FC2ブログ

2015年も宜しくお願いします。

2015年を迎えました。今年もマイペースでやっていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

毎月恒例になりましたDSKさんの新刊紹介ですが、自分はフランス書院文庫だけで手一杯ですね…。官能小説でのDSKさんや、ジュベナイルポルノ(エロライトノベル)でのみきりっちさんといった諸先輩方のバイタリティを見倣わねばと思います。

ということで、DSKさんの1月刊行予定作品の紹介記事は下記リンクよりご覧下さい。

私は上条麗南さん、天崎僚介さん、香住一之真さん、鮎川晃さんの新刊を購入予定です。しかし皆さん2013年秋以降のデビューですから、今のフランス書院文庫の若返りを裏付けているように感じます。

2015年1月発売予定の官能書籍から「気になる」作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!●フランス書院文庫◆姦染-閉ざされた町(著:御堂乱) 2015/1/23 発売→ Amazonはコチラから。「お願い、理性を取り戻して!いやあぁっ」服を引き裂かれ、リビングに押し倒される人妻。背後からのしかかってくるのは善良だった隣人!謎のウイルスに感染した男たちが突如、淫獣に変貌。女教師が校務員に、若妻が義父に、患者が医者に、次々と...
2015年1月の「気になる」官能書籍



にゃらからは書籍卸の速報より、2015年2月のフランス書院文庫の新刊情報をお届けします。
他のレーベルに付いては、1/5頃から書籍卸直営サイトで確認出来るのではと思います。

相馬哲生「彼女の母・彼女の妹(仮)」

山口陽「僕は熟女管理人(仮)」

梶怜紀「雪国の未亡人兄嫁(仮)」

天海佑人「悪魔電子書籍(仮)」

小日向諒「母の友人とふたりの娘(仮)」

本城山羊「僕は人妻マッサージ師(仮)」

山口さんは2015年2月に美少女文庫でも新刊が発売になりますから同時発売、本城さんも美少女文庫の合間とは言え、やはりハイペースな刊行ですね。

一方小日向諒さんは昨年2月以来ですから、まさに1年振りです。毎作品山場は少ないけれど1回の濃密振りは既に保証ずみですから、発売を楽しみにしたいと思います。

追記:小日向諒さんのブログ「こひなた日和」にて新刊に付いてひと足先にご紹介なさっています。

新刊の告知とか(2014/12/23)

そんなわけで、小日向作品はもとより、(恐らく)フランス書院文庫の中でも相当に尖った倒錯的な官能シーンが描かれる作品となっております。どうぞ手にとって頂ければ幸いです。



相当に尖った倒錯的な官能シーンとの事ですから、これは期待して宜しいかと思います。
大事なことですから二度強調しました(苦笑)
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR