FC2ブログ

如月蓮「癒し母・癒し娘」

如月蓮「癒し母・癒し娘」(フランス書院文庫、2011年3月、表紙イラスト:静子)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

両親が地方転勤で家を空けるのをきっかけに和馬は久しぶりに姉の優奈と再会し彼女や彼女の娘2人と同居生活を始めるが、女ばかりの環境に放り込まれた和馬は我慢出来ずに次々と彼女たちと関係を持つ事に。

【登場人物】

田口和馬
22歳。夏美の通う高校にほど近い場所にある同じ系列大学に通っている。両親が地方赴任で家を離れ、入れ替わりで優奈たち母娘と一緒に暮らし始める事になった。童貞。

森下優奈
38歳。和馬と歳の離れた実姉で彼が幼い時に既に嫁いでいた為、他人に近い存在。夫を亡くしたのを機に、両親が不在で実家で独り暮らしになった和馬と一緒に暮らす事に。
茶道の心得が有り、月2回教室を開いている。ミディアムレングスの黒髪に家庭的で女らしい所作が似合う身長158cmでDカップの熟れた肢体の美女。

森下遥
19歳。優奈の長女でOLとして社会に出たばかりだが、学生で幼く見える和馬に対しお姉さんぶった態度に出る事が多い。身長162cmにトップ90cmに近いEカップと男たちの目を惹くスラッとした魅力的な肢体。

森下夏美
17歳。高校2年生。優奈の次女で母や姉に似たのか身長155cmでDカップとグラマーな美少女で、チアリーディング部に所属。和馬に対しては歳の近い兄という認識で、同居を始めて間もなく積極的にアプローチを掛けている。処女。

藤井美羽
夏美の担任教師でチアリーディング部の顧問。20代後半の魅力的で熟れたEカップの肢体で和馬を始め男子生徒の憧れの対象にされている。生物学を教えており、普段は白衣を身に付けている事が多い。

【展開】

遥の入浴姿を目にした和馬は衝動的に彼女の下着を持ち出し深夜にこっそりオナニーしていたが、寝付けずにいた彼女に見付かると手コキからフェラチオを要求し、彼女の口内に精を放ってしまう。

優奈の浴室掃除を手伝っている内に不覚にも勃起してしまった和馬は彼女に口唇奉仕されるが、身体の火照りが収まらない優奈が深夜のリビングでオナニーしているのを見るや、セックスしたいと迫り姉弟で関係を持つ事に。

和馬に好意を抱いていた夏美は宿題を見て欲しいと部屋に誘うと、身体を寄せ合う内に勃起してしまった和馬から手コキを求められて射精に導き、テストの結果が良かったらバージンをあげると告げる。

高校の体育館倉庫でチアコス姿を披露した夏美を抱いた和馬は数日後美羽と再会し、夏美との関係が噂になっていると問い質されるが、前から美羽が好きだったと告白するとあっさりと受け入れてくれてシックスナインで彼女の口内に精を放つ。

遥と2人きりになり料理を手伝うのを口実にして台所で関係を持った和馬だが羽目を外し過ぎて風邪をひいてしまい、茶道教室に出掛ける為和服姿の優奈から甲斐甲斐しく看病される。
しかしその姿は和馬の劣情を煽り、優奈は夏美との関係を清算するのを条件に着衣のままバックで貫かれるが、和馬はあっさりと約束を反故にしその晩に夏美を再び抱いてしまう。

発熱で学校を休んだ夏美を心配して田口家にやって来た美羽は彼女が大した事がなく予備校に出掛けたと知り安堵しつつ、和馬が優奈や遥とも関係を持っているのを聞かされ近親での関係を清算するように諭しながら和馬に抱かれてしまう。

優奈から再び夏美との関係を清算するように求められた和馬は約束を守る代わりに買ったバイブを試したいと図に乗り後背位で中出しするが、そこへ出張から帰って来た遥と出会し修羅場になる。
騎乗位で股がり見せ付ける遥を見て堪らなくなった優奈は和馬に顔面騎乗するが、体調を崩した夏美と連れ帰って来た美羽の2人に痴態を見られてしまう。
約束が違うと詰り自分へ振り向かせようと美羽が誘うと和馬はバックで彼女を貫くが、泣き叫ぶ夏美がアピールし遥にバイブを挿入されて悶えさせられるのを見て和馬は気が変わり今度は彼女を抱くのだった。

【レビュー】

「そうだわ、夏美ちゃんはそれになさい、和君とはだめなの、わかって」
(遥の悪戯でバイブを挿入され悶える夏美に告げた優奈の台詞)

タイトル通りに「母と娘」が出る作品だが、厳密には末姪の夏美の担任で主人公の恩師でもある女教師の美羽も登場する。公式のあらすじや登場人物において彼女の存在に触れられていないのは何だか騙し討ちに遭わされたような印象を受ける。

正直母娘3人でも作中でこなし切れていないのに更に1人増やしたのは流石に蛇足でも有り、主人公に対しお姉さん的なアプローチに迫る遥の情交描写が他と比較して減らされてしまっている。
甘え口調の主人公と非常に寛大なヒロインとのやり取りが繰り返されるのが作者の黄金パターンだが、ヒロインを4人も出しておきながらも展開はほぼ同じで、これなら1人減らして母娘丼に専念しては…と感じざるを得ない。

優奈は主人公と歳が離れているとはいえ実弟であるがあまり近親相姦を冒す背徳感が感じられないし、次女の夏美の貞操を守ると言う割には長女の遥は良いの?という突っ込み所が見られるのが、先に挙げた彼女の台詞である。

主人公の不義理振りにヒロインが愛想を尽かしたり、ヒロインが結託して躾けようとしたりするのは他の作者の作品で使い尽くしているからだろうか。いつもヒロインが受け身なだけに、終盤で何かしらの逆襲に出ても良いのでは?と感じてならない。

官能描写は優奈とは和服、遥とはキッチン、夏美とは学校でチアコスとバリエーションが豊富だが全般的にあっさりし過ぎていているし、個人的には折角全員巨乳にしているのにパイズリを含めその設定を活かし切れていないのも勿体無いと思う。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR