FC2ブログ

櫻木充「八人の美熟女」

櫻木充「八人の美熟女」
(フランス書院文庫、2012年1月、表紙イラスト:渡邊康明)

ネタバレ有り。御注意下さい。本作は短編集である事から、登場人物や展開は省略します。章題でおおよその見当は付くかと思います。

作品紹介(公式ホームページ)

Amazonでの作品紹介
八人の美熟女 (フランス書院文庫)

【章題】

第1話:魅せつけて 妻の継母・三十九歳
第2話:手くせ足くせ 人妻Gメン・三十八歳
第3話:合鍵 彼女の母・三十八歳
第4話:十年ぶりの再会 隣の若妻・四十歳
第5話:口止め 養護教諭・三十二歳
第6話:美尻の光景 人妻女医・三十六歳
第7話:いい汗かいて インストラクター・四十二歳
第8話:無垢な目撃者 独身女教師・二十七歳

【レビュー】

前作「教え子狩り ふたりの女教師【秘密生活】」から暫く間を置いた本作は、これまでに「特選小説」誌などで描かれた短編8編を加筆改題した短編集である。
熟女とガードルなどの補整下着、フレグランスという櫻木充作品の基本的なパターンはいつもの通りで、高校生から社会人まで多少の年齢の幅はあるものの主人公に対して好意を抱く熟女ヒロインが姦計を巡らし親密な仲に至るまでを描いている。

1話40頁程度の短編とは言え、これまでの櫻木充作品同様に一筋縄ではいかない捻った展開、1人のヒロインが主人公を落とすのに時には回りの人物を巻き込み、笑いを誘う流れは流石ベテラン作家の筆によるものだと唸らされる。
但しどの話にも共通する点として、情交描写そのものは割とあっさり目な上に、各話の最後においてヒロインが主人公にどう好意を抱いているか、それが今回の姦計に至ったのだというネタバレ要素で締めてしまうのは好みが分かれるかもしれないと思う。

個人的なお気に入りは、養護教諭が姦計を巡らせる第5話で、従妹の英語教師と自作自演の濡れ場を主人公に覗かせ、その口止めにと養護教諭が誘惑する場面を従妹に覗かせて弱味を握らせるという回りくどいシナリオである。
英語教師が誘惑しても乗り気で無い主人公の様子に不審を抱いた事から、実は2人とも相思相愛だったと発覚し結果オーライとなるが、本命がいるからエッチは出来ない、でも本当はしたいという少年主人公の葛藤が見られて面白いと思う。
関連記事

tag : 短編集

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR