FC2ブログ

明山聖「お望みのままに!お嬢様姉妹サマ 執事は高貴な姉とマゾな妹に挟まれて」

明山聖「お望みのままに!お嬢様姉妹サマ 執事は高貴な姉とマゾな妹に挟まれて」(フランス書院美少女文庫、2013年9月)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】
共学となった姫乃宮学園に一人だけの男子として入学した耕一は、入学式当日に生徒会長の瑛理奈に見初められ専属執事となり、瑛理奈の妹の優愛からはご主人様と慕われ三角関係に。姉妹が何故耕一に拘るのか、その背景には10年前の夏の出来事が有った。

【登場人物】

吉原耕一
高校1年生。自宅に近いのと公立と併願出来るという理由から、姫ノ宮学園を受験。10年前の夏に姫城姉妹との間で苦い想い出があったが、当初は忘れている。

姫城瑛理奈(ひめぎ えりな)
高校2年生。理事長の長女で2年生ながら生徒会長を勤める。「黒薔薇の姫」の異名の通り、高貴さと黒髪でストッキングが似合う。人前では男口調で硬いイメージだが、妹に対しては優しい姉の一面も。想い人の耕一に対してはやや突飛な言動も。ブラサイズG65の巨乳。

姫城優愛(ひめぎ ゆあ)
高校1年生だが、実は飛び級の為耕一の1歳下。瑛理奈の妹。栗色のふわふわの髪を両側でおさげにしている。性格は内向的でおどおどしており、官能小説の影響でM寄りの言動が見られる。小柄な分姉より更にバストが豊かに見える。昔耕一から貰った指輪をペンダントにして付けている。

【展開】

姫乃宮学園に入学した耕一は共学の筈が男子は自分1人という状況で、初日から生徒会長の瑛理奈と妹の優愛に見初められてしまいます。執事として姉妹とエッチ含みの日常生活を共にしていく中で、耕一は10年前の夏の出来事を思い出します。
そんな過去を乗り越えた3人の関係は静乃の知る所となり引き離されそうになりますが、耕一が単に執事としての義務で付き合うのでなく、恋人として2人とも幸せにするという言質を取りたいが為でした。こうして公認の仲となった3人は初夜を迎えます。

【レビュー】

姉の瑛理奈はこの年齢にして父親の仕事を手伝っており、生徒会長である事から上に立つ者としての言動が見られます。耕一に対しても命令調でエッチな事を要求し足コキをしたりもしますが、基本的には生娘らしい恥じらいも見られます。

妹の優愛は姉のサポート役として育てられ、元来の内気な性格も相まってかやたらに耳年増で発情体質と癖者です。とは言え姉と同じく耕一の事が好きで、周りが女子だらけとは言え危なかっしい言動が庇護欲を掻き立てられるのかもしれません。

本作は第10回美少女文庫新人賞受賞作品で、作者の明山聖さんのデビュー作品です。文章全体は特に読みづらく感じる部分も無く、エッチシーンに付いては際立って変態的な行為も無く非常に良い読後感を得られました。
新人作家さんの時には毎回書くのですが基本的なスタンスはデビュー作に出るのだと思いますし、2作品目の時にはそれがどう変化して来るのか楽しみです。
イラスト担当は美少女文庫初参戦の成沢空さん。カラーもモノクロもキメが細かく、文章との相性も良かったと思います。今後も美少女文庫での縁が有ると嬉しいです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR