FC2ブログ

犬飼龍司「姉と弟・狂愛相姦」

犬飼龍司「姉と弟・狂愛相姦」
(フランス書院文庫、2007年10月、表紙イラスト:阿木彰子)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)

【あらすじ】

義姉の樹里に性的な欲望を募らせていた慎司は、彼女に恋人がいると知り欲望を抑え切れなくなり無理矢理関係を持つが、隣家の幼馴染みである琴葉に咎められ口封じにと凌辱し、二人を性奴に堕とすのだった。

【登場人物】

楠木慎司
17歳。高校2年生。3年前に父親が樹里の母親と結婚し義理の姉弟となった。大人しい性格だが、サッカー部でエースストライカーを務める。樹里に女性としての欲望を抱く。童貞

楠木樹里
27歳。慎司の義理の姉で一流総合商社の事務員。ボブカットの黒髪に清楚で優しい性格で、淑やかな容姿とは裏腹に細身で均整の取れたグラマラスな美女。Eカップ。恋人がいる。

兵藤琴葉
17歳。慎司の隣家の幼馴染みでクラスメイト。テニス部所属で勝ち気で明るい性格で、男女問わず人気が高い。ポニーテールの黒髪で、釣り目気味の瞳が特徴的な顔立ちの美少女。Cカップ。慎司は仲の良い友人と見ている。処女

【展開】

樹里の着替えを覗き見て欲望を募らせた慎司は、12月のある晩に酔って帰宅しソファーで寝ていた彼女の乳房に服越しに触れ、キスをしようとした所で気付かれる。あくまでも姉として振る舞おうとする樹里と話し彼氏が居ると知った慎司は衝動的に襲い掛かるが、何とか本番だけは避けようとする義姉の懇願を取り敢えず受け入れて口唇奉仕させ強制的に口内へ精を放ってしまう。
翌晩続きをしようと迫った慎司は理屈を述べ姉弟だからと頑ななに抵抗する樹里の腕に手錠を掛けると正常位で犯し、膣内に射精されて嗚咽する彼女をよそに無邪気な笑顔を見せながら満足するのだった。

翌朝慎司は義姉の沈んだ気持ちを思いやる事なく、情交場面を収めた写真をネタに媚薬を塗り込めた下着を穿いて仕事をするようにけしかける。そうと知らず身体を火照らせ、職場で嘲笑を受けたと思い込む樹里は堪らずトイレで自らを慰めるが、それでも収まらぬまま帰宅すると意地悪くニヤ付く慎司から種明かしされ愕然とし、逆らえぬと後背位で貫かれてしまう。

一方偶々隣家のリビングで姉弟の情交を覗き見てオナニーしてしまった琴葉は翌日慎司を問い詰めるが、自宅で話をすると誘い込まれ同じ居間で無理矢理処女を奪われてしまい、更に浴室で背面座位で抱えられて絶頂に導かれる。

出張から戻って来た樹里は自分が不在にしている間に義弟が琴葉にも毒牙を向け調教を受けていたと知るが、美少女と妖しい蜜戯を交わす内に高まりを覚えると琴葉と並べられて犯され、慎司からクリスマスプレゼントの代わりにと後ろの処女を捧げて欲しいと求められると、義弟の狂気に戦きながらも諦めの気持ちでアナルセックスを受け入れるのだった。

【レビュー】

作者のデビュー作品は、義理の弟に犯される姉とその姉に憧れを抱く幼馴染み隣人が姉弟の情交を除き見て咎めようとして、逆に凌辱を受けるという内容である。全体的には完成度は高く纏まりの良さを感じられる仕上がりとなっており、以降に続く犬飼凌辱作品のヒロインに共通する「堕ちそうで堕ちない気位の高い」人物像も確立されている。

義姉の樹里は当初主人公を可愛い義弟として見ており、幾ら「姉と弟」の道理を解こうと試みても義弟は聞き入れる耳は持たないし、何度も羞恥を味わせて侵食していく様は、読んでいて主人公が一人相撲を取っているように感じられた。
もう一人のヒロインである琴葉は主人公の隣人で幼馴染みという絶好のポジションだが恋愛感情は持ち合わせていないし、寧ろ樹里に対する憧れの感情が先行している。やはりサブ的な扱いのせいか、樹里に比べれば堕ちるのは早い気はする。

先述したように主人公に対してヒロインたちはそれぞれ可愛い義弟、友人と恋愛とは異なる感情を抱いている為、肉体関係が先行しても心までは許すのには至らない…というのは、犬飼凌辱作品の共通したヒロイン像である。
本作では姉の着替えを覗いて自失してしまう序盤では主人公の心情は描かれているものの、暴君に転じてからは全くといってよいほど触れられておらず、変わり身の早さに疑問を抱いた。
敢えて主人公の心理に触れないのは作者が意図していたものと推察されるが、個人的にはもう少し奥深くまで描けば何故主人公が姉を独り占めしたかったのかが分かりやすいのではと感じられなくもない。

樹里に関してはオナニー未体験の割に初めてエクスタシーを感じたというのはまだしも、何故主人公が彼女が自分たちの情交を覗き見ながら一人遊びしていたと確信して言い切れるのか、樹里に付いても初の凌辱の翌日なのに「この間の続きをしよう」など、物語としては見逃せない瑕疵が散見されるのは残念である。

愛好家Sさんの本作の紹介記事はコチラです。
1533『姉と弟・狂愛相姦』犬飼龍司、フランス書院/フランス書院文庫、2007/10 発売●あらすじ義姉に憧れを抱き性的欲望を募らせている少年が、義姉に恋人がいる事を知って欲望を抑えられなくなり凌辱し、その関係を知って咎めた学園一とも噂される幼馴染みの美少女をも凌辱して、二人を性奴へと堕とす。●登場人物【楠木慎司】17歳。童貞。高校二年。サッカー部のエースストライカー。樹里の義弟。琴葉の隣家の十年来の幼馴染みでク...
1533『姉と弟・狂愛相姦』

関連記事

tag : 童貞 高校生主人公 処女 デビュー作品

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR