FC2ブログ

櫻木充「相姦温泉 義母とふたりの叔母」

櫻木充「相姦温泉 義母とふたりの叔母」(フランス書院文庫、2009年7月、表紙イラスト:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

義母の美沙子に対して男としての欲望を抱く雄介。一方の美沙子も相姦願望を抱いていてしどけない姿を見せ付けるが、雄介は我慢を重ねる。ある日美沙子の妹の祐奈や摩耶と相次いで関係を持ってしまった雄介は、2人から義母の本心を聞かされ…。

【登場人物】

河埜雄介
16歳。2年前に父親が事故死した影響で引き込もりがちになり、高校受験に失敗している。母親は3歳の時に病死した。立ち直ってからは家事を行いながらも美沙子の助けになりたいと勉学に励み、微力ながらも会社の手伝いをしている。童貞

河埜美沙子
36歳。13年前に雄介の父親と結婚したが、夫の死去に伴い旅館コンサルタント会社を受け継ぎ社長に就任。雄介を男として意識し相姦願望を抱いているが、血の繋がりが無いのを切り出す為に彼から迫って欲しいと躊躇している。Fカップでグラビアタレント並みの均整の取れた肢体。

島辺摩耶
34歳。美沙子の妹で祐奈の姉。離婚歴があるが、結婚するまでは看護師をしていた。姉に似てウェーブの掛かったロングヘアと美貌を持ち合わせた女性。現在は姉妹で美沙子の会社の業務を手助けしている。Fカップ巨乳で眼鏡を掛けたクールタイプ。

島辺祐奈
28歳。美沙子と摩耶の妹で、元々は予備校の講師を勤めていたが現在は姉の会社で働き、雄介の家庭教師もしている。姉たちと同じくFカップ巨乳でスラリと伸びた脚線美の持ち主で、サバサバとした性格から雄介も親近感を抱いている。独身。

【展開】

美沙子と同伴して温泉宿に来た雄介は混浴風呂で彼女の裸体を目に焼き付けつつも、不在の折りに汚れた下着をオカズにして自慰をしてしまう。更にその晩彼女が酔い潰れて狸寝入りしていると知らずに無抵抗の裸体を盗撮しながら精を放つのだった。

数日後部屋で盗撮した義母の画像を編集しながら自慰をしていた雄介は尋ねてきた祐奈に目撃されると、いつものように手でしてもらう流れから今回は特別だと言われ口唇奉仕、初体験と相次いで射精に導かれるが、改めて美沙子への想いを深めていく。

一方後押しを受けようと摩耶に温泉宿での一件を打ち明けた美沙子は妹にたしなめられてしまうが、帰宅すると祐奈との食事で不在の雄介の部屋に忍び込み私物を漁っていると見慣れぬ女の下着を目にして今晩で決着を着けようと決意を固める。
帰宅するなり自分が入浴中なのに押し掛けたり、ボディスーツ姿で挑発した挙げ句予定通り狸寝入りした美沙子に対し、雄介も彼女のシナリオ通り寝室で挿入寸前までいきながらも躊躇して失敗に終わり、美沙子は苛立ちを抱えながら出張に向かう事に。

週末を迎え美沙子との約束通りフィットネスクラブへ雄介を連れていった摩耶は美沙子との経緯を聞かされ、自らの性的な渇望も満たそうと自分を美沙子だと見立ててセックスしても構わないと誘うのであった。
そして情交を終えた摩耶はリビングで祐奈と鉢合わせになるが、互いに話をする内に母子の思惑は一緒だと知り一肌脱ぎつつも、自分たちの権利も認めさせようと共闘する事を誓う。

出張から戻った美沙子は祐奈から雄介に付き合っている女はなく自分と逢っていたと、更に摩耶からは説得に失敗したと聞かされるが、雄介からハイレグレオタードを着て欲しいと求められ、酒を飲まされながら次第に彼のペースに乗せられていく。
いつになく大胆な息子の悪戯に戸惑いながらも思わず反応してしまう美沙子だが媚薬を飲ませたと囁かれ、薬のせいだと思い込みセックスを求められると開き直って激しい腰使いをする雄介に対し、後ろの処女まで委ねてしまう。
数日後最後との口約束で母子に同伴して温泉宿にやって来た摩耶と祐奈は、敢えて少年に必要ないED治療薬を飲ませると想定外のタフネス振りに翻弄されつつ、姉にこれからも雄介との関係を認めさせる事に成功するのであった。

【レビュー】

2000年代後半になると作者の得意とする下着(の匂い)フェチの作風も弱まって来ている一方で、フランス書院文庫が志向していたライトで楽しい誘惑ハーレム作品としての質は巽飛呂彦作品にひけを取らないと思う。

大人顔負けの逸物を持つ主人公が義母に性的な関心を持ち、義母の美沙子も血の繋がりが無いことを口に出せずにいながらも自らの欲望を満たそうと過剰なまでのスキンシップを図ろうという擦れ違いの構造が意外に長く続く。

その間に祐奈や摩耶の2人の叔母と相次いで関係を結ぶが、主人公の心はあくまでも美沙子に向いているので、終盤に至る仮定でも複数プレイは単なるおまけの扱いなのがハーレム好きの読者にはイマイチな印象を与えるかもしれない。

作風転換を試みたこの時期の作風はほど良いレベルの官能描写と、しっかり練られた展開とのバランス感覚が個人的には嵌まっていて好印象である。
関連記事

tag : 童貞 高校生主人公 母子相姦 姉妹丼

コメントの投稿

Secre

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR