FC2ブログ

石動彰「相姦の家 美少女に酔い、少年に溺れて…」

石動彰「相姦の家 美少女に酔い、少年に溺れて…」
(フランス書院文庫、2000年3月、表紙イラスト:小玉英章)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)




【あらすじ】

結婚して10数年が過ぎ倦怠期を迎えた直樹と真奈美夫妻だったが、ある日父は娘の麗奈を、母は息子の涼とそれぞれに相姦関係を結んでしまう。互いに隠れて続けるものの、ある日麗奈が母と兄の関係に気付いてしまう。元々互いに興味を抱いていた兄妹なだけに結ばれるのも早く、今度は両親を仲直りさせようと目論むのだった。

【登場人物】

橘直樹
34歳。高校の時に真奈美と結ばれ涼と麗奈の二人の子供に恵まれているが、妻との間に倦怠期を迎えている。建設会社に勤務し、課長職に就いている。

橘真奈美
34歳。直樹の妻で彼との間に倦怠期を迎えている。高校を出てから結婚しパートに出ていた時期もあったが、7年前に郊外に自宅を購入してからは専業主婦として身を落ち着けている。密かに甥っ子の大学生と性的な関係を結んでいる様子。

橘涼
16歳。高校1年生。直樹と真奈美の間に産まれた長男。妹の麗奈に性的な興味を抱き、オナペットにしていたのを真奈美に見付かり相姦関係を結んでしまう。童貞

橘麗奈
15歳。涼の妹に中学3年生の美少女。同級生に告白したがあえなく撃沈に遭い、父親の直樹と勢いもあって相姦関係を結んでしまう。処女

【展開】

妻の真奈美と倦怠期に差し掛かった直樹は風呂上がりでバスタオルを巻いた麗奈の身体に女を感じて戸惑うが、その翌日に年休を取得して家で過ごしていると、麗奈が告白に失敗して心身とも傷付いた様子で帰宅する。美少女から放つ汗の香りに触発された直樹は、実の娘の秘所を愛撫していかせると正常位で処女を奪ってしまう。

一方真奈美は直樹の机の引き出しから麗奈のコラージュ写真を見付け、息子も男として相応の年齢になったものだと感心しつつも、自分に関心を持ってもらおうと兄妹相姦はいけないと叱る。そしてズボンとブリーフを引き下ろし、勃起の大きさは遜色ないが固さは段違いだと夫のモノと比べながら口唇奉仕で射精に導く。それでも萎えない息子のペニスを見て真奈美は正常位で招き、連続して中出しを受け入れるのであった。

こうして直樹と麗奈の父娘、真奈美と涼の母子は互いの目の届かぬところで情交を繰り返し、片方がラブホテルで密会していると、他方は自宅で交わる日々を送る。次第に直樹のプレイは過激になり、麗奈は後背位でスパンキングされたり、休日の公園で目隠しをされて露出プレイをしたりと深みに嵌まっていく。真奈美は毎晩のように涼の部屋に押し掛け、時間を掛けて口唇奉仕を繰り返していたが、ある晩風呂上がりの麗奈に目撃されてしまう。

兄の勃起を覗き見た麗奈はどうしても欲しくなり両親が不在の日に兄の部屋に押し掛けると、単刀直入に真奈美との情事を見たと問い詰め、おもむろにペニスを取り出すと熱心に口唇奉仕し射精に導く。一度精を放出しただけで収まらない涼は、まさか妹が父親と肉体関係にあるとは思わず正常位で交わるが、処女ではないと知り密かにガッカリする。

数日後麗奈が入浴中に押し入った涼は妹の秘所を指で責め立てると、麗奈は快感の余りに失禁してしまいお父さんにお仕置きされてしまうと口走る。お尻の青あざを見て全てを理解した涼は家庭崩壊の危機だと不安を抱くが、麗奈は妙案があるからと平然とした様子である。雰囲気に流され、涼は男上位のシックスナインで妹の秘所へ出し入れする指の本数を徐々に増やしながら、再び失禁させてしまい飛沫を全身に浴びるのであった。

ある日の昼下がり、学校を早退した涼は自宅で真奈美と二人きりだからと情交を求め、激しい愛撫の末に後ろの穴へ挿入してしまう。そこへ麗奈が帰宅して真奈美は言葉で恥辱を与えられ、更に腸内へ息子の体液を流し込まれて失神するほどの快感を味わう。意識を取り戻すと子供たちに優しく身体全体を触れられて高ぶりを感じていたが、部屋の扉がノックされ直樹が現れる。互いに隠していたことを見せようと告げられて父娘、母子の組み合わせで激しい交わりを見せ合うが、涼が休む間もなく麗奈をバックにして犯すかの如く繋がっているのを見ると、どちらからともなく夫婦で抱き合い仲直りする。

こうして平和を取り戻したかのように見えた橘家だったが、真奈美は子供たちや夫を見送ると、大学へ通う甥っ子に連絡して今から行くからと告げ笑みを浮かべる。家族には内緒で色々な「お世話」をするのを心待ちにしながら…。

【レビュー】

父娘相姦母子相姦と血の繋がりが100%な者同士の倒錯した設定であり、いかにも当時の黒本らしいテイストである。父親の直樹も母親の真奈美も自分の子供と性的な関係を結ぶのに当たって特に躊躇する様子も無く、それが相姦を冒すことへの無用な重苦しさを軽減させているように感じる。(一番戸惑いを見せているのは長男の涼かな…。)

これといってストーリーらしきものは無いに等しく父親側、母親側と交互に情交描写を盛り込み、中盤からは溌剌とした長女・麗奈が隠していたことを全て見せれば丸く収まると旗振り役に回り、終盤の大団円に繋がっていくのだが…。実は真の主役は真奈美なのかもしれない。息子と交わり、娘に愛され、夫ともヨリを戻すのだが、最後にもう一人を示唆して終わっている。3人ではまだ物足りないのか…と感心する次第である。

DSKさんのブログでも本作をご紹介なさっています。
2000/3/23 発売相姦の家-美少女に酔い、少年に溺れて…著:石動彰、フランス書院文庫→ Amazonはコチラから。→ Kindle版はコチラから。→ ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉→ 総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。夫との営みを絶った母はさらに妖艶さを増していた。完熟した性に飢えていた肉体によく似合う、悩ましい下着姿で、いつしか清純な息子を虜に!真奈美は媚肉に溜まった性の渇望を涼に向け、少年の体を弄び、肉...
相姦の家-美少女に酔い、少年に溺れて…(著:石動彰、フランス書院文庫)

関連記事

tag : 高校生主人公 童貞 処女 母子相姦 父娘相姦 デビュー作品

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR