FC2ブログ

藤原創「【初めての女性】少年と五人の誘惑」

藤原創「【初めての女性】少年と五人の誘惑」
(フランス書院文庫、2006年8月、表紙イラスト:松原健治)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)




【あらすじ】

実姉の莉奈を慕い上京した雅人だったが、姉と未遂に終わるものの自分の身の回りの人と次々に関係を持つ。一度きりと宣言されて欲求不満の雅人は莉奈にも関係を迫り、意地悪な言葉で責め立てながらも結ばれるのであった。

【登場人物】

杉原雅人
16歳。長野県出身で都内の男子高校へ進学する為に、今春から姉の莉奈の住むマンションに転居した。身長170cm位で莉奈とよく似た整った顔立ち。童貞

杉原莉奈
20歳。都内の私立大学に通う3年生。色白で身長160cmちょっとでスタイルが良い。麗華の部屋を特別に貸してもらっており、今春まで一緒に暮らし親しい仲にあった様子。

栗原真希
17歳。雅人の従姉に当たり、隣の駅の近くに住んでいる。ナチュラルな茶髪に染め、切れ長の瞳と整った鼻筋の美少女。巨乳で男性経験はあるらしい。

赤沢麗華
22歳。今春より航空会社の客室乗務員として働く為、同居していた莉奈に部屋を貸して別の場所に転居している。スタイルが良くエキゾチックな美女だが、莉奈とは性的に親しい仲なののに飽きやすく、偶々部屋を訪れた際に雅人に興味を持ち悪戯を仕掛けられる。

栗原房子
40歳。真希の母親で3年前に夫を失い、娘と2人で暮らしている。自営業を営む男性と再婚の話が出ていたものの、折からの不況で見送りとなり失意の底に浸っていた。華奢ながらも豊かな胸とヒップの持ち主。

雨宮沙織
25歳。雅人が通う高校で音楽を担当する美人教師。受け持ちが違うため直接の面識はないが、清楚で肉感的な身体付きから男子生徒の間でマドンナのような扱いを受けている。

【展開】

同居生活を始めた雅人は、莉奈と一緒に通う朝の通勤電車の混雑に乗じて彼女の身体に密着すると、下校して帰宅するなり莉奈の部屋に侵入する。履き古しのストッキングの匂いを嗅ぎながら倒錯したオナニーをすると、その晩コンパで遅くに帰宅した莉奈を介抱しようと部屋に連れていき、服を一枚ずつ脱がせる内に興奮して勃起を太股に擦り付け射精してしまう。

莉奈と合体未遂に終わったその週末に真希が部屋を訪ねて来るが、莉奈の部屋に鍵が掛かっているのを不審に思われて何かあったろうと追及を受ける。エッチなことを考えているのではと従姉に翻弄され、雅人は勃起を剥き出しにさせられると背中から密着されながら手コキで精を放出する。更に裸を見せられパイズリから口唇奉仕で二度目の射精をしたものの、続きはまたとお預けを食らわされる。

数日後帰宅した雅人は部屋に麗華がいるのを見て、その口振りから二人が親しい仲だと察するが、姉の部屋に鍵が掛かっているとサディスティックに責め立てられる。雅人の部屋で相互オナニーを披露した後で、手を縛られたまま麗華の巨乳や熟れた秘所への奉仕を迫られ立て続けに射精させられるも、又も本番はお預けだと焦らされてしまう。

お預けを食らわされてばかりの雅人は、ある日雨に濡れながら房子のマンションへやって来る。風呂に入るよう勧められた雅人だったが、バスタオルを巻いただけの叔母の色香に翻弄され、初めては房子で体験したいと懇願する。寝室に入ると身支度を整えていた房子の服を一枚ずつ脱がせながら濃厚なキスを交わすが、一度きりと念を押しながらも他の女に触られたことがあるなんてと嫉妬混じりに奉仕する房子の口中に射精する。

数日後下校途中に沙織と出会った雅人は彼女の訪問先が同じマンションと知りエレベーターに乗るが、地震のせいで急停止してしまう。迫る尿意に我慢できず失禁してしまった沙織を自室に連れて来てシャワーを浴びさせたまでは良かったが、沙織は口止めにと何でも言うことを聞くと譲らず、セックスをしてみたいと雅人は要求する。積極的に口唇奉仕し飲精する沙織に興奮し、一度きりの条件ながらも正常位で繋がる。

莉奈と不仲になってから2ヵ月が過ぎたある日、沙織や真希に無視され、麗華、房子の元を訪ねるも立て続けに冷たくあしらわれ、部屋に帰る気も失せた雅人は公園のベンチに座って雨に打たれていると、姉に保護され帰宅する。麗華にフラれた失意にあった莉奈に言葉巧みに迫った雅人はイラマチオ同然に姉の口中に精を放出すると、今度は自分の番だとクンニして指ピストンでアクメに導く。そして相姦に抵抗を拭い切れない莉奈に正常位で挿入すると、子宮に迸りを受けて理性を失った姉に求められるままに体力が続く限り交わるのだった。

【レビュー】

姉に想いを寄せる主人公が性の遍歴を辿り本命に行き着くまでの流れは、フランス書院文庫での高竜也氏や牧村僚氏が得意とする作風であり、主人公の初体験までがやや長いような気もするが概ね好意的な印象である。ただ五人とした割には年齢差を除き、従姉と客室乗務員との属性が被っているようで、一人ないし二人減らしても良かったのかなと思う。

お預けを食らわされる主人公の性格を見ると、「一度きり」とヒロインが拘るその理由も分からなくはないけれども、妖艶な客室乗務員はともかく叔母に至っては主人公の逸物に他の女が触ったのねと嫉妬混じりに呟くのを見るとその後は随分な扱いである。ヒロインの人数に拘ったがあまりに終盤に実姉と結ばれるまでの余裕がなく、駆け足にしたみたいで勿体無い限りだと思う。客室乗務員に童貞を奪われ、叔母に溺れた主人公を最後に実姉が救うという流れでもスンナリ纏まったのではないだろうか。

DSKさんのブログでも本作を紹介なさっています。
2006/8/23 発売→ Amazonはコチラから。→ Kindle版はコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<電子書籍>「そう、上手よ…もっと大きく腰を動かしてっ…」豊満な乳房を打ち振り、腰をゆらめかせて微笑む女性。性への憧れと実姉への欲望に惑う雅人を導いてくれるのは、挑発的すぎる従姉?それとも黒下着で誘う姉の友達?柔肌の熟叔母?可憐さの奥に淫蕩さがのぞく女教師?悩ましすぎる年上巡りの末に迎える最高の初体験。★...
初めての女性(ひと)-少年と五人の誘惑(著:藤原創、フランス書院文庫)

関連記事

tag : デビュー作品 高校生主人公 童貞

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初めての女性〈ひと〉-少年と五人の誘惑(著:藤原創、フランス書院文庫)

2006/8/23 発売 初めての女性〈ひと〉-少年と五人の誘惑著:藤原創、フランス書院文庫 → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉 → ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉 → 総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。 「そう、上手よ…もっと大きく腰を動かしてっ…」 豊満な乳房...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR