FC2ブログ

犬飼龍司「破戒と悦虐 隣人三姉妹と狼」

犬飼龍司「破戒と悦虐 隣人三姉妹と狼」
(フランス書院文庫、2008年10月)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)

【あらすじ】

隣人三姉妹の三女・岬の家庭教師を引き受けた大村は、ある朝彼女を痴漢して写真を撮り、それを元に脅して処女を奪い、正義感の強い次女の真帆や結婚間近の長女・和泉も追い込んで凌辱し、三姉妹を性奴に堕とす。

【登場人物】

大村靖彦
20歳。国立大学の2年生。隣人一家の三女の岬の家庭教師を始めたばかり。一見すると真面目で理知的な細面で好印象を与えるが、本性は強欲で狡猾な青年。女性経験はある模様。

谷口岬
17歳。谷口家の三女で高校2年生。文芸部に所属し、背中の辺りまで伸ばしたストレートの黒髪で、清楚な顔立ちをしとスレンダーながらもDカップとスタイルの良い美少女。学年でトップクラスの成績を誇るが、性的にはウブな面も。処女

谷口真帆
20歳。谷口家の次女で大村と同じ大学に通っている。栗色のショートヘアで明るくハキハキとして、勝ち気で正義感が強い美女。健康的で日焼けしたEカップの魅力的な肢体の持ち主。恋人はいるが、性的な経験はそれほど多くない。

谷口和泉
26歳。谷口家の長女で一流商社の社長秘書を務める。両親は遠方で暮らしており、実質的に家長の立場。漆黒のミディアムヘアで、セルフレームの眼鏡を掛けている。Fカップのグラマラスな美女だが婚約者が初めてで、結婚を間近に控えている。

【展開】

岬に関心を抱いた大村はある朝登校途中の彼女を電車の中で見掛け痴漢行為に及ぶが、ウブな故に抵抗しないと見るや1週間に渡り痴漢を繰り返す。そして家庭教師の授業の折に彼女が痴漢されて上気した姿を収めた写真をネタに関係を迫り、処女を奪うのだった。

岬と痴漢行為に及んでいたある朝、公衆の面前で痴漢だと真帆に訴えられた大村。岬と示し合わせていた通り冤罪だと追及を逃れるも恥をかかされたと逆上し、謝罪させようと真帆の正義感の強さを逆手に取って屁理屈で追い込むと大学の空き教室で口唇奉仕させわざと顔射する。数日後大村は真帆をエレベーター内で抱き寄せた際に落とした携帯を手にすると、夕方に部屋を尋ねてフェラ写真を皆に送り付けると迫り、彼氏が居るという真帆に対して正常位と後背位で犯し抜き徹底的に恥辱を与えてしまう。

そんなある日大村は妹2人の態度に違和感を抱いた和泉の訪問を受けるが、彼女たちの恥ずかしい写真を元に手を出さない条件で和泉に身代わりになるよう要求し、乳間奉仕の後でベランダで拘束して人目を気にする彼女をよそに立ちバックで貫く。数日後大村は3Pプレイを思い付き谷口家に押し掛け和泉を犯し、頃合いを見計らって岬と鉢合わせにする。和泉と岬は大村に騙されたと気付くが、最早退くに退けず3Pを受け入れる。更に帰宅した真帆もそれを見て激昂するが、弱味を握られ渋々行為に参加し姉がアナル処女を奪われるのを見守るのだった。

2週間後大村は仕上げとばかりに妹2人に狙いを定め、気丈な態度を崩さない真帆、脅える岬と相次いでアナル処女を奪いながら、3人をかしづかせながらの毎日に薔薇色の将来を夢想するのだった。

【レビュー】

当時年1作品ペースで出版していた作者の2作品目は、隣人三姉妹の調教凌辱ものである。主人公と三姉妹は隣人と言えど三女の家庭教師以上の関係でも無く、次女に至っては同級生だが当初から警戒される位である。例えば家庭環境の格差、または次女には学業で勝てずにいてプライドを傷付けられた、或いは幼馴染み同然で付き合っていた長女が結婚すると知って独占欲がわいたのか。逆に主人公の進学を機に単に隣人となっただけの親しいとは言えない関係ならば、なおさら三姉妹を毒牙に掛けようとしたのかの説明はもう少し欲しかった。

三姉妹を年齢の若い順に攻略していく中で、個人的には次女が嫌々ながらも堕ちていく過程が最も良かった。ただ姉や妹にも言える事だが高学歴な割に言動が伴わない所があり、「高嶺の華を汚す」というのとは少々違う気がする。三女を痴漢しながらどうやって電車内で写真を撮ったのか、また次女へも奉仕中の写真に収めたという描写は全く無く、いきなり画像が出て来るというのは不自然で工夫が欲しかったなと思う。とにかく主人公の非道ぶりとこちらも高学歴な割に稚拙で根拠の無い自信が一体何処から来るのか掴めず薄気味悪く感じられた事、ヒロインたちの抵抗があまりに弱くご都合主義に感じられた点が本作の減点ポイントである。

愛好家Sさんの本作の紹介記事はこちらです。
1605『破戒と悦虐 隣人三姉妹と狼』犬飼龍司、フランス書院/フランス書院文庫、2008/10 発売●あらすじ隣に住む三姉妹の三女の家庭教師を引き受けた、何の取り柄もない青年が、痴漢されている写真をネタに三女の処女を奪い、正義感の強い次女や結婚間近の長女をも追い込んで凌辱し、三姉妹を性奴に堕とす。●登場人物【大村靖彦】和泉より六歳年下。一流の国立M大学二年。二週間前から岬の家庭教師をしている。真面目で理知的な細...
1605『破戒と悦虐 隣人三姉妹と狼』




本作が出版されてから約2年後の2010年に、別の作家の手による本作の「コピペ」事件が発生しました。詳細は下記リンクよりご覧頂きたいと思います。

参考記事

当事者はデビューから3作品以内に順調に増刷を達成し、4作品目で本作の「コピペ」を行ったようです。事の真相は当事者しか分かりませんが、フランス書院側の対応は当該作品の回収と既刊3作品を含む全作品の絶版でした。発覚のきっかけは某巨大掲示板での指摘でしたから、愛読者の知見は大したものだと感心致します。
(私だったらシチュエーションが似ているなと朧気に気付く位です。)

犬飼氏としては巻き込まれた被害者な訳でお気の毒だったとしか言いようが有りませんが、時期はやや前後するものの作風を拡げる為に一時期とはいえ誘惑作風への傾倒を考える契機にはなったのかなと推測している次第です。
関連記事

tag : 大学生主人公 姉妹丼 処女

コメントの投稿

Secre

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR