FC2ブログ

如月蓮「みだら華 継母の匂い・叔母の薫り」

如月蓮「みだら華 継母の匂い・叔母の薫り」
(フランス書院文庫、2009年2月、表紙イラスト:村山潤一)

ネタバレ有り。御注意下さい。

内容紹介(公式ホームページ)

【あらすじ】

義理の息子の遼太から向けられる視線を意識していた江梨子だが、ある日着替えを覗き見られた事から性欲を抑え切れなくなった彼から迫られ遂に身体を許してしまうが…。

【登場人物】

北村遼太
19歳。経済学部に通う大学2年生で。江梨子に対して女として意識し欲望を抱いている。予備校の講師のアルバイトをしている。童貞

北村江梨子
38歳。12年前に遼太の父親と結婚。遼太との距離を縮めようと自ら准教授としてを勤めている大学に進学するように推薦した。150cm台と小柄ながらも肉付きが良くスタイル抜群の女性。Eカップの巨乳。

篠原沙樹
36歳。江梨子の妹で10年前に夫を亡くして以来、小学生の息子と2人暮らし。姉に誘われて同じマンションの4階に引っ越して来たばかり。華道を教えており、普段から和装でいる事が多い。

【展開】

講義の時から遼太のねちっこい視線を意識していた江梨子は、着替えを覗いたり帰宅時の電車内で自らの身体に触れる息子に疑心暗鬼に陥るが、入浴の折りに昂っているのに気付き、彼の窃視に気付きながらも初めてのオナニーで絶頂する。

翌日の放課後に遼太を准教授室に呼び出した江梨子だが、彼から昨晩のオナニーを見てしまい集中出来ないと訴えられやむ無く裸体を見せながら性処理をしてあげようとするが、呆気なく自失される。
江梨子は自宅に戻り自分を避ける遼太が気掛かりで部屋を訪ねると、無くなった自分のパンティをオカズにオナニーする彼を目にすると、他の悪い女に引っ掛かるよりはと決心し口唇奉仕で射精に導く。

試験勉強を頑張ったらとエッチな期待をさせた江梨子は遼太に初体験を味わわせようと試みるが、タイミング悪く夫が帰宅したりと先伸ばしにしつつも彼の20歳の誕生日を前にとうとう禁断の関係を結ぶのだった。

数日後の朝沙樹は引っ越ししてからやっと遼太とゆっくり話をする機会に恵まれ自宅に招くが、息子の家庭教師の依頼をするつもりが自分に欲情を感じて股間を膨らませている遼太に気付き、江梨子への想いを吐く彼の為に手コキで射精に導く。

家庭教師の初日クラブ活動で遅くなるという連絡を受けた沙樹は先日の一件を意識しつつ、再び遼太に迫られ口唇奉仕をしながら秘所を弄られ絶頂に至るが、それからは何度か奉仕のみで流石に本番に踏み込むのは躊躇われお預けにしてしまう。

ある晩酔った振りをして自宅に遼太を連れ込みまだ童貞だと聞かされた沙樹だが、翌日姉から忠告を聞かされると遼太を誘惑して情交に及び、最中に江梨子から電話が掛かって来たのをみて対抗心を剥き出しにして電話越しに喘ぎ声を聞かせる。

週末沙樹は誕生日祝いにと遼太をシティホテルに連れ込み先に一戦交えると、遅れてやって来た江梨子を挑発する。関係を知った彼女は豹変したかのように情交を終えたばかりの遼太に迫り、自分にも愛情を注いでと主導権を握るのであった。

【レビュー】

デビューしてからヒロイン3人の作品が続いていた作者であるが、本作では継母と叔母による近親者2人のヒロインものとなっている。誘惑作品としては王道の設定であり、ヒロインたちは主人公に対してややショタコンめいた愛情を注いでいる。

互いに近い存在であるが故の嫉妬も抱きながらも、主人公のワガママぶりに身体を許してしまう継母と叔母の心理描写は、女性作家らしい細かい機知に富んだものと言えるであろう。

しかしながら物語の展開としてはややぎこちなく、中盤で妹である沙樹と主人公の関係を(電話越しとはいえ)知った江梨子がその後何の疑問もなく週末に呼び出されるまで主人公を放置していたのかなど首を捻らざるを得ない部分も少なくはない。
本作以降の如月蓮作品ではあるヒロインとの情交を匂わせる場面で、他のヒロインとニアミス(例えば車に乗っていてすれ違うなど)していて疑問を抱くのに、後の伏線として用いられなかったりと不自然さを残す展開が見られるのだが…。

DSKさんのブログにおいて、本作をご紹介なさっています。
2009/2/23 発売→ Amazonはコチラから。→ Kindle版はコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<電子書籍>「約束するわ。20歳の誕生日に大人のプレゼントを」北村家に嫁いで12年の継母、空閨を煩い10年の叔母。一途な19歳の狂った欲望が、二人の運命を変えた。美唇蜜戯、秘園教授…悩ましく匂いたつ女体を露わに、夫とは違う牡を貪る、みだらな二人の“淑女”競って腰を踊らせ、妖しく開花する蒼いバースデイ。★★★★☆ 愛欲...
みだら華-継母の匂い・叔母の薫り(著:如月蓮、フランス書院文庫)

関連記事

tag : 大学生主人公 童貞 姉妹丼

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

みだら華-継母の匂い・叔母の薫り(著:如月蓮、フランス書院文庫)

2009/2/23 発売 みだら華-継母の匂い・叔母の薫り著:如月蓮、フランス書院文庫 → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉 → ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉 → 総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。 「約束するわ。20歳の誕生日に大人のプレゼントを」 北村家に嫁い...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR