FC2ブログ

響由布子「欲望の試着室」

響由布子「欲望の試着室」
(竹書房ラブロマン文庫、2015年10月、表紙イラスト:大柴宗平)

ネタバレ有り。御注意下さい。

欲望の試着室(Amazonサイト)


【あらすじ】

再就職に伴い勇はスーツを購入しようと紳士服店を訪れるが、試着室で美しい店員の弘子に突然口唇奉仕を受けて射精に導かれる。彼女は何故そんなことをしているのか、謎を解くために勇は店に通い始めるが、妖艶な店長の佐保子など淫靡な店員たちに次々に誘惑される。しかしある日弘子に呼び出され淫戯の真相を知り、勇は新たな世界を知ることとなる。

【登場人物】

望月勇
29歳。ブラック企業を辞め再就職に向けて活動中。スーツを買おうと偶々訪れた郊外の紳士服店で甘美な体験をした事から一方的に弘子に想いを寄せ、店に通いつめる。母親を除いた女性全般に苦手意識を持ち、性体験は無いままで来た。寧々子と同い年の妹がいる。

田中弘子
24歳。郊外の紳士服チェーンのある店で採寸担当の仕事に就いている。実は夫はそのチェーンの著名な経営者で、後妻に迎えられて夫好みの女に仕立てられた経緯がある。しかし加齢に伴って男性としての自信を失ないつつある夫の欲求を満たそうと若い男を探しており、勇がプレイの相手として相応しいと照準を定める事に。

牧瀬佐保子
30代で弘子が勤める紳士服店の店長。元は田中社長の行きつけのスナックのママで愛人関係にあったらしい。夫妻の事情を知って弘子の男漁りを容認しているだけに留まらず、自らも勇を誘惑して初物を頂くなど性的に奔放な一面がある。

赤塚セイラ
29歳で勇の中学時代の同級生。中学時代はいわゆるヤマンバメイクで不良たちと釣るんでいたが、何故か勇だけは怯む事なく彼女と接していたらしい。現在は年子で小学校高学年になる二人の子供の母親で夫とも一応円満な様子。結婚を機に勇の住む街に引っ越し、紳士服店の礼服売り場を担当する。

久保寺真紀
35歳。紳士服売り場を担当する店員の一人。夫はいるが浮気に走っており、自らが不感症なのが原因だと思い詰めていた。佐保子とセイラが勇の取り合いになっていると聞き、催眠治療のパートナーに彼を選ぶ事になる。

友成寧々子
21歳の女子大生で、父親同士が知り合いという関係から田中社長と懇意にしており、その縁で勇を紹介される。女としての自らの価値に拘りを持ちマニアックなオナニーもしているという少々風変わりな面もあるものの、男性経験は全く無い。

【展開】

偶然入った紳士服の店でスラックスの裾上げをしてもらおうと試着室に案内された勇だが、担当の弘子の色香に誘われ勃起しているのを見破られて、何故かペニスを取り出され口唇奉仕を受ける。次の日から店で弘子を監視し始めたものの、すぐさま佐保子に捕らえられた勇は店長室で弘子とは違った熟女の魅力に圧倒され、口唇奉仕された後で対面座位で童貞を奪われると更に彼女の積極さに負けて二回戦まで経験する。

数日後勇は別のスーツを購入すると見せて弘子を試着室まで連れ込み、はしたない真似は止めるように説得を試みるも失敗するもののセイラと再会する。彼女と居酒屋で思いで話に花を咲かせていたものの予感通りにラブホテルへ直行した勇だが、彼女から仕事柄服の上からでも逸物のサイズは見当が付くと聞かされて弘子がサイズに興味を抱いたのではと落胆しつつも、セイラと立て続けに三回交えた後で弘子と連絡を取りたいからと仲介を頼む事に。

その翌晩弘子と逢った勇だが、何故か彼女から愛の巣に来るように誘われ抱いて欲しいと迫られて、立て続けに膣内に射精したものの、はぐらかされた感が否めずにいた。翌日勇は紳士服売り場でセイラからの追及をかわすが、そこへ現れた真紀からの頼みで催眠治療に付き合わされる羽目になる。
治療で羞恥心を取り去り積極的になった真紀に対し催眠術に半信半疑でいた勇もテクニシャンになると誘導され彼女を指や舌で愛撫して絶頂へ導くと、前でしたばかりなのに立て続けに後ろの穴までも求められ少しだけ自信を付ける。

そんなある日の晩に弘子に呼び出された勇はそこに田中社長がいて夫だと知ると共に、二人の関係に気付いていながらも寛容な態度でいる事に不審を抱く。実は男としての自信を失ない寝盗られプレイに興奮するという社長から目の前で彼女を抱いて欲しいと言われて勇は唖然とするが、夫に秘所を攻められ喘ぐ彼女に触発されて一度は交わるものの、二度目となると怖じ気付き慌てて逃げ去ってしまう。

その直後社長の紹介で寧々子と逢った勇は、彼女が抱いて欲しいというサインを出しているのにとダメ出しを食らって反省しつつも、見掛けに反して性的な被虐願望があるのに驚く。勇が主人となって彼女にオナニーを命じると、玩具を使って激しい行為を見せられその後破瓜へ導くと、彼女は弘子を想っていても良いから自分を第二の恋人にして欲しいと求められ応諾する。

寧々子との情交で幾分自信を取り戻した勇は再び社長の目の前で弘子を抱くようになるが、ある日社長の提案で寧々子を交えたスワッピングプレイを求められる。勇は社長を興奮させる為に寧々子と弘子のレズビアンプレイから弘子との情交、ベッドでの寧々子との情交と立て続けに射精するが、社長はまだ物足りぬと弘子に奉仕させながら二人に悪戯させて絶頂へ導くと騎乗位で弘子と交わるように命じる。
寧々子が弘子の後ろの穴にバイブを挿しながら攻めていると、やる気に満ちた社長はバイブと入れ替わりにペニスを孔穴に挿入し薄い膜越しに勇の逸物と擦り合わせながら久し振りの快感を味わうと、自信を取り戻して今度は佐保子を仲間に加えようと勇に提案する。勇は機会があればこれから何度でも女性たちを試着してみたいと新たな世界に思いを馳せるのであった。

【レビュー】

採寸の仕事に就いていると大体の服のサイズが分かってしまうという作者の知人談に基づき、スラックスの膨らみで逸物の大きさも分かるなら…というややファンタジーめいた前提で展開される作品。童貞の主人公が紳士服店を訪ねると美人の女性店員にいきなり口唇奉仕を受けてしまい、これがきっかけで次々と奔放な店長や店員たちに誘惑を受けるラッキーぶりを見せるのが前半の流れである。

同級生店員のツテで美人店員とも関係を持った主人公は人妻だと聞かされても諦め切れずにいたものの、ある日彼女と歳の離れた紳士服店の社長でもある夫により仕掛けられていたと知り、本能的に一度目は彼女を抱くものの自信を失ってしまう。しかし性的に倒錯した女子大生との出逢いをきっかけに主人公も別の変態性に気付き、終盤では社長の目の前で二人と交わるまでに成長している。

そこまでの成長がやや早いし、店長や店員二人の内いずれかは不要だったのかもと思わせる節も感じられるのだが、人妻店員とは催眠要素、美人店員の夫には「寝盗られ」趣味が有ったりと「ラブロマン」らしい程々のファンタジー要素が見られていて非常に興味深いところである。
関連記事

tag : 社会人主人公 童貞 処女

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR