FC2ブログ

櫻木充「【禁断卒業式】美母の約束・女教師の贈りもの」

櫻木充「【禁断卒業式】美母の約束・女教師の贈りもの」
(フランス書院文庫、2007年1月、表紙イラスト:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)




【あらすじ】

実母の紗恵を女と見てしまう克実は彼女の下着に悪戯することで何とか我慢していたが、受験を終えてから彼女の挑発はエスカレートしいつ相姦を冒してもおかしくない状態だった。そんななか紗恵が仕掛けた新たな誘惑の罠は却って裏目に出てしまい、克実は家出し担任教師の真帆の部屋を訪ねる。

【登場人物】

滝澤克実
15歳。難関進学校に合格したばかりの中学3年生。克実が幼い時に紗恵が白血病を患い、祖母が親代わりで育ててくれたのもあり、紗恵を母としてではなくママという女性と見てしまい罪悪感を抱いている。数学部の元部長で真帆にも興味を持つ童貞少年。

滝澤紗恵
35歳。克実の実母で学生時代に結婚したが13年前に交通事故で死別し、スーパーを営む実家に戻って来た。病が治まってから5年近くになるが、母子でマンションの一室に暮らしている。若々しくて165cmと上背が高く、バスト95cmのFカップと魅力的な肢体の持ち主。

横尾真帆
27歳。克実の通う学校でクラス担任と数学部の顧問を担当する教師で、黒縁メガネを掛けて長い髪を後ろに束ね地味な印象を与える。かつて恋人に手ひどく捨てられて以来恋愛に臆病になっていたが、克実と出会って癒しを得られる。彼の学年が卒業するのを機に転勤を申し出ている。

【展開】

志望校に合格して以来紗恵からあからさまに誘惑され、今夜も大胆なレオタード姿になって部屋にやって来たのを見て克実は無関心を装いながらも、友人が遊びに来る時にははしたない格好をするなと釘を差す。そっけなく浴室に向かう息子が今夜もまた自分の下着をオカズにオナニーするのを承知の上で、紗恵は息子の友人が自分に関心を抱くのを利用して当て馬のつもりで誘ってみようと考える。

ある日の放課後数学部に顔を出した克実は、真帆が出した難問パズルを解いたご褒美に彼女のハンカチが欲しいとねだり記念にすると喜ぶが、帰宅して窓越しに紗恵が勇治を呼び出してレオタード姿で身体を密着させているのを見て嫉妬に駆られる。紗恵もここぞとばかりに克実の悪戯に気付いていたと指摘し、下着に手を出すくらいなら黙認するからと告げ、レオタード姿で身体に触れさせる。彼女はこれで克実から性的な行為を求めるまで、あと一歩だとほくそ笑むのだったが…。

二日後の金曜日に克実は貰ったハンカチのお返しにと真帆へストラップを渡すと、紗恵への想いを打ち明ける。あわよくば真帆が代わりになってくれるとの期待もあったが、彼女から教師一般論として相姦は罪なことと諭されてしまう。帰宅するとほどなく紗恵も仕事から戻って来るが、そこへ友人が母へ用事があると電話を寄越す。紗恵は後で折り返すと告げ克実が入浴したのを見届けると、息子が聞き耳を立てているのを知って電話した振りをして翌日に会う予定だと嘘をつくが、当の克実は真に受けてしまい翌日に家出し真帆の部屋へ向かう。

雪の降るなか真帆の部屋を訪ねた克実だったが、まるで引っ越し間近で片付いているのを見て、寿退職するものだと早合点する。そんな彼から紗恵の誘惑がエスカレートし我慢の限界だと聞かされるが、真帆は敢えて克実の誤解を解くことはせずに一度限りの思い出にしようと考えて、手解きをしてあげると告げる。床に寝そべった彼に顔面騎乗し秘所の匂いを嗅がせたり舐めさせたりした後で、彼女は口で精を放出させてからスキンを付けさせ騎乗位で交わるが一度で収まる筈が無く、一晩中教え子の好きなようにさせるのだった。

真帆は紗恵に連絡して無事を伝えると有無を言わさずに糾弾するつもりで翌日会う約束を取り付けるが、当の紗恵から病の再発の兆候があると切り返され気勢を削がれてしまう。勿論相姦を認めさせる為の嘘であったが、夕刻になり自室に戻った真帆からその話を聞かされた克実は慌てて自宅に帰って来る。抱かれる気マンマンの母を見て、真帆との初体験を経験したばかりの克実はこのまま流されて紗恵を抱くのは嫌だと思い直し、卒業式までペッティングだけで済ませる日々を送る。

卒業式を終えた克実は帰宅するなり純白のホディスーツに身を固めた母を抱き、治療の影響で妊娠する恐れは無いと聞かされて生で交わる。ポルチオを突かれてアクメする紗恵とほぼ同じく三擦り半でイってしまった克実は体位を変えながら何度も射精を繰り返し、遂には背面騎乗位で母に跨がらせアナル処女を奪う。

数日後甲斐甲斐しく家事を手伝う息子を見て紗恵は今更病の話は嘘だったと切り出せずにいたが、克実が性欲発散と引き換えに手伝ってくれているのならと言い聞かせ、今だけの幸せを噛みしめようと決意を固めるのだった。

【レビュー】

かつて病に掛かったことがきっかけで息子の克実を溺愛するだけに留まらず、相姦願望を露わにする実母の紗恵は櫻木作品お馴染みの巨乳熟女で少々体型の崩れを気にする年齢でもある。一方の克実も病の影響で彼女を母親ではなくて「ママと呼ぶ女性」と意識し、しかしながら相姦を冒すのはいけないと躊躇している。その代償として担任教師の真帆に恋心を寄せるものの、教え子と教師との12歳の年齢差は20代青年と30代熟女との差とは違い、越えがたい壁となっている。

そんな中で実母の仕掛けた相姦の罠に耐え切れずに克実は真帆の部屋を訪ねて性の手解きを受けるものの、作中ではやはり対抗ヒロインの域を出ない役割に徹している。メインである実母は主人公から求めて欲しいと過去の病歴の話まで使う暴走気味なところも見られるが、やはり櫻木作品らしいカラッとしたフェチ要素も含む相姦作風だなと感じた次第である。
関連記事

tag : 中学生主人公 童貞 母子相姦

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR