FC2ブログ

柏木薫「熟女授業 叔母と未亡人と淫妻」

柏木薫「熟女授業 叔母と未亡人と淫妻」
(フランス書院文庫、2005年8月)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)

【あらすじ】

童貞喪失に失敗した浩介は絵描きで生計を立てる沙耶と知り合い、優しく筆下ろししてもらう。その後隣人妻の理奈子や大学の先輩の遥香とそれぞれ付き合うようになるが、実は長年叔母の麻美に想いを抱いており、一度だけの情交に及ぶ事になる。

【登場人物】

池脇浩介
15歳。中学3年生。友人と共に先輩の姉にセックスの手解きを受けようとして怖じ気付き失敗するが、沙耶などの美女たちと次々に出会う。天体観察が趣味だが、後にこれが違う意味で役立つ事に。

※第2章までは主人公が中学3年生、第4章までは高校1年生、後は大学4年生の時の話です。

平原沙耶
36歳。デザイナーを志して夫と出逢い結婚したが、5年前に事故で亡くしている。現在はイラストの仕事に就いているものの、久しく男性との関係を持っていない。長い黒髪とグラマラスな身体の美女。

徳永理奈子
31歳。引っ越した浩介の家の向かいのマンションに夫と共に暮らしている。外国人並みの整った身体付きで始めは遊び半分だったが、次第に浩介との関係に嵌まっていく。

萩原麻美
34歳。浩介の母親の妹(叔母)で彼が通う大学で社会学の助教授に就いているが、過去に付き合っていた男性に手酷く振られて以来男性不信に陥っている。

矢島遥香
25歳。麻美の教え子の大学院生。眼鏡を掛けて生真面目そうに見えるが、男性経験はそこそこある模様。浩介を紹介されて以来興味を持ち、恋人として付き合うように。

【展開】

友人から模擬試験を終えたら先輩の姉に筆下ろしして貰う手筈が付いたからと聞かされ、退くに退けなくなった浩介は友人と彼女の部屋にやって来る。先にセックスする事になった友人が気になった浩介は襖の隙間から様子を覗くと、生々しい情交を目の当たりにして怖じ気付いて逃げ出してしまう。
学校をサボりタバコをふかしていた浩介は沙耶に声を掛けられ部屋に招かれると、絵に興味を持ち頻繁に訪ねるようになる。数ヵ月後いきさつを話した浩介に対し、沙耶は背伸びせずに自分が教えてあげると誘い、一緒に入浴した後で避妊具を付け正常位で導かれる。後始末をしてもらう内に再び臨戦態勢に入ると、騎乗位やバックなど体位を変えながら生の情交に至る。

高校1年の終わり頃に父親の転勤に伴い沙耶と別れた浩介は、新居のベランダから望遠鏡で天体観察をするつもりが偶然にも理奈子が部屋で一人遊びに興じているのを見てしまい、それに合わせてオナニーしてしまう。そんな習慣が続くなかである日理奈子に覗きを気付かれ、テレフォンセックスの後で部屋に呼び出され騎乗位で関係を結ぶ。
その数日後の週末に浩介は理奈子に誘われ部屋を訪ねると夫がいると知り肝を冷やすものの、夫が酔って寝入ったのを見るや理奈子の誘惑を受ける。浮気者の夫に仕返しがしたいと聞かされた浩介はそれを逆手に取り強い口調で理奈子を責め立てるが、彼女がプレイの一環だと楽しんでいるのを見て、隣のベッドで四つん這いにして後ろから貫くのだった。

大学へ進学し4年生になった浩介は内定が貰えず麻美に相談するが、教官室を訪ねた遥香の方が適任だからと話を聞いてもらう内に意気投合し飲みに行く。そして浩介は酔った彼女を部屋へ送るが、彼氏と別れたばかりと泣くのを放っておけず抱き寄せる。意外にも積極的な彼女に跨がられると、休まずに二回目は正常位から側位に変えて朝まで交わる事に。
浩介は内定が決まったと麻美の部屋でお祝いしてもらうが、遥香から彼と恋人として付き合うと報告を受けた麻美から一度でいいから抱いて欲しいと求められる。長年男性不信に苦しんでいた叔母の為に浩介は正常位で抱くもあっさり果ててしまい、自分の想いはこんなものではないと奮い立たせると、そのまま抜かずの二回戦に突入するのだった。

【レビュー】

2004年に「妻交換【のぞく夫】」で鮮烈なデビューを果たし、寝盗られとスワッピングを題材にしていたが、2作品目の本作はその要素を内包しつつも誘惑作風に転じている。因みにその後は元の凌辱要素を強めた短編2編を出すに留まっている。

主人公が中学生で筆下ろし、高校生で不倫、大学生で先輩と恋人関係に陥り、最後は叔母と甥の関係を意識して一度だけの情交に及ぶという流れだが、作風の関係でどうしても小間切れの構成になるのは仕方のない所だが、逆にその時しかないという情交の激しさ、淫隈さはよく出ていたと思う。

作品を重ねられずにいたのは思うような仕上がりにならなかったのか、執筆以外の事が多忙な故なのかは分からないが、こうした誘惑作風にフィットしていたと感じさせる作品なだけに残念だなという気がする。
関連記事

tag : 童貞

コメントの投稿

Secre

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR