FC2ブログ

西条麗「秘戯」

西条麗「秘戯」
(フランス書院文庫、2003年7月)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)

秘戯 (フランス書院文庫)
西条 麗
フランス書院
2012-08-17



【あらすじ】

妻との関係が上手くいかず、子供たちもパラサイトシングルで苛立ちを募らせていた中原は、ある日弁当屋の売り子である麗奈と出逢い癒しを得る。夜はホステスとして働く彼女に惹かれ関係を結ぶものの、ある日道端で萌を保護し世話を焼くと、彼女から愛していると告げられる。

【登場人物】

中原圭二
50代で某中堅企業の営業部長になったばかりだが、家庭では25歳の過食症の無職の息子と、恋人に捨てられたのがきっかけで拒食症になった娘、二人を溺愛しそりが合わなくなっている妻との三人暮らしで、家庭崩壊の危機に瀕している。

南原麗奈
28歳。山形出身のシングルマザーで母親に娘を預けて上京し、ホステスと弁当屋の売り子を両立し生活費を稼ごうとしていたが、結局弁当屋を辞めてしまう。「乱し系」と自称し空気が読めない天真爛漫な性格だが、中原は癒しを得る。Cカップ。

川崎萌
23歳。岩手出身で上京し一時期はOLに就いていたが、何らかの理由で会社を辞めて無気力な生活を送り、道端で乱れた姿で眠っていたところを中原に助けられる。スレンダーな身体ながらもEカップのバストとスタイルは良い方。

【展開】

朝から妻と喧嘩して出社した中原は、昼休みに弁当屋で出会った麗奈の明るい性格に心が癒されるものを感じ、毎日のように通い詰める。しかしある日彼女が仕事を辞めたと聞き落胆するものの、一年ぶりに再会した友人の奢りで向かったクラブで麗奈と再び話をする機会を得る。翌週再び店を訪ねた中原は仕事を終えた麗奈に誘われて部屋に向かうと、乱し系だからと言いながらも態度を変えず、まるで父親のようだと語る彼女を抱くのであった。

半月後中原は帰宅途中で萌を保護し彼女の部屋に向かったが、部屋に溜まったゴミから放つ異臭に辟易しホテルに連れていくと、自ら身体を洗おうともしない萌に呆れながらも世話を焼く。その週末中原は妻と口喧嘩の末家を出るとふと萌が気になり部屋を訪ねると、相変わらずゴミだらけで不潔にしているのを見て部屋を片付ける。翌日まで掛かり流石に疲れたとベッドで昼寝をしていると、いつの間にか萌に奉仕されているのに気付き、そんなつもりではなかった中原も雰囲気に流され彼女を抱く。

萌を抱いてから半月後麗奈と再び関係を結んだ中原は、彼女が余計な詮索をせずにいることに安堵するものの、やはり萌のことが気になり週末に部屋を訪ねる。ゴミだらけの部屋の中を再び片付けた後で中原は萌を連れて食事を済ませると情交に至るが、何か対策を講じなければと考えて、妻に内緒で週末に萌と伊豆へ小旅行に行こうと思い付く。恋人さながらに楽しむ萌を見て、中原も普段より頑張り三度目の情交に至るのだった。

一方で麗奈とも関係を続けていた中原は彼女の部屋を訪ね身体を重ねると、母親の具合が悪いとの知らせを受けて一時的に帰郷すると聞き同伴すると約束する。その週末山形まで送り届けるが、病院の待合室で麗奈と母親が口喧嘩をしているのを目にし複雑な家庭事情を知る。温泉宿に泊まって情交を済ませると、麗奈からシングルマザーだと聞かされ娘の名前が萌だと聞いて複雑な思いを抱く。そして翌朝彼女が暫く郷里に残っていくと知って大人の対応で別れを告げるものの、中原はもう東京には戻らないだろうと確信する。

二泊の予定が早まって帰京し萌の部屋で一夜を明かした中原だったが、その三日後に友人の恋人から連絡が入り彼が妻の後を追ってハワイで自殺したと聞かされる。友人の羽振りが良かったのは会社の金を横領していたからだと知り、やり切れない思いを抱いた中原は萌の部屋を訪ねて彼女を抱くものの、それが最後の逢瀬となる。友人を失い、自分が愛した若い女性たちが郷里に帰って再出発を決めたことに、中原も現実と向き合おうと決意を固めるのであった。

【レビュー】

フランス書院文庫でも数少ない女流である作者は本作でデビューし、4作品を残している。偶々同姓同名のアダルト女優もいるのだが、関連性のほどは不明である。従って作者が若いのかそれ相応の熟女かも分からないのだが、本作を含め他の作品においても40歳以上の男性を主人公にしている。

社会的にも責任ある立場の人物が若い女性と出逢い性的には淡白であるはずが二回戦、三回戦まで挑むだけの精力もあると再認識するし、女性たちも父と娘くらいに年齢の離れた男性に優しくされ人生をやり直そうと決意する。大人向けの作風ではあるものの、官能小説としては要領よく纏まっている分物足りなさも感じられる。

本作が刊行された2003年時点では、マスターズ文庫を中心にこうした大人向けの落ち着いた作品もしばしば見られていたのだが、年を経る毎に主人公の年齢は下がっていく。少年や青年主人公が年上の女性に憧れや性的な興味を抱き、次々に関係してハーレム化する作品が多くなったのは、今から見れば納得のいく流れかもしれないが、その分捨ててきたものも決して少なくは無いだろうと感じる次第である。

DSKさんのブログでも本作を紹介なさっています。
2003/07/23 発売→ Amazonはコチラから。→ Kindle版はコチラから。鈴口にキスをし、茎深く咥え朱唇をすぼめて抽送。 さらには肉袋から会陰部に舌を這わせ刺激を送りこむ。 こんな濃厚で情熱的なフェラは、性交は、初体験だった。 妻に秘密で若い牝肉と交わす秘技、秘儀、秘戯…… 仕事を忘れさせ心身を癒してくれる愛らしい萌と麗奈。 若い美女二人の献身と甘い蜜肉で今、男は牡になった!★★★☆☆ 熟年男の出会いと別れと再スタート, 2...
秘戯(著:西条麗、フランス書院文庫)

関連記事

tag : 社会人主人公 デビュー作品

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR