FC2ブログ

葉川慎司「おいしい隣人妻【たなぼた】」

葉川慎司「おいしい隣人妻【たなぼた】」
(フランス書院文庫、2016年6月、表紙イラスト:村山潤一)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)




【あらすじ】

スーパーでバイト生活を送る雄一郎は、店の常連客であるひとみに強い憧れを抱き、その気持ちを人妻パート店員の奈央に見抜かれ誘惑される。そして数日後ひとみの娘の沙也香がパートとしてやって来て…。

【登場人物】

児島雄一郎
21歳。食品スーパーで週に数回品出しのバイト生活を送る大学生。奥手な性格でこれまでに女性と付き合った経験がない童貞青年。常連客のひとみ・沙也香母娘に興味を抱く。

篠田奈央
40代前半くらいの気さくで妖艶な雰囲気を漂わせる、スーパーのレジ打ちのパート店員。雄一郎の住まいの隣にあるマンションに夫と二人で暮らしている。くびれのはっきりしたナイスボディで、乳房は大きめのオレンジくらい。

横山沙也香
19歳。母親のひとみと度々雄一郎の勤めるスーパーに買い物客としてやって来ていたが、彼に興味を抱き社会勉強を口実にレジ打ちのパートを始める。上流家庭の育ちらしく清楚な振る舞いを見せるが、肉体は三人の中で最もグラマラス。家事見習いで男性経験は無い。

横山ひとみ
沙也香の母親で40代とのことだが、奈央よりも更に若々しく見える。お嬢様を思わせるふんわりとした物腰と、なだらかにウェーブさせた若々しい要望に雄一郎が一目惚れ同然に好きになる。夫はいるが仕事人間で不在がち。

【展開】

雄一郎は今日もひとみが沙也香を連れ立ってスーパーにやって来るのを見て胸をときめかせるが、彼女がハンカチを落としたのを見て話し掛けるきっかけは得るものの、上手く話が続かない。そんなある日棚卸しの手伝いで残業していた雄一郎は奈央に声を掛けられ一緒に休憩を取るが、自分をひとみと思って迫ってみてと誘われ倉庫の陰でキスを交わし乳房に触わると、お返しとばかりに口唇奉仕で射精させてもらう。

数日後パートで入った沙也香の教育係になった雄一郎だったが、二人の親密さをからかうかのように昼休みに奈央に誘われる。女子トイレの個室で立ちバックで初体験をしている最中、沙也香がやって来て自分たちの仲を訝るかのような独り言を聞いて好意を寄せられていると知り罪悪感を抱くが、彼女がいなくなると奈央にその鬱憤をぶつけるかのように中出しする。

こうして雄一郎は奈央と関係を続けていたが、ある日の帰りに沙也香の真意を聞き出そうと声を掛けた際、バランスを崩して前のめりに転倒する。気が付くと何故かラブホテルの一室におり、沙也香がバスタオル姿で現れこのまま返す訳にはいかないと決意し口説くうちに脈ありと判断すると唇を奪い、更には秘所に指を差し向けると既に潤いをみせていたが押し倒そうとすると流石に順番が違うと拒まれる。そこでせめてオナニーの見せ合いでもと説得し、互いの手を借りた愛撫に相互絶頂へと至る。

翌日沙也香から聞いたと奈央に声を掛けられ雄一郎は二人がそんな仲だと知るが、奈央に迫られる二股を掛けるのと意地悪なことを言われるものの、誘惑に抗しきれずに口唇奉仕を受ける。その日来店したひとみから相談を受け沙也香の様子がおかしいと聞かされ、当の沙也香から奈央との関係を問われて、雄一郎は誤魔化すかの如くエッチを迫るが帰りまで待ってと返される。両親のいない邸宅に招かれた雄一郎は、時間をかけて沙也香のお嬢様らしからぬ豊満な肉体を愛撫すると正常位で交わり、長く持たないのが分かると腹部へ射精するのであった。

翌日またも奈央から処女喪失の話を聞かされて雄一郎は観念し沙也香に奈央との関係を打ち明けるが、彼女から二人を結び付けてくれたお礼を言いにいこうと返される。数日後沙也香と奈央の部屋を訪ねるが、ワインを飲まされて絡み上戸になった沙也香に迫られ、寝室で奈央と二人で奉仕を受ける羽目に。奈央は沙也香に見せ付けるかのように口唇奉仕し飲精してみせると、雄一郎も加わって二人で沙也香を愛撫し、正常位で交わった若い二人に絡むように秘所を弄りながら相互絶頂へと至ってしまう。

3P体験をきっかけに雄一郎はひとみとも何とかなるのではと考え方を変えるが、そんなある日沙也香から誕生日祝いに招かれる。間近でみたひとみに心を奪われ雄一郎は罪悪感を抱くが、寄ってソファーで眠っている娘をよそにひとみは泊まっていってと誘われる。何故か手を引いて夫婦の寝室に連れていかれては雄一郎もその意図に気付かぬ筈もなく、ひとみに求められるまま口唇奉仕で射精すると、更に正常位で交わってしまう。

翌朝雄一郎が沙也香と共に出掛ける間際、娘には聞こえぬようにひとみから来週の夜も主人は不在なのと誘われ、いつかは母娘丼もと考える自分に不謹慎だと叱りつつも、あり得なくもないと喜びを噛み締めるのであった。

【レビュー】

題名が指し示すほど「隣人妻」という要素は少なく、「おいしい」や「【たなぼた】」という名付け方が全体の姿を的確に指し示しているように思える作品である。スーパーでバイトをする大学生の【雄一郎】21歳がセレブ常連客の【ひとみ】とパート店員の【奈央】の二人の40代人妻に好意を寄せるところから話は始まっている。

主人公の分かりやすい態度を見て、気さくで妖艶な人妻である奈央が先に誘惑を仕掛け、ちゃっかり筆下ろしまでしてしまう。しかも隣人ではあるものの、ここまでは勤務先のスーパーの倉庫やトイレの中である。人妻ではあるが夫も主人公も愛していると言い切り、奔放的で人目に付きそうなスリルを味わうのが好みなタイプと言えるだろう。

主人公が好きになる他方の人妻ひとみには、清楚なお嬢様である娘の【沙也香】19歳がおり、主人公に興味を抱き新入りとして働き始める。自分に好意を抱いていると知り、主人公の方が積極的に迫って処女喪失に導くのも官能小説ではお約束のパターンであり、清楚なのにグラマラスというアンバランスさが魅力的なヒロインである。あらすじを読むと40代人妻の競演と見せながらも、実は情交描写の過半を占めるのが彼女との背徳的な場面である。

始めにあげたように「【たなぼた】」が指し示すところは、主人公は特に労することもなく人妻とお嬢様と二股を掛けること、更にそれが露呈して3Pへ発展することだけではない。最後にはひとみも夫のいない夜だからと誘う始末で、まさに「おいしい」展開と言えよう。ひとみはほんのおまけ程度の扱いに過ぎず、終盤に駆け足で情交場面に突入したのは残念だった。

まぁおいしい流れの方が良い読者も多いことであろうが、気になるのは主人公の心情はしっかり描かれているのに対して、ヒロインの方はほとんど無いに等しい点である。これで彼女たちが何を考えているのかは終始掴みにくく、突然誘惑されて戸惑う読み手も少なくないのではないかと感じた次第である。

愛好家Sさんのブログでも本作をご紹介なさっています。
4160『おいしい隣人妻【たなぼた】』葉川慎司、フランス書院/フランス書院文庫、2016/06 発売●あらすじスーパーでアルバイトをしている青年が、週に何度かスーパーを訪れる母娘の母親の方に魅了され、同僚の美人妻にその想いを気付かれたのを切っ掛けに、同僚の美人妻、美人母娘と棚ぼた式に深い関係になっていく。●登場人物【児島雄一郎】21歳。童貞。大学生。『マルシンスーパー』で品出しのアルバイトをしている。都合のいい妄...
4160『おいしい隣人妻【たなぼた】』

DSKさんのブログでも本作をご紹介なさっています。
2016/6/25 発売おいしい隣人妻-たなぼた著:葉川慎司、フランス書院文庫→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。「今夜、夫は出張中なの。この意味、わかるわね?」上品な物腰とは裏腹に濃厚な口戯を仕掛けてくる熟妻。とろける唇の甘いスロートに、雄一郎は身も心も絶頂へ。奈央とひとみ――完熟女体でおしみなく誘惑を仕掛け、性悦の楽園に導いてくれる近所のおいしすぎる人妻たち。思いがけない姦淫の果て...
おいしい隣人妻-たなぼた(著:葉川慎司、フランス書院文庫)

関連記事

tag : 大学生主人公 処女

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おいしい隣人妻-たなぼた(著:葉川慎司、フランス書院文庫)

2016/6/25 発売 おいしい隣人妻-たなぼた著:葉川慎司、フランス書院文庫 → Amazonはコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 「今夜、夫は出張中なの。この意味、わかるわね?」 上品な物腰とは裏腹に濃厚な口戯を仕掛けてくる熟妻。 とろける唇の甘いスロートに、雄一郎は身も心も絶頂へ。 奈央とひとみ――完熟女体でおしみなく誘惑を仕掛け、 性悦の楽...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR