FC2ブログ

鮫島次郎「おいしい熟女」

鮫島次郎「おいしい熟女」
(フランス書院文庫、2008年5月、表紙イラスト:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。

※公式ホームページでの紹介記事は無くなりました。(2015年8月現在)

おいしい熟女 (フランス書院文庫)
鮫島 次郎
フランス書院
2008-05-23



Amazon Kindle ストアで作者本人による改題、再編集の作品はコチラから。




【あらすじ】

叔母の由紀恵と初体験をした龍平は成長するにつれて、クラスメイトの母親、茶道の師範、車掌、教授の秘書、看護師長、外科医といった熟女たちと関係を結んでいく。

【登場人物】

青井龍平
主人公。熟女たちに好かれるような気遣いが出来る青年。

※由紀恵と奈津美と芙美江は主人公の高校時代、以降は大学生時代の話です。

由紀恵
龍平の母親の妹(叔母)で婦人警官。結婚はしているが子供はいない。

伊吹奈津美
補整下着の訪問販売の会社に勤める契約社員。龍平と同級生の娘がいる。170cm近い身長と90cm近い豊満なバストが魅力的な女性。

竹中芙美江
青井家の隣りに住む未亡人で茶道の師範をしている。京都出身で着物が似合うはんなりとした物腰で、お淑やかな印象の女性。

金剛ハルエ
新幹線の車掌を務めている。耳たぶ辺りで切り揃えた短い栗色の髪に男好きのしそうな美貌で身長160cm位。龍平が新幹線に乗った時に機転を利かせ、親切にしてもらって以来一目惚れしてしまう。独身。

藤沢紀香
龍平の指導教官の秘書を務めており、艶やかな黒髪を肩の辺りまで伸ばした身長160cm強で腰の位置が高く、スタイル抜群の美女。剣道の有段者。独身。

伊藤葵
市内の総合病院の看護師長で、パーマ掛かった短い黒髪で肉付きの良い美女。10歳近く年上の夫との夜の営みはご無沙汰の様子。

川端良枝
市内の総合病院の外科医で、クールな印象を与える美貌に腰が高くスタイルの良い美女。葵と同じく夫とはご無沙汰の様子。

【展開】

甥の龍平に着替えを覗かれたり電車内でチカン紛いの行為をされたりした由紀恵は、ある日知人の法事を終えて龍平宅に戻ると制服やパンストが精液で汚されているのに気付き、甥の性欲の強さを知り女の全てを見せてあげると告げ童貞喪失に導くのだった。

甥との関係に嵌まっていく由紀恵は白昼に制服を着たままホテルに向かい逢瀬を重ねるが、そんな中会社の昼食会で2人を見掛けた奈津美は後日龍平から付き合っている女性がいるから付き合えないと手酷く振られたと娘から話を聞き、由紀恵と気付く。
2ヵ月後奈津美は補整下着を見たいと龍平に頼まれると、娘の代わりに仕返しをしようと思い付き下着姿を披露して誘惑するが、由紀恵との関係を思い浮かべる内に自分に惚れさせようと情交を受け入れる。

高校3年生になった龍平は芙美江と顔見知りになり、数日後芙美江から土砂降りの中軒先に立つ彼を呼び止めて自宅に招かれシャワーを浴びると、タオルから覗いたペニスを見られたのをきっかけに肉体関係に陥ると、上品な彼女にいやらしい言葉を口にさせるのだった。

大学へ進学した龍平は旅行帰りの新幹線の車内で機転を利かせ酔客からハルエを助けると、東京に着く直前にお礼がしたいと食事に誘われる。彼女が酔い潰れホテルの部屋まで送り退出しようとするが「意気地無し」とハルエに呼び止められ、「据え膳」だと気付き正常位で結ばれる。翌月テニス大会で上京したハルエを応援しに来た龍平は、目の前で彼女のアンスコを拝めて満足すると優勝したご褒美にホテルで後ろから抱くのであった。

熟女たちと逢瀬を繰り返し学生生活を楽しんでいた龍平はある日指導教官に呼ばれ紀香と共に研究室の片付けを手伝うが、あからさまな誘惑に乗せられ彼女をデスクに仰向けにすると立て続けに情交に至る。数日後剣道の奉納試合にやって来た龍平は彼女の強さに感動したと何か出来る事はと尋ねると、望み通り人気の無い試合会場で剣道衣の彼女を組み伏せるようにして抱くのだった。

進級した龍平はある朝自転車で通学している途中で良枝のスタイルの良さに目を奪われ、葵が運転する車と接触して頭を打ち入院を余儀無くされるが、葵は龍平が熟女趣味だと若いナースから聞かされるとその晩に病室を訪れて事故に巻き込んだ「償い」をさせて欲しいと騎乗位での交わりを求める。2日後関係に気付いた良枝とも結ばれた龍平は看護師長と外科医が病室にやって来た競い合うように奉仕され思いがけぬ幸運に喜ぶのだった。

【レビュー】

熟女に特化した作品を描く作者の通算3作品目で、本作のテーマは「制服熟女」とまさにKindle版に命名した作者自身のタイトルネーミングの方が的確である。

叔母:婦人警官でチカン描写あり、喪服での情交
クラスメイトの母親:補整下着を付けたり、娘のセーラー服を着たままで情交
隣の未亡人:和服での情交、尼僧に扮したコスチュームプレイ
新幹線の車掌:テニスプレーヤーでもありユニフォームプレイ、新幹線の個室での情交
教授秘書:スーツ姿の情交、剣道有段者なので道衣を来たままのプレイ
看護師長と女医:入院先の病室にて白衣での3Pプレイ

1人に2つのプレイが命題だったのか、目まぐるしく変わるコスチュームプレイ自体読み応えは有るのだが、作者の描くヒロイン像が熟女の割りに羞じらいがあまり無く軽い言動に感じられる事、ヒロインが好意を抱いていてそれとなく誘っているのを主人公が呆気なく看破してしまい「据え膳」を楽しんでいる事が出来レースに思えて、却って興を削いでしまっていて残念である。

悪戯な熟女たちによるラブコメディーめいた作風はイラストを付けたコミックなら別の楽しみ方があるのだが、文字で想像させる官能小説では命取りなのかもしれない。1度で2度美味しいコスチュームプレイも、これだけヒロインが多いと描写量が少なくて呆気無く物足りない。色々な面で勿体無いと思わせる作品である。
関連記事

tag : 高校生主人公 大学生主人公 熟女限定

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おいしい熟女(著:鮫島次郎、フランス書院文庫)

2008/5/23 発売 → Amazonはコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 両腕で抱えて隠す、洋梨のような悩ましき乳房。 瑞々しい完熟の桃を想像させる張りつめた美尻。 蜜壺からとろける、芳醇かつ甘美すぎる淫牝の果汁。 憧れの叔母、友達の美母、隣家の京風未亡人… 龍平のまわりになぜか集まってくる素敵な熟女たち。 男を昂ぶらせ、悩ませ、狂わせる最高の...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR