FC2ブログ

鷹山倫太郎「初体験の家 熟母と年頃三姉妹」

鷹山倫太郎「初体験の家 熟母と年頃三姉妹」
(フランス書院文庫、2016年3月、表紙イラスト:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)




【あらすじ】

母姉たちと離れ父と二人暮らしだった正也は、父の海外赴任により久し振りに実家に戻ってくる。女所帯の喧騒に囲まれて彼女たちと仲良くしたいと思うが、彼を弟としてではなく男として見てしまう姉たちに誘惑され、次々に蜜戯を始めていく。そして母の美弥子とも…。

【登場人物】

倉科正也
18歳の高校3年生?父親に溺愛され単身赴任に付き合わされていたが、今回は海外ということで実家に預けられる。女性経験はない。

倉科美弥子
40代半ば?正也や律子たち三姉妹の実母。30代にすら見えないほど若々しく、間延びした話し方がそれに拍車を掛けている。夫と離れて暮らしてから久しいが、娘たちに囲まれて賑やかに暮らしている。Fカップの熟れた身体付き。

倉科律子
27歳。美弥子の長女で、大手企業の管理職に就く才媛。黒髪ロングを束ね化粧も控えめで、フレームレスの眼鏡をかけて地味な印象だが、相反してGカップのグラマラスな身体付き。生真面目な性格が災いし男性に縁がない。

倉科夏希
24歳。水泳教室のインストラクターで、職業柄日に焼けており髪先も茶色いので、軽い女性に見られているのが気掛かり。引き締まったスタイルの良い身体付きでDカップ。男性経験はほどほどにある様子。

倉科亜美
19歳。美弥子の三女で大学生。少女趣味で身長150cm台と小柄で、身体も凹凸が少なく幼さを感じさせる。Bカップ。外見に反して年上男性との経験は複数ある様子。

【展開】

母姉たちと同居生活を始めて1ヵ月が経ったある晩正也はオナニーしていると、自分が女らしく見えるかを聞こうとして夏希に部屋へ踏み込まれてしまう。グラビアアイドルより自分の方がと夏希は自分をオカズにオナニーするように命じるが、弟が躊躇しているのを見て祈りのポーズを取るかのように両手を使い射精に導く。お掃除フェラで味をしめた夏希は「持続力を付ける訓練」だと毎晩部屋に来るように命じるが、正也はしてもらってばかりではと女上位のシックスナインで彼女を絶頂へ導く。

夏希が水泳教室の特別合宿で1週間不在にしていたある晩、禁欲していた正也は机の引き出しの中から亜美のショーツを見付け彼女の部屋に向かうが、亜美は待っていましたとばかりに夏希との蜜戯を知っていると告げる。乳房を愛撫されながら指ピストンだけで達した亜美は夏希への対抗意識を剥き出しにし、自分は素股で射精させようとする。そんな交わりが三日間続き遂に亜美は騎乗位で童貞を奪うが、一度ではもの足りぬと正常位に変えて正也に奥まで侵入されて絶頂を得るのだった。

夏希と亜美と蜜戯を重ねる日々を過ごし同居を始めてから5ヵ月が過ぎたある日の夜、やっと正也と二人きりになる機会を得た美弥子は正也に背中を流してあげると浴室へやって来る。乳房を与えながら手コキで、更にはパイズリで立て続けに射精に導くが、流石にその先はと戸惑い我慢しようと決意する。ところが数日後性的な渇望に悩まされた美弥子は夜遅くに正也を寝室へ呼ぶと、単刀直入にセックスの練習をさせてあげたいからと後ろの穴での交わりを求めてしまう。二度も注射をされて美弥子は息子を騙しているようで少しだけ心を痛めるが、性欲を満たされて安堵する。

亜美の誕生日プレゼントを買う為に短期のアルバイトを始めた正也は、帰り道に会社の先輩に絡まれている律子に声を掛けると、追っ手から逃れるようにラブホテルに雪崩れ込む。弟に対する気持ちが肉親愛なのかどうか悩んでいた律子はここぞとばかりに正也に迫ると、秘所に触られて発情し返礼とばかりに口唇奉仕の末に美貌に精を浴びてしまう。正也は正常位で破瓜へ導き一度だけではもの足りぬと、今度は律子を四つん這いにして愛しさを感じながら再び中出しする。

家族全員と性的な関係を結んでしまった正也は亜美へのプレゼントを買って帰ると、律子の口から四股が発覚し母姉たちの間でちょっとした修羅場になっていた。中でも夏希は怒り狂っていたが、亜美の提案でリセットしみな公平にするつもりで浴室で交わることになる。
お口が初めてとなる律子が奉仕し他の三人に全身を愛撫されながら射精すると、夏希が次は自分とばかりに跨がり亜美が顔面に秘所を擦り付けて絶頂する。休む間もなく今度は律子の勧めで母と膣内性交に至るが、並んで四つん這いになっている律子もアナルを解してと指挿入を求め、二人ともイってしまう。誰かが一人になんて決められる訳が無いと亜美は夏希と、律子は美弥子と抱き合い重ね餅の状態になると、それぞれの膣穴を行き来して、最後は四人の美貌に精を浴びせ正也は幸福に浸るのであった。

【レビュー】

出だしから身体の特徴や男性関係まであけすけな女家族のやり取りで始まるだけに、まさに主人公に取っては「姦(かしま)しい」女の世界に同居させられたような感覚に陥ったことであろう。そんな主人公【正也】18歳は溺愛する父親の手元に置かれ、転勤の度に振り回されてきたが、今回は海外赴任ということもあり、実母や実姉3人の暮らす実家に戻ってくる。昨今のフランス書院文庫で流行りの「新生活」設定に沿った、実同士の相姦とは言え重苦しい要素はゼロの終始ハイテンションなコメディである。


・正也と呼ぶツンデレなお姉さん【夏希】24歳

水泳教室のインストラクターであり、色の薄い髪と日焼けした身体にDカップのメリハリボディで軽いタイプと誤解されることの多い次姉。初めに主人公に興味を抱いたのが彼女で性的な戯れを強いるくらいだが、流石に本番だけはと躊躇しペッティング止まり。

・マーちゃんと呼ぶ小悪魔なお姉さん【亜美】19歳

夏希との関係にいち早く気付き、彼女がいない夜にハニートラップを仕掛けて弱味を握り、姉への対抗心を剥き出しにする末姉。Bカップと控えめな膨らみと小柄で未成熟な体型はまさに○リタイプだが、見ために反して年上男性との性体験は豊富なようで、当初は素股に留めていたものの童貞を奪ってしまう。

・正也くんと呼ぶ実母【美弥子】40代

三人の娘と主人公の母であり夫が転勤を繰り返し自分たちは実家にいただけに、久しく男性との交わりが無かった彼女。娘たちが不在で主人公と二人きりになった時に一緒に入浴し、Fカップを使った奉仕に留めていたが、我慢できなくなり深夜に部屋に呼び寄せて「もう一つの純潔」を捧げる。


・正也君→マーくんと呼ぶ地味めなお姉さん【律子】27歳

普段のお堅い雰囲気から心理的には近寄りがたい印象を抱いていた長姉だったが、ある晩に街中で見掛けた彼女のピンチを救おうとラブホテルへ逃げ込んだのをきっかけに、彼女がひた隠しにしてきた心情が露わになり結ばれる。Gカップのグラマラスボディに反して、見ための印象通り男性経験は皆無。

一人一章ずつの展開はお約束通りで、亜美の誕生会で律子が嘘を隠すことに疲れてしまい、母や妹たちに関係を打ち明けて混乱に陥る。しかし主賓の亜美が旗振り役となり、一旦リセットしようと5Pに雪崩れ込む。実はここまでの誘惑は基本的にヒロインたちからのもので、主人公に取ってはまさに「上げ膳据え膳」の状態であり、やや穿った見方をするとワンパターンと言えるのかもしれない。

始めから終わりまで姦しい母姉たちは情交場面でもテンションが高く、「あひぃん」や「んほおっ」といった喘ぎ声の多用は何処となく巽飛呂彦作品からの影響を感じさせる。過去のフランス書院文庫の系譜を辿ると、新堂麗太作品や宮園貴志作品から繋がるラブコメディ路線の後継者となるかもしれないが、押されてばかりでなく退く部分も無いとスイーツのシロップ掛けみたいでぐどいかもしれない。今後作品を重ねていく上で、ハイテンションなだけでない別の一面も見たい気がする。

DSKさんのブログでも本作をご紹介なさっています。
2016/6/25 発売初体験の家-熟母と年頃三姉妹著:鷹山倫太郎、フランス書院文庫→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。「オチン×ンの先っぽが××に入ってきたの、わかる?」美尻がゆっくり沈み、熱棒がとろとろの柔壺にめりこむ。いたずらな笑みを浮かべ、童貞を貪る美しき姉・亜美。僕の牡棒を競い合うように求められる悩ましき誘惑の日々。四十路母と三人の美姉が放つ淫らな魅力に押しきられ、初同居、初体...
初体験の家-熟母と年頃三姉妹(著:鷹山倫太郎、フランス書院文庫)

関連記事

tag : 高校生主人公 童貞 母子相姦 姉弟相姦 母娘丼 姉妹丼 処女

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初体験の家-熟母と年頃三姉妹(著:鷹山倫太郎、フランス書院文庫)

2016/6/25 発売 初体験の家-熟母と年頃三姉妹著:鷹山倫太郎、フランス書院文庫 → Amazonはコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 「オチン×ンの先っぽが××に入ってきたの、わかる?」 美尻がゆっくり沈み、熱棒がとろとろの柔壺にめりこむ。 いたずらな笑みを浮かべ、童貞を貪る美しき姉・亜美。 僕の牡棒を競い合うように求められる悩ましき誘惑の日々...

コメントの投稿

Secre

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR