌年には別の男子テニス部員と付き合い始める。

小泉万理
高校2年生から3年生に進級。女子テニス部で佳織と組んでダブルスで活躍する。男子よりも短いベリーショートが似合う中性的な美人で、佳織とは百合カップルとしてタチ役になることが多いが、男児との経験もある模様。

久野佳織
高校1年生から2年生に進級。女子テニス部で万理と組んでダブルスで活躍する。腰まで伸ばしたガーリーな印象はまさに万理と好対象で、カップルとしてネコ役になることが多い。非処女だが男性経験は無い。

早川琴音
鈴音の2年下の1年生で実妹。日本人形のようなボブカットに揃え、一見すると清純そうに見えるが、姉の恋人である健太に対しては小悪魔的な態度で誘うことが多い。中学の時に付き合っていた彼氏とは別れている様子。

栗崎優香
琴音と同級生の女子テニス部員で、身体能力が高くエース候補として期待されている。男子のようにショートにした髪型の美少女で、男性経験は無い。


【展開】

ギプスがやっと取れたものの失意に陥る健太は、ある日クラスメイトの鈴音から女子テニス部のマネージャーになって欲しいと頼まれ、どうせテニスしか能がないんだからと遠慮の無い物言いに、身体だけは女子なんだろと返してしまう。そんな言葉に鈴音は女子の証拠を見せるからと放課後に理科室に健太を誘い、ショーツを下ろしてスカートをめくり秘所を見せてしまう。間近で秘所を眺めたり触らせてもらった健太は、鈴音が恥ずかしそうに退散するやペニスを取り出してオナニーしてしまう。

こうしてマネージャーとなった健太だったが、視聴覚室での授業で室内が暗くなったのを良いことに、隣の席に座る鈴音に悪戯して秘所に指を出し入れさせてイカせてしまう。そして次の日の昼休みにプレハブの部室で壁ドンして唇を奪うが、意外にも鈴音はされてばかりだからお返しと告げて股間に指を伸ばすと、キスをしながらペニスを扱いて射精に導く。更にひと月が経った雨の日に練習を中止にすると、二人きりの教室で鈴音からもう1回と求められ、口唇奉仕で精を抜かれるのだった。

年末を迎えて大掃除と称して昼休みに部室に出入りする健太の楽しみは、女子部員たちの汗の染み付いたアンスコの匂いを嗅ぎ分けることだったが、そんなある日お楽しみの最中に千里が合鍵を使って入って来てしまい物陰に隠れる。知ってか知らずか千里がソファに四つん這いになりオナニーで絶頂するまでを見届けると、入れ違いにやって来た鈴音にしたいと迫るが、まだ待ってと口唇奉仕で終わってしまう。そして年内最後の室内練習の日に健太は千里から誘われマッサージ室に行くと覗きに気付いていたと告げられて、オナニーの見せ合いっこから騎乗位での初体験へと発展するのであった。

年が明けて千里のデートの誘いを断ってしまった健太は、それが原因で男子テニス部の友人と付き合い始めたと聞いてがっかりし、鈴音とも発展に至らず三学期を悶々として過ごす。そして試験最終日の練習で勝ったらさせてくれるとの条件で鈴音とのマッチで勝つと、休日に誰もいないからと家に誘われる。そこで鈴音との初体験を済ませたものの、琴音が予定を早めて帰宅したことに慌てて逃げ帰ってしまう。
そして迎えた新学期、恋愛禁止の掟を破ったと健気な脅迫をする琴音に健太は翻弄されるが、ある日姉と留守番だからと家に招かれる。料理に没頭する鈴音をよそに琴音の部屋で背面騎乗位で跨がられて関係を結んでしまうが、琴音が出掛けると健太は今度は鈴音にもエッチを迫るのであった。

5月に入り順調に市大会を勝ち上がると、健太は試合が終わってから火照りが収まらないからと鈴音と会場近くの林で露出プレイをしたり、練習が終わってから琴音に迫られて優香の見守る前で対面座位で交わったりと二股交際を続けていく。そんな折に始まった校内合宿で千里に誘われて部室へ向かうと、佳織がペニバンを装着して万理を貫いている場面に遭遇する。タチとネコを入れ換えて佳織が激しく潮を吹くのを見守りながら、健太と千里は対面立位で交わり刺激を楽しんでいく。

そして合宿2日目の夜は昂りを鎮めて欲しいと鈴音に求められて四つん這いにしてセックスし、最終日の夜には琴音に自分たちの部屋に来て欲しいと誘われた健太だったが、待ち受けていたのは琴音や優香だけでなく千里や万理、佳織の5人であった。練習で上達したお礼にと千里の仕切りで王様ゲームが始まると次々に健太と濃厚なキスを繰り返すが、万理が始めに我慢できなくなり彼を裸にして横たえると、皆が一斉に身体のあちこちを舐めて奉仕を始める。五人に次々に精を搾り取られた健太は彼女たちの玩具にされても良い、夢なら醒めないでと願うのだった。
そしてインターハイは鈴音の三回戦敗退で全てが終わり引退の時期を迎えるが、早川家に帰宅した健太は疲れて眠っている鈴音をよそに琴音を四つん這いにして交わってしまう。流石に鈴音が気付かぬ筈もなく、でも勢いに流されるまま健太は二人を並べてバックで貫いたり、姉妹を上下に重ねて交互に交わったりとそれぞれに1回ずつ精を注ぐまで求められてしまう。引退式を終えた健太は引き続きマネージャーとして、後輩たちに玩具扱いされるのも悪くないかなと将来を夢想するのであった。


【レビュー】

某人気アイドルにそっくりな表紙イラストの通り、本作は一見すると清純そうに見える女子高生たちが女子テニス部の年次活動と並行し、唯一の男子である主人公とエッチな体験を積み重ねていく流れである。これは同じ作者によるデビュー作品「ハーレム学園演劇部 放課後の演劇レッスン」とほぼ同じような構成であるものの、舞台は全く別の学園と登場人物で展開されていて、「ハーレム学園シリーズ」というよりは単独作品という趣となっている。

テニスの大会中に脚を痛めて引退を余儀なくされた主人公に対し、中学からの仲である清純な委員長タイプの【鈴音】から女子テニス部のマネージャーになって欲しいと声を掛けられる出だしは、三年生から二年生にバトンタッチされる夏の時期である。そこから翌年インターハイに出場するまでの流れに沿って話が展開されており、最年長になった主人公や鈴音との恋愛物語を中心としながらも、同級生の【千里】との情交描写も存在するのが前半である。鈴音にはやや強気に迫る主人公だがなかなか本番は許してもらえないうちに、千里から誘われて童貞を卒業する流れとなっている。

そんな初体験を踏まえて進級した主人公は新たに1年生を迎えるが、その中には鈴音の妹の【琴音】も登場する。清純な姉とは異なりエッチに積極的で非処女なだけに、主人公に対して恋愛禁止を是とする部の方針とは相反する姉との関係をネタに迫られる展開が多めとなっている。そして部活動なだけに大会に向けた合宿の描写もあり、そこでは主人公と同級生でボーイッシュな【万理】と2年生でガーリーな印象の【佳織】という好対象な百合カップルや、1年生の【優香】の処女喪失など見せ場は盛り沢山である。

惜しむらくはこうした情交描写の華やかさや場数の多さが影響して、メインであるはずの鈴音との場面では琴音との情交の後でたったの1行であっさり済ませてしまったり、前戯のいやらしさに比べて本番はサラッとし過ぎたりとややちぐはぐな面が見え隠れしていた点であろうか。それはともかく夏の時期の刊行ということもあってか運動部ならではの芳しい汗の匂いや、下着やアンスコの匂いを主人公が嗅いで興奮する場面も見られるので、そうした描写が好みな読者ならばより満足できるのではないだろうか。

DSKさんのブログでも本作をご紹介なさっています。
2016/8/12 発売清純女子テニス部-男子マネージャーの誘惑ハーレム著:イズミエゴタ、マドンナメイト文庫→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。ひょんなことから女子テニス部のマネージャーになった健太に次々と襲いかかるエッチな誘惑の数々!! ケガでテニスプレイヤーとしての夢を絶たれた健太だが、思いを寄せる同級生・鈴音の願いを聞き入れ、女子テニス部のマネージャーを引き受けることにする。心機一...
清純女子テニス部-男子マネージャーの誘惑ハーレム(著:イズミエゴタ、マドンナメイト文庫)

関連記事

tag : 高校生主人公 童貞 美少女限定

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

清純女子テニス部-男子マネージャーの誘惑ハーレム(著:イズミエゴタ、マドンナメイト文庫)

2016/8/12 発売 清純女子テニス部-男子マネージャーの誘惑ハーレム著:イズミエゴタ、マドンナメイト文庫 → Amazonはコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 ひょんなことから女子テニス部のマネージャーになった健太に次々と襲いかかるエッチな誘惑の数々!! ケガでテニスプレイヤーとしての夢を絶たれた健太だが、思いを寄せる同級生・鈴音の願いを聞き入れ、女子...

コメントの投稿

Secre

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR