FC2ブログ

芳川葵「誘惑ビーチハウス~伯母の熟れ肌・従姉の若肌~」

芳川葵「誘惑ビーチハウス~伯母の熟れ肌・従姉の若肌~」(リアルドリーム文庫、2014年8月、挿絵:くろふーど)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

夏休みを利用して伯母の淑恵夫婦が営む民宿の手伝いにやって来た明人は、従姉の百合香の魅力的な肢体と爽やかな性格に惹かれ想いを打ち明けられずにいたが、ある晩に淑恵と共に入浴したのをきっかけに母娘と禁断の関係を結んでしまう。

【登場人物】

峰岸明人
高校3年生。調理師を志しており、夏休みを利用して伯母の淑恵の元でアルバイトをしている。百合香に淡い想いを抱いているが、アルバイトをきっかけに想いを再燃させてしまう。童貞。

笠原淑恵
41歳。明人の母親より1つ年上の姉(伯母)で、夫と共に民宿を営んでいる。夫婦仲は悪くはないが、夜の生活は絶えて久しい。グラマラスな肉体と優しげな瓜実顔をした美人。

笠原百合香
21歳。淑恵の娘(明人の従姉)で、短大を卒業してから両親の元で後継者となるべく修行を続けている。
気さくで明るい性格だが恋愛には奥手で、現在も男性経験は無し。91cmのFカップの魅力的な身体付きで、明人の事は弟のように想っていたが…。

【展開】

民宿で出店している海の家を手伝ったその晩に百合香から風呂が空いていると聞かされ、民宿の階上にある展望風呂に入っていた明人だったが、そこへ淑恵が後から鉢合わせとなり一緒に入浴する事に。
彼女の豊満な肉体に当てられた明人は勃起を隠そうとするが、淑恵は軽く触られただけで射精した若茎に興味を抱き、続けて口内奉仕にて迸りを受け止めるので有った。

翌週百合香に連れられて近くの無人島の滝を見せてもらい感動する明人だが、天気が急変し小屋の中で一夜を明かす事に。百合香と2人きりという状況に興奮した明人は外へ出て木陰で性欲処理をしようとするが、探しに来た彼女に見られてしまう。
小屋に戻ると気まずさを隠すようにぺニスを見せて欲しいと言う百合香に応えるが明人も秘所を見せてと頼み、秘所を見て豊かな胸を揉ませて貰いながら手コキで射精に導かれる。
島から帰りどこかよそよそしい2人を気に掛けた淑恵は明人の部屋に向かうとタイミング悪くオナニーの現場に出くわすが、オッパイに触らせてあげる内に彼の筆下ろしをしてあげる事になり騎乗位で射精させるのだった。

翌週末台風の接近を前にして近くのアウトレットモールに出掛けた明人と百合香は互いに意識する中で、帰りに立ち寄った灯台に昇り絶景に見とれる中で明人は百合香に本心を打ち明けて初キスをする。
百合香は今なら明人に処女を捧げてもと決心しホテルに向かい勝負下着に着替えて挑発し明人に委ねると、ぎこちないながらも無事に破瓜を迎えるのだった。

天候が回復して再び多忙になった海の家の仕事の最中に明人は半ば強引に百合香と2回目のエッチの約束を取り付け、その晩に展望風呂で生で交わるがその交合を淑恵に知られてしまう。
日曜日の晩関係を聞こうと明人の部屋を訪れた淑恵は百合香と真剣に付き合いたいという言葉を引き出し安堵しつつも、なりゆきで勃起した若茎を口唇奉仕する所を百合香に見られる。
慌てた明人は百合香に向かい事情を打ち明けて謝罪すると、彼女は童貞を母親に奪われた事にショックを受けつつも、次の日に無人島でケリを付けようと決心し明人を許すのだった。

清掃当番日に当たる月曜日に明人と母娘の3人は無人島にやって来るが、彼の真剣な態度を理解しつつも2人に何か罰を与えたいという百合香の思い付きで滝壺に向かう事に。
百合香の見ている前で淑恵が口と胸を使って明人に奉仕させ、途中から堪らなくなった百合香が奪い取る形でパイズリ奉仕し射精に導く。
若い2人がお似合いだと納得した淑恵は恥ずかしがる娘の目の前で挑発的な態度に出て背面位で明人を受け入れるが、
岩に座らされ熟母に秘所をねぶられてすっかり発情した百合香から膣内で出さないように懇願され明人は外で出してしまう。
2度の射精を経ても未だ萎えない明人から立位で交わりたいと要求された百合香は母親に見られているという興奮もあり、
体位を変えて対面座位で貫かれると今までに味わった事の無い絶頂を味わいながら明人の迸りを内奥で受け止めるのだった。

【レビュー】

すっかりリアルドリーム文庫の顔としても定着した感のある作者の11作品目(通算23作品目)に当たる本作は、
アルバイト先の伯母と従姉による母娘ものという誘惑路線の王道作風でこれだけシンプルなのにしっかりエロさも出しているのは流石ベテランだと思う。

近年の母娘丼と言えば母親の方にウエイトが置かれパートナー(伯父)が健在だと尚更「寝盗り」に傾倒しがちなのだが、あくまでも本作での主人公の想い人は娘の百合香である。
伯父の存在は描かれているが一切絡みは無く、従って母親の淑恵に関しても久しくセックスレスだという記述は有れども、
背徳感を向ける相手はあくまでも百合香だという点からも安易な母娘丼にはしまいという作者なりの配慮とも言えるかもしれない。

こうした進行は前々作とよく似てはいるが、やはり夏を意識した開放感はくろふーど氏の挿絵との相乗効果も有って爽やかな読後感を与えさせる。
芳川作品お馴染みの巨乳ヒロインが甘えさせてくれるシチュエーションも健在で、特に終盤の屋外での母娘丼プレイはややアクロバティックな気もするがやはりこの夏だからこそを象徴させる季節感でとても良かったと思う。

【トラックバック】

みきりっちさんのブログ「美少女文庫 レビューブログ」での紹介記事はこちらです。

リアルドリーム文庫 誘惑ビーチハウス 伯母の熟れ肌・従姉の若肌 レビュー

愛好家Sさんのブログ「官能小説★綺羅光作品テイスト」においても、本作をご紹介なさっています。

RD-138『誘惑ビーチハウス ~伯母の熟れ肌・従姉の若肌~』
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR