FC2ブログ

2016年8月刊情報&9月刊情報

やっと私たちの住む関東地方も梅雨明けしました。今年は雨らしい雨が少なく、ところにより取水制限の話も出ています。一方で降雨被害に遭われた方もいらっしゃると思います。なかなか等しく雨が降らないのも困りものですね…。さてこれからが暑さのピークですので、熱中症には十分ご注意ください。



●フランス書院文庫2016年8月刊情報


ほぼ毎月のように新人さんがデビューしているように感じますが、今月は新人賞受賞の方が登場するようです。因みに7/28には、第17回フランス書院文庫官能大賞の一次選考結果が発表になっています。

編集部発(公式ホームページ)





小日向諒『体験学習 隣人母娘と年上ナース』




「『おとなのお勉強』の時間はこれからよ」隣家の女子大生にたっぷり施された初体験学習。
キスの仕方、おっぱいの触り方、××の愛し方……セックスの基本から応用まで教わった直海は、
36歳の熟女肉、24歳の処女肉で「実践」しようと……遙奈、雪音、透子――三人の特別な年上家庭教師!


▼登場人物
はるな(36歳)年上女(熟) 、ゆきね(18歳)女子大生 、とうこ(24歳)看護婦


普通に考えるとナースの手解きを受けた主人公が隣人母娘を攻略するという流れになりそうですが、そこは小日向諒作品なだけに違う味付けを施すようですね。ナースと言えば、この作品とリンクしそうですが、いかがでしょうか?

女医とナース【淫虜】
小日向 諒
フランス書院
2014-06-20



レビュー記事はこちらから。近日中には再更新します。

小日向諒「女医とナース【淫虜(とりこ)】」






御前零士『【潜入】人妻捜査官・沙羅』




(耐えるのよ……私はただの客なのだから……)意識が朦朧とし、乳房や股間を弄り回される沙羅。
抵抗できない体を執拗に愛撫され、反応してしまう。人妻売春組織を壊滅すべく、客を装って潜入するが、
敵に正体を見破られ、次々に卑猥な責めに……。怜悧なエリート捜査官を襲う恥辱の拷問地獄!



5月にフランス書院文庫進出の作者の二作目は、人妻で捜査官という設定に興味をひかれます。年内には三冊目を視野に入れているのでは?と思われるほどのハイペースですね。









神瀬知巳『僕と五人の未亡人 僕の母、義母、兄嫁、ママ、彼女の母…』




(私は本当は淫乱な女……貴方だけが知っていたのに)早くに夫に先立たれ、日々悶々と過ごす熟女・凜子。
未亡人と言えど、まだまだ性欲旺盛な女盛りの年頃。娘の結婚を境に、喪服の下の熟れた身体が燃え盛る。
そんな義母を婿の裕一郎は女として意識しはじめ……45歳、34歳、30歳、32歳、42歳……五匹の未亡妻!



サブタイトルから分かるように、恐らくは「特選小説」にて発表された短編を中心に、新規書き下ろしを加えたものと推察しますが…。

短編集と言えば、こちらの作品もそうですね。




レビュー記事はこちらから。近日中には再更新します。

神瀬知巳「六つのとろける初体験」






藤崎玲『隷罠(ワナ) 彼女の母と彼女の妹は青狼の下僕』




「あと9回も、私はこの男の言いなりに……」愛娘・沙織の婚約者は、おぞましき悪魔だった!
「牝奴隷契約」を結ばされた蓉子を襲う強制交合の日々。幾度も絶頂を味わわされ、吐息はやがて責めを乞う哀訴に……
母と姉を案じる女子大生・美月にまで青狼の牙が迫り……19歳23歳43歳――西園家の美女を襲う絶対支配の隷罠!



フランス書院文庫Xで6月に刊行されましたが、新刊は「母娘の檻」以来となりますね。






早瀬真人『ハーレム臨海学校 三人の美熟女教師』




男の視線を釘付けにする熟尻人妻教師・有希江(38)、90センチ超のGカップが刺激的な豊乳教師・景子(34)、
レオタード姿が悩ましい新体操部顧問・美久(30)。熟女教師と二泊三日の臨海学校にのぞんだ祐平は、
女生徒には醸し出せない「濃厚フェロモン」の虜に……初フェラ、初体験、初乱交――大人の課外授業開幕!



ストレートに題名に「ハーレム」が付く早瀬真人さんの新刊は、いかにも夏らしい題材ですね。因みにリアルドリーム文庫では、美少女を題材にしたこんな作品もあります。








川俣龍司『禁鎖(くさり)に繋がれたママと女教師とメイド』




(折檻されるママ、なんて綺麗なんだろう……)磯崎家の性奴隷として淫らな調教を受け続ける母。
「母さんを守ってあげたい……」心が通じ合い、親密さを増してゆく母子。愛情はいつしか欲情へ。
息子に抱かれるうち、37歳に目覚める被虐の悦び。家族の秘密を物陰から見つめるメイド彩香は……



こちらは正式なアナウンスこそ無いものの、第16回フランス書院文庫官能大賞の新人賞受賞作品ではないかと思われます。

「第16回フランス書院官能大賞」結果発表(公式ホームページ)

複雑な人間関係の愛憎をベースにした退廃的な世界観
(「編集部発」の書評より引用)



とあるようにこれまでの黒本には無い作風ではあるけれど、評価の高い受賞作品のようなので非常に気になりますね。






●フランス書院文庫X


綺羅光『【完全版】淫猟夢』





御堂乱『【プレミアム版】美臀三姉妹と脱獄囚』




いずれもかつてハードノベルズXで刊行されたことのある作品のようですが、『淫猟夢』は三部作の内の二作品目までと三作品目は分けているようなので一冊に纏め、『美臀三姉妹と脱獄囚』は加筆修正となりそうです。フランス書院文庫Xは別枠とは言え、お二方ともに実に精力的だなと感心いたします。


DSKさんのブログでも他社レーベルも含めた「気になる」作品をピックアップなさっています。
2016年8月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫X 2016/8/13 発売【プレミアム版】美臀三姉妹と脱獄囚(著:御堂乱)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。良家の令嬢三姉妹を襲った恐怖の七日間!長女・京香、次女・玲子、三女・美咲。三つの美臀に埋め込まれるドス黒い怒張。「い、痛いっ」「ヒクヒク締めつけてきやがる」裏穴の味を覚え込まされ...
2016年8月の気になる官能書籍








●フランス書院文庫2016年9月刊情報


青橋由高『年の差のある七つの姦係』

榊原澪央『全員服従 先生の奥さんと三姉妹』

星悠輝『僕を奪い合う三人のママと新人先生』

小鳥遊葵『夜這い初体験 四人の淫らな美熟妻』

香坂燈也『一家調教 未亡人と令嬢姉妹』

黒沢淳『隣人狩り』






色々な意味でサプライズの多い顔触れとなりましたね。

まずは2014年8月に刊行された短編集「七人のおいしい人妻」が重版となったばかりの青橋由高さんですが、「年の差」を題材となさるようです。「七つの姦係」なので短編集になるではと思います。
それにしても5月に久々の黒本である「おいしい特別休暇 女教師、シングルマザー、女子大生と」
7月にアンソロジー「異常な世界 あなたの知らない官能小説」
8月には美少女文庫の新刊、9月に今年二冊目の黒本と青橋作品のファンとしては嬉しい刊行ラッシュですが、どうぞお身体には気を付けていただきたいと思います。(8月にはコミケもございますね)











近年は年二冊刊行と安定したペースの榊原澪央さんは、改めて申し上げることはないでしょうけど、凌辱作品ですよね。母と三姉妹なのでヒロインは4人でしょうか。

乗っ取る 未亡人女社長と娘三姉妹
榊原 澪央
フランス書院
2016-08-19




星悠輝さんは「初体験四重奏 義母、義姉、新任女教師、隣人妻と」以来11ヵ月振りのご登場ですが、本作は「ママ」に拘った作品になりそうですね。実母の年齢からすると、主人公は若くなるのではと思います。





小鳥遊葵さんは「淫ら熟女ぐるい 未亡人兄嫁と若兄嫁と義母」以来半年振りのご登場となります。
小鳥遊葵さんご本人のブログでもそう触れられていましたので、楽しみにしたいと思います。





香坂燈也さんは短編集アンソロジー「異常な世界 あなたの知らない官能小説」での予兆は感じましたが、あぁここで凌辱作品?という印象ではあります。「調教旅行中 新人女教師、熟女教師、兄嫁教師と」以来約1年振りの凌辱作品ですよね。





最後は「秘書室【三姉妹奴隷・女社長奴隷】」以来6年半振りとなる黒沢淳さんです。
これまでの作品を拝見する限り、誘惑テイストの強い凌辱作風という印象ですが、本作ではどう仕上がるのか楽しみです。








●8月のその他気になる作品

イズミエゴタ『清純女子テニス部 男子マネージャーの誘惑ハーレム』




作品紹介(公式ホームページ)

ひょんなことから女子テニス部のマネージャーになった健太に次々と襲いかかるエッチな誘惑の数々!!

ケガでテニスプレイヤーとしての夢を絶たれた健太だが、思いを寄せる同級生・鈴音の願いを聞き入れ、女子テニス部のマネージャーを引き受けることにする。心機一転、美少女揃いの部員を相手に熱心に指導するうち、次から次へとエッチなレッスンが始まり……。
(公式ホームページより引用)



まぁ今までの作風からすれば、清純というよりは淫らな感じがしますよね…。


※庵乃音人さんの『蜜肉チェンジ2(仮)』は、どうやら8月の刊行は無くなったようです。現在竹書房公式ホームページからは、8月、9月ともにラインナップに載っていないですね。




ここまでお付き合いいただき、ありがとうございますm(__)m

引き続きマイペースで更新していきますので、宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016年8月の気になる官能書籍

2016年8月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ! ▼フランス書院文庫X 2016/8/13 発売 【プレミアム版】美臀三姉妹と脱獄囚(著:御堂乱) → Amazonはコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 良家の令嬢三姉妹を襲った恐怖の七日間! 長女・京香、次女・玲子、三女・美咲。 三つの美臀に埋め込ま...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR