FC2ブログ

鏡龍樹「三人の家庭教師 叔母とママと先生と」

鏡龍樹「三人の家庭教師 叔母とママと先生と」
(フランス書院文庫、2001年12月)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)




【あらすじ】

家庭教師でやって来た美しい叔母の梨花に魅了された美津雄は、女王様気質の彼女の命令に従いオナニーを披露する羽目に。次第に梨花に溺れていく美津雄は次々に倒錯的な性交を重ねるが、実母の安奈が不適切な関係に気付き自らの身体を差し出そうとする。

【登場人物】

沢村美津雄
15歳の中学3年生。安奈の実の息子。叔母の梨花に性的な興味を抱いている。

沢村安奈
36歳。美津雄の実母で夫と息子との三人で暮らしている。年相応にグラマラスな身体付きの魅力的な女性。妹の梨花に倒錯的な面で慕われているとは知らず、性格の違いからあまり親しみを感じていない。

野島梨花
31歳。安奈の妹で鋭利な美貌と抜群の肢体を持っているが、付き合っている男性はいない。バイセクシャルだが安奈を強く想い、これまで女性との関係を続けていた。外資系企業の重役秘書として働き、得意の英語を活かし美津雄の家庭教師を務めている。

川原祥子
23歳。梨花の後輩に当たり、バイセクシャル仲間で彼女の現在の恋人。清楚で細身な身体で、乳房も梨花に比べると二回りほど小振り。

海保いずみ
31歳。美津雄が3年になってからの担任教師だが梨花の同級生でもあり、これまでも二人で男を誘惑しシェアすることも多々あった様子。見た目は清楚で真面目な女教師然としているが、細身な身体に反してバストだけは豊満なグラマラス美女。

【展開】

ある日自宅の部屋で英語のテストの採点を終えた梨花はわざとブラウスのボタンを外し、乳谷を見せて誘惑し美津雄のパソコンに際どい画像を保存しているのを見てしまい、興奮したのならオナニーしてみなさいと唆す。梨花も服を脱ぎパンティの股布をずらして秘所をミラ見させながら指で慰めているのを見せ付けると、美津雄も手コキの速度を早め射精してしまう。

その三日後美津雄は甘い体験が忘れられずに梨花のオフィスを訪ねると、一緒にいた祥子と共にラブホテルへ連れ込まれてしまう。梨花に命じられるまま女上位のシックスナインで祥子の口内へ射精してしまった美津雄は、休むことなく四つん這いの彼女を後ろから貫き訳も分からぬまま二度目の絶頂を迎える。茫然とした表情で帰宅した息子に違和感を覚えた安奈は美津雄の部屋を訪ねるが、ベッドに横たわり呻きながらオナニーするのを見ると、自分も思わず身体を慰めてしまい罪悪感を抱く。

翌日曜日に梨花のマンションの部屋を訪ねた美津雄は素直にセックスしたいと告げるが、彼女は笑みを浮かべながら後ろ手に縛りアイマスクを着けさせてしまう。全身リップで一度、二度目は尻穴にローターを突っ込まれながらの口唇奉仕と立て続けに射精させられると、休む間も与えられず騎乗位で三度目の絶頂を迎え美津雄はすっかり骨抜きにされてしまう。

ある日美津雄が梨花の部屋を訪ねるとすぐさま安奈から消息を心配する電話がありヒヤリとするが、梨花はそれを楽しみながら美津雄をソファに横たわらせると開脚してローターを尻穴に入れさせる。そこへタイミング良く来客が現れると、担任のいずみだと知って羞じらいを見せる。前立腺への刺激も相まっていずみに乳首を舐められただけで達してしまうと、寝室に移動してベッドに仰向けにさせられ二人に代わる代わる犯され都合五発も中出しするのだった。

その日の晩帰宅した美津雄は入浴しながら倒錯した性交を思い浮かべていると、そこへ安奈がバスタオルで前を隠しながら浴室へ入ってくる。熟れた母の身体に勃起してしまうと、彼女もそれを分かっているかのようにぺニスを握りしめる。扱かれながら梨花との関係を自白させられると、安奈は珍しく怒気を含んだ声でもうこんなことはしないでと言い、自分が代わりにしてあげると告げると口唇奉仕で射精に導く。

しかし父がいる以上母がセックスまで許してくれる筈もなく、その二日後には梨花の誘いに乗せられて部屋にやって来るとさせてくれるものと期待するが、あっさりと拒まれるとバカにするなと怒り彼女を押し倒す。秘所がぐしょ濡れなのに感じていないと返され、彼女に乗せられていると薄々気付きながらも美津雄は指で絶頂へ導く。しかし梨花の反撃に遭い安奈に口唇奉仕をされ、本当に好きなのは母だと自白させられて騎乗位で跨がられ射精させられる。

安奈に強く迫ってみなさいと梨花に唆され、美津雄は一週間経ってから一緒に風呂に入って欲しいと告げると、安奈も嬉しそうに応じ梨花とはもう逢っていないのねと念を押す。嘘をつくことに美津雄は罪悪感を抱くつつ、台所の床に横たえた憧れの女体に触れ熱心に秘所をねぶり絶頂へ導くと、返礼とばかりに母子でシックスナインに突入する。そして正常位で結ばれ射精するが、その頃梨花が企みの総仕上げをしようと沢村家を訪れる…。

【レビュー】

題名通り主人公が家庭教師でもある叔母の梨花に魅了されていくのだが、彼女は主人公の美津雄を「敬愛する姉(安奈)の息子」として見ている節があり、彼自身にさほどの愛情は注いでおらずにプレイの駒の一つのような扱いである。同じことは梨花のセックスフレンドである祥子やいずみにも言えて、一章だけの絡みでかつ没個性化したヒロイン設定が単に駒の一つ扱いに過ぎないと思われる。

そんな梨花自身はいわば「女王様」であり、美津雄も彼女のペットの一人として躾けられていくまでに尻穴を弄られたり、拘束されて連続射精を強いられたりと散々な扱いを受けている。文中で多用される女性のような喘ぎや、美津雄自身がまだ義務教育末期の年頃というのは、作者の他の作品で登場する若いヒロインそのものを置き換えたと考えると納得のいくところである。

安奈は美津雄の母親には違いないが意外に近親相姦を冒すことには抵抗が見られず、恐らくは妹である梨花に何かしら吹き込まれたのだろうと推察するが、ピースの欠けたパズルのようなものでその違和感は拭い切れない。また祥子といずみはどちらかで良く、題名に従うならいずみに校内で弄ばれる描写があっても良かったのかな?という気はする。いずれにせよ羞じらいの濃淡はあるものの、ヒロインが痴女ばかりのような設定ならば四人は多すぎて、シンプルに母親と叔母の嫉妬の応酬にするとスッキリ纏まったのではなかろうか。

DSKさんのブログでも本作を紹介なさっています。
2001/12/23 発売→ Amazonはコチラから。→ Kindle版はコチラから。僕に初めて女の神秘を披露したのは31歳の叔母さま。受験勉強の後、下着を剥いで露わにした麗しき美肉に、甘い手指と朱唇の奉仕に、肉体はおろか魂まで奪われた。男となった僕の前に現われたのは、なんと担任女教師!学校では教えられない特別授業が叔母と先生の女体で…。遂には嫉妬に駆られたママまでが、淫らな家庭教師に。(引用元:Amazon)★☆☆☆☆ 叔母に翻弄さ...
三人の家庭教師-叔母とママと先生と(著:鏡龍樹、フランス書院文庫)

関連記事

tag : 中学生主人公 童貞 母子相姦

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三人の家庭教師-叔母とママと先生と(著:鏡龍樹、フランス書院文庫)

2001/12/23 発売 三人の家庭教師-叔母とママと先生と著:鏡龍樹、フランス書院文庫 → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉 → ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉 → 総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。 僕に初めて女の神秘を披露したのは31歳の叔母さま。 受験勉強...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR