FC2ブログ

鷹羽真「黒ストッキングの未亡人叔母」

鷹羽真「黒ストッキングの未亡人叔母」
(フランス書院文庫、2011年8月、表紙イラスト:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。
2016年11月14日レビュー再編集。

黒ストッキングの未亡人叔母
鷹羽 真
フランス書院
2014-05-20




【あらすじ】

夏休みに予備校に通う為叔母の静奈と一緒に暮らす事になった学はある日、憧れのアイドルが彼女だったと知り熱い想いを告白して結ばれ、静奈も次第に学を恋人として意識するようになるが…。


【登場人物】

広田学
中学3年生。高校進学を控え都心の予備校に通う為、夏休みの間叔母の静奈の元へ預けられる。静奈と知らずにあるアイドルのグラビア集を買い、彼女を投影させ性欲を発散している。童貞。

高木静奈(しずな)
29歳。学の母親の妹に当たり、10代後半にアイドルをしていたが服飾に興味を持ち、引退後は当時マネージャーだった男性と公私ともパートナーに。夫と死別してからは、遺されたファッションブランドの会社の社長に就いている。艶やかで肩まである黒髪に、抜群のプロポーションを持った美女。


【展開】

静奈に似たアイドルのグラビア写真をオカズに部屋でオナニーしていた学は、早めに帰宅した彼女に見付かり写真集を奪われまいと揉み合いになり押し倒してしまう。そして彼女の内股にホクロが有るのを見付け、叔母がズリネタにしていた元アイドル本人だったと知る。捨て身の告白をした学を見て静奈は手扱きで射精に導くが、受け入れたと勘違いした甥を傷付けまいと夏休み限定の恋人関係を約束し、亡き夫しか経験の無いだけに10代の性欲に翻弄され一晩中交わり続ける。

それから毎日学に抱かれる日々を送っていた静奈はある日オフィスに忘れ物を届けに来た学と会社の社長室で交わるが、彼女の様子を見た社員から疲れているのだから休暇を取るように勧められ、学と共に沖縄へバカンスへやって来る。プライベートビーチで白いマイクロビキニを着た静奈に興奮した学は、自分だけの写真集を作ろうと思い立つ。自ら舌を出し挑発的なポーズを取る叔母を見て我慢出来ずに求めると、積極的にフェラチオやパイズリを仕掛けられ主導権を握られながら四つん這いで交わり、共に絶頂を迎える。

吹っ切れた様子の静奈は学の求めに応じ、ある晩は白を基調としたレースクイーンのコスプレをして、ドライブのついでに深夜の公園で車のボンネットに手を付いて後背位で交わってしまう。更に学の誕生日のサプライズプレゼントとしてアイドル時代の衣装を着て2人だけのコンサートを行い、奉仕プレイから対面座位で交わるのを見て学は静奈への想いを深めていく。

夏休み最終日の前夜を迎えた静奈は学を教会に連れ出し花嫁姿を見せてひと夏の想い出にしようとするが、恋する気持ちは変わらないと言う学に押し切られ乳間奉仕をする事となるのであった。


【レビュー】

基本的にはデビュー作品と同様に単独ヒロインで有り展開も似たりよったりな所で、デビュー作品を読んだ人に取っては正直新味に欠ける所もあるかもしれない。当時の作者は「1対1」の構図に強い拘りを持っていて、序盤で早くも当面の到達点であるセックスを迎えてしまっているため、あとは叔母と甥での禁忌というよりはひたすら交わり放しな印象である。

叔母の静奈は初めこそまだ年の若い主人公との関係に苦悩する場面も窺えるものの、吹っ切れたという言葉の通り中盤からは積極的に主人公を挑発してみせてもいる。主人公も性欲盛んな年頃なだけに淫らになっていく叔母には大歓迎といったところだが、終盤に一山場があってそれでも乗り越えてしまうのが寧ろ微笑ましいくらいである。折角叔母とのイチャイチャ振りを読むのなら、敢えて思い要素なんて不要とばかりに押し切り、作者の得意とする手袋プレイも盛り込んだ明るい作品である。


DSKさんのブログでも本作をご紹介なさっています。
2011/8/23 発売→ Amazonはコチラから。→ Kindle版はコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。叔母として慕うには悩ましすぎる黒ストッキングの美脚。 未亡人だと欲望を自重するには艶めかしすぎる29歳の女体。 夏期講習に通うために始まった憧れの女性との同居生活。 少年の欲望は暴走し、静奈と学を二匹の淫獣に変えた。 ずっと好きだったから、僕だけのおばさんでいて欲しい! 若未亡人叔母の素顔を独占する、ひと夏の...
黒ストッキングの未亡人叔母(著:鷹羽真、フランス書院文庫)








美少女文庫で新人賞を受賞なさって間もなく黒本にも進出した作者ですが、最近の流行りに沿って複数ヒロイン重視なのはいずれのレーベルにも共通する話です。早いもので黒本での九作目となる新刊の発売が予定されています。




今日の初体験レッスンは、誰とする?――ヨガ講師・茜と密着フェロモン・セックスを体験し……
料理教師・ひな子がほどこす快感フルコースを満喫……茶道の先生・みやびの和服を捲り潤む女陰を味わって……
身も心も昂ぶらせる大人の性技に若牡は失神寸前!?20歳、23歳、27歳……世界で一番淫らな三人の美隣人!

(あらすじは版元ドットコムより引用)



20代のヒロインが勢揃いする作品はここ最近のフランス書院文庫での趣向としては珍しく、大体は30代で揃えたり母娘丼にしたりと比較的無難な線で纏めていないところが気になりますね。
関連記事

tag : 中学生主人公 近親相姦(義)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR