FC2ブログ

如月蓮「三つの熟女体験 人妻同窓会」

如月蓮「三つの熟女体験【人妻同窓会】」
(フランス書院文庫、2007年3月、表紙イラスト:小玉英章)

ネタバレ有り。御注意下さい。

公式HPの作品紹介はコチラからどうぞ。

【あらすじ】

高校時代の同窓会で結衣や江梨子と再会した初音は、隣人の息子である卓に息子の家庭教師を依頼するが、ある日青年から性欲処理を迫られ言われるままに奉仕してしまうが…。その裏側では熟女たちのしたたかな打算と計略が渦巻いていたのだった。

【登場人物】

佐藤卓
理学部に通い体育系のクラブに所属の大学2年生。両親は共働きで不在がち。秋山家の隣人で、初音の息子の家庭教師を引き受ける事になった。彼女の母校の後輩という事もあり、初対面の時から高い信頼を得ている。

秋山初音
33歳。小学生の息子がおり、夫は海外赴任中で不在。可憐な印象と150cm台と小柄な割りに、出るところは出たスタイルの持ち主。結衣や江梨子とは高校時代の同級生で再会したのをきっかけに、互いに連絡を取り合うようになった。

増村結衣
33歳。小学生の息子がおり、夫は長期出張中。自治会のバレー部に加わっているが、コーチが卓の母親という事もあり親近感を抱いている。スラッとした長身で活動的な印象を与える女性。

坂井江梨子
33歳。卓が通う理学部の講師で、小柄ながらもグラマラスな肢体から男子学生の間で人気がある。年上の夫とは久しく性交渉を持っていない。中学受験を控えひとり娘がいるが、微妙な年頃で反抗期を迎え手を手を焼いている。

【展開】

卓に息子の家庭教師を依頼した初音は、ある日訪ねる直前に車に泥を掛けられ汚れた彼にシャワーを貸してあげるが、自分と2人きりという状況で勃起に気付いてしまい、手や口での奉仕を迫られる。

一方自宅に書類を届けてもらい卓と知り合った結衣は、数日後バレー部の練習に訪ねた事でコーチの息子だと知る。散らかったボールを拾おうと結衣が無防備な姿勢になると卓から性欲処理を迫られ、場を取り繕う振りをしつつ口で若い性を貪るのだった。

数日後初音はシャワーの具合が悪いと卓に点検してもらうが結局ずぶ濡れになってしまい、予想通り身体を迫って来た卓を彼女は巧みにいなしつつ本番を迎えるが、来客が入り直前でお預けとなる。
2週間後初音が一人遊びに興じていると、そこへ卓が呼び鈴を鳴らし鍵を忘れ微熱で体が怠いからと言葉巧みに部屋に入って来る。窓の桟越しにオナニーを見ていたと青年に迫られた初音は寝室で押し倒されてしまうのだった。

娘の中学受験対策で卓に相談を持ち掛けた江梨子は自宅に呼び寄せると、厚かましく股の間を視姦する教え子に困惑しつつも、数日後卓の返事を聞こうと下校時に自分の車に乗せる事に。
卓が車内で図々しく自分の脚にタッチするのに辟易した江梨子は大学の別の学部のキャンパスに連れ出すが、ベンチに座るなり夕闇に紛れて大胆にも秘所に触れ更に本番を迫る教え子に翻弄されながらクンニ絶頂を迎えるのであった。
その次の機会の講義を終えた江梨子は、平然とした態度で近付いて来た卓から受験資料を渡したいから2人きりで逢いたいと告げられる。
彼女は予感を抱きつつ卓を教授室に連れて行くが、中に入るなり狼に変貌した青年に押し倒され翻弄された振りをしながら後背位で貫かれ快感を得る。

江梨子から顛末をメールで知らされた結衣も初音と同じく挿入寸前で終わった卓との逢瀬を思い出しながら朝の通勤電車に揺られていると、そこへ何食わぬ顔で卓が現れ痴漢行為をされながら絶頂へ導かれてしまう。
駅のトイレで卓を思いながら始めてのひとり遊びに浸った結衣は体育館へ向かうと、更衣室で着替えようとしていた時に卓の乱入に遭い、濡れた秘所の痕跡を指摘されて羞じらいつつも、彼を正常位で迎えるのだった。

【レビュー】

女流作家によるデビュー2作品目だが、3人ヒロインと青年という得意なパターンに持ち込んでおり、1人1章ずつと言うのではなく舞台を交互に切り換え、3人のヒロインたちが徐々に貞淑な仮面を脱ぎ捨てていく様子を効果的に描こうと試みている。

例えば初音は壊れたシャワーにより主人公もろともずぶ濡れになった浴室の中で、結衣とは朝の通勤電車の中で痴漢行為、江梨子とは夕闇に紛れて大学構内の屋外でと本番ではないがそれぞれの舞台設定は悪くない。
しかし3人とも主人公に迫られて奉仕→本番直前で邪魔が入り中断→嫌よと言いつつ主人公を受け入れるの基本的な流れは一緒で、しかも細かく章を区切っているので折角盛り上がって来た所で3セット分お預けを味わわせる印象が残りテンポの悪さを感じた。

如月作品に見られる結構図々しい面が伺える青年主人公像だが、本作の卓の場合は意図してか心情描写を控え目にしたせいか、初音のオナニーを覗いたり、先回りして更衣室のロッカーに潜んで結衣を襲ったりとその段取りの良さは却って付きまとい犯のような気味の悪さを感じた位である。
ひょっとすると凌辱風味を志向したトライアル?と伺える節もありそうでそれならばと納得できるが、ヒロインたちも嫌よダメよと言いながらも裏では女同士で主人公との交わりを自慢し合ったりとチグハグな面が拭えなかったのが残念である。

ヒロインたちを自分のモノにしたと有頂天になる主人公に対し、実は手玉に取っていたのはヒロインたちだったというオチが付くのは初期の如月作品のお約束と言える。
貞淑な熟女たちが次のターゲットを漁るべく明け透けな会話を繰り広げるのは、本作以前の時代の相姦作品で禁断の果実を味わった代償に、相応の痛手を被るというオチと何処か似ていて、盛り上がった後の現実を見せられているようで複雑な気分である。

DSKさんのブログでも本作を紹介なさっています。
2007/3/23 発売→ Amazonはコチラから。→ Kindle版はコチラから。家庭教師先で隣人妻の熟臀に魅せられ、悩ましいブルマー姿の人妻に酔い、人妻講師の煽情的な黒下着に色めき立つ。大学生が溺れた初音、結衣、江里子は33歳の同級生。一夜だけの約束だったのに、青い匂いが忘れられない......人妻という名の三つの熟れた林檎には、甘く危険な毒が!★★★★☆ 描写が秀逸, 2008/9/14主人公に3人のヒロインという如月作品の基本パターン。...
三つの熟女体験-人妻同窓会(著:如月蓮、フランス書院文庫)

関連記事

tag : 大学生主人公 童貞 熟女限定

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三つの熟女体験-人妻同窓会(著:如月蓮、フランス書院文庫)

2007/3/23 発売 三つの熟女体験-人妻同窓会著:如月蓮、フランス書院文庫 → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉 → ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉 → 総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。 家庭教師先で隣人妻の熟臀に魅せられ、 悩ましいブルマー姿の人妻に酔い、...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR