FC2ブログ

創刊30周年を迎えて

今月でフランス書院文庫が創刊30周年を迎えられたとの事で、心からお祝い申し上げます。

堅苦しい挨拶はこの辺で終わりにしまして、もう創刊30年になるのですね。フランス書院文庫との付き合いが実年齢の過半となる私に取っては、もはや無くてはならない存在です。

たまたま学生時代に地元の書店でアルバイトをしていたせいか、一応18禁では無いとは言え黒本を購入するのにもかなり敷居が低かったという過去がありますが(^-^;
社会人になってから東京で数年間会社員生活をしていましたが、住んでいた場所が下町なだけに個人経営の書店さんに頻繁に顔を出したりしていましたね。
身を落ち着けたのを機に地元に戻って現在に至りますが、毎月フランス書院文庫を購入するという行動はこれからも続く事と思います。

近年書籍が売れない、読者層が高齢化するなど取り巻く環境は決して芳しいとは言えませんが、これからも刊行を続けて頂きたいと思います。私のような存在が僅かでも力になれるのであればと感じる次第です。

DSKさんのブログではこちらの電子書籍のご紹介をなさっています。
2015/4/1 発売→ Kindle版はコチラから。フランス書院 創刊30周年記念電子書籍 特別無料配信!!フランス書院の看板レーベルであるフランス書院文庫は1985年4月に創刊し、2014年4月には刊行点数2000点を突破、2015年4月には創刊30周年を迎えるに至りました。それを記念して「未来に残したい官能小説100作品」を、フランス書院文庫編集部で選定致しました。ベスト&ロングセラー作品や、フランス書院文庫の歴史を語るうえで欠か...
フランス書院文庫オールタイムベスト100(著:フランス書院文庫編集部)

関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR