FC2ブログ

2015年10月刊・11月刊情報

早いもので2015年も残り4分の1となりました。急激に秋めいた天候で寒暖の差が激しいですが、読書をするのには良い季節になったように思います。風邪をひかないよう身体には気を付けたいものです。


●フランス書院文庫10月刊情報

「これから出る本」(公式ホームページ)

「本が好き!らぼ」近刊情報サーチ

※フランス書院で検索しているので、美少女文庫作品も出て来ます。各書籍ページからAmazonにリンクしています。


御堂乱「女教師【テニス部・奴隷合宿】」

Amazonの紹介ページでは同じ作者の「女教師【林姦学校】」と混同されていますが、登場人物を見る限りは関連性はないようです。

藤崎玲「因襲の家 未亡人兄嫁と若兄嫁と義母」

今月はフランス書院文庫Xで、過去の作品が新装丁で出版になります。

山口陽「押しかけ美母娘【おいしい手ほどき】」

美少女文庫のベテラン作家による新刊は母娘丼ですが、あらすじにない他のヒロインが出て来たりするのでしょうか。

庵乃音人「叔母vs.北欧から来た母娘」

こちらは何と言っても「北欧から来た母娘」でハーフ美少女の(フランソワ)瑠香に注目ですが、期間限定の「四角姦係」というくだりから読み取れる事は…?

榊原澪央「絶対調教 彼女の母、彼女の姉、担任の先生まで」

丹野忍さんによるヒロイン?の表紙イラストがグッドです。個人的には榊原さんは二次元的な要素が強いイマドキな作家さんという印象です。

星悠輝「初体験四重奏 義母、義姉、新任女教師、隣人妻と」

あらすじを見ると甘えん坊な主人公のようですが、果たして4人を相手にどう振る舞うのでしょうね。


◆フランス書院文庫X

結城彩雨「肛虐の紋章【人妻無惨】」

藤崎玲「兄嫁と新妻【脅迫写真】」

フランス書院文庫Xは10/9、フランス書院文庫は10/23が刊行日ですが、金曜日の刊行は下手すると週明けまで未入荷の可能性もあり、また店頭とAmazonの両睨みになりそうです。

※本日10/2にトー・クンの3部作の2作品目である「義母」が電子書籍化されています。

トー・クン作品紹介(公式ホームページ)

DSKさんのブログでお馴染みの「気になる」官能書籍の紹介記事はコチラからどうぞ。随時更新中です。
2015年10月発売予定の官能書籍から「気になる」作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!●フランス書院文庫X◆肛虐の紋章-人妻無惨(著:結城彩雨) 2015/10/13 発売→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。夫の出張を狙って熟妻に襲いかかる悪魔上司。満員電車で双臀を弄られ、貞操を穢される。口を、秘唇を、アナルを嬲られた由季子は、「奴隷契約」を結ばされ、悪夢の肛肉接待へ。那津子、洋子、愛、志...
2015年10月の「気になる」官能書籍



9月末には「第15回フランス書院文庫官能大賞」の結果発表が出ています。(官能大賞の名前に文庫が入っていたりいなかったりと揺らぎがありますが、募集要項には文庫が入っているのでこれを正式とします。)

「第15回フランス書院官能大賞」結果発表(公式ホームページ)

今回は新人賞と特別賞でそれぞれ受賞なさっています。おめでとうございます。新人賞は「凌辱小説の王道と呼ぶにふさわしい作品」、特別賞は「これまでにない圧倒的なパワーを感じた」という事で、近日中の出版が楽しみです。因みに新人賞の方は「500頁近い圧倒的なボリューム」である事から、フランス書院文庫Xからのデビューが濃厚でしょう。

■フランス書院文庫11月刊情報

11月も復刊シリーズの発売はありません。2015年4月~9月にかけて発売されましたが、一定の役割を終えたという事でしょうね。

11月は通常通りフランス書院文庫6冊が発売予定ですが、新出の鬼龍凱さんが登場です。第14回の最終選考に似たタイトルの応募作品がありますが、詳細はいずれアナウンスされるのではと思います。

「第14回フランス書院官能大賞」結果発表(公式ホームページ)

綺羅光「三人の美熟妻【艶愛】」

巽飛呂彦「未亡人寮母・かおり」

相馬哲生「力ずくの秘書室【三匹の専属奴隷】」

高杉圭「熟女は最高! 隣りの淫らなおばさまvs.ママ」

早瀬真人「ハーレム・キャンパス 新入生と人妻女子大生と美人准教授と」

鬼龍凱「高慢令嬢姉妹、堕ちる」



「これから出る本」(フランス書院公式ホームページ)

【10/23追記】

2015年11月発売予定のラインナップが出揃いました。詳細や雑感は11月頭の記事で述べたいと思いますが、タイトルを眺めるとフランス書院文庫らしかったり、らしくなかったりと個性豊かですね。

※11月発売予定のフランス書院文庫は11/24の刊行ですが、都合によりこの週は本の購入は出来ても読めないかもしれません。いつもより記事の更新が大幅に遅れる可能性があります。楽しみになさっている方には申し訳ありませんが、何卒気長にお待ち頂ければと思いますm(__)m
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2015年10月の「気になる」官能書籍

2015年10月発売予定の官能書籍から「気になる」作品をDSKが独断と偏見でピックアップ! ●フランス書院文庫X ◆肛虐の紋章-人妻無惨(著:結城彩雨) 2015/10/13 発売 → Amazonはコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 夫の出張を狙って熟妻に襲いかかる悪魔上司。 満員電車で双臀を弄られ、貞操を穢される。 口を、秘唇を、...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR