FC2ブログ

神瀬知巳「僕のおばさま・僕の美姉妹 隣りのベランダ」

神瀬知巳「隣りのベランダ 僕のおばさま・僕の美姉妹」
(フランス書院文庫、2008年5月、表紙イラスト:小玉英章)

ネタバレ有り。御注意下さい。

作品紹介(公式ホームページ)






【あらすじ】

春樹は隣人の新島家の次女の葵から想いを寄せられるが、彼女の母親の涼子や姉の遥香と性的な奉仕をされた事があり罪悪感を抱いていた。そんな中で涼子と関係した春樹は遥香に知られて関係を持つと、更には葵とも結ばれる。


【登場人物】

北沢春樹
16歳。高校1年生。幼い頃に母を亡くし、商社に勤める父親は仕事人間で不在がち。女子の目を惹き付ける端正な容貌で生徒会に所属し、お隣の新島家に親切にしてもらい涼子の会社でアルバイトをしている 。童貞

新島涼子
38歳。料理好きが高じて輸入食品の会社を経営しているが、自分より年収が高い事にプライドを傷付けられた夫とは離婚している。高校に合格した春樹に偶々オナニーグッズを見付かってしまい、それ以来毎日手や口で性欲を発散させてあげていたが、その一方で娘の恋人と関係していることに苦悩している。

新島遥香
19歳。涼子の長女で大学2年生。明らかに春樹を好きな気持ちを見せている妹に気を使い、自分も彼が好きだという感情を抑え込んでいる。栗色に明るく染めた髪にグラマラスな体付きで男慣れしているように見えるが処女のまま。1年前の夏に春樹の初キスを奪い手扱き射精させたことがある。

新島葵
16歳。涼子の次女。春樹と幼馴染みの高校1年生で、早くも陸上部のレギュラーとして活躍している。母や姉には劣るものの、高校生としては巨乳と呼べる位プロポーションが良い。春樹が好きなことは誰の目から見ても明白だが、素直になりきれずに告白出来ないでいる。処女だが彼の体臭の付いた服をオカズにして倒錯した一人遊びに目覚めている。


【展開】

陸上大会を間近に控え葵は春樹と一緒に朝のジョギングを終えると、登校前のひと時に自分の部屋で彼の汗の臭いが付いたタオルを嗅ぎながらオナニーしている現場を春樹に見られてしまい、恥ずかしさの余り頬を張ってしまう。

その日の夕方春樹は涼子に社長室へ呼び出され、お使いの帰りに既に習慣となっているお口での奉仕を受ける。話は遡って高校受験の合格発表の帰りに春樹は体調を崩し涼子のベッドで休ませてもらっていたが、ふとしたことがきっかけで下に隠していた涼子のオナニーグッズを見付けるが、秘密を知られてしまったと動揺する涼子に大人びた対応を見せる。しかし性行為を想像させる玩具を見て勃起したのを知られ、労うかのように手扱きを提案されてローションを使い、剥けていないペニスの先端を露わにされ射精に導かれるのであった。剥き癖を付けるという口実でその日から毎日のように涼子から手や口での奉仕を受けており、葵に一方的に詰られたこの日も社長席に座らされ汚れたペニスを清めてもらいながら、涼子にオナニーに見とれた末にごっくんさせてしまう。

その日の夜春樹は陸上大会で帰りの遅い葵がいない新島家で夕飯をご馳走になるが、キッチンで後片付けをしていると遥香が際どいビキニの水着を纏って現れ、涼子が自室で残務をこなしているのは何故かしらと疑問を投げ掛けて来る。まるで二人が性的な行為をしているかのような口振りに春樹は動揺を見せまいとするが、昨夏に沖縄にバカンスへ行った時に葵の目を盗んで海の中で遥香と初キスをしたり、水着越しに射精させられたりしたことを思い出し勃起させてしまう。遥香に背中から密着されペニスを剥き出しにされ先走りでヌルヌルにされ手扱きを受けた春樹だったが、葵が好きなのに節操のない自分が情けなくなり射精せずに何とか持ちこたえる。
そこへ涼子がキッチンへ近付く足音が聞こえて遥香が浴室に逃げたので難を逃れたものの、春樹はいつになく涼子に甘え奉仕をして欲しいと求める。ダイニングテーブルに座った涼子と対面するかのように秘所を見せてもらい、しかもここに挿れるのよと指を出し入れされては我慢など出来るはずもなく、脱力して膝の上に座った涼子の腰を押さえ付けてペニスを挿入してしまう。そこへ遥香が入浴を済ませて姿を見せるが裸眼ではぼんやりとしか見えないらしく二人が抱き合う格好に疑問を持たない様子だが、春樹は涼子から中はダメと囁かれながらも射精を促す腰遣いに翻弄され遥香の前で中出ししてしまう。遥香が立ち去ると一度は交合を解いたものの春樹は白濁が溢れる淫裂を見ると涼子を押し倒しバックで二度目を始めると、そこへ帰宅した葵からは死角になっていて見えないながらも行為を止めようとせずに会話を交わし再び中出しをする。

涼子との初体験から二日後の夜、春樹は庭の木からベランダ伝いに遥香の来訪を受け部屋に招くが、朧気にしか見えなくても男女に漂う妖しい匂いで母と何をしていたかくらい分かると告げられる。妹に気を遣いこれまでは春樹に迫らなかった遥香だったが、涼子との情交を知って自らも積極的になろうと決意し、酔った勢いに駆られて部屋を訪ねて来たのである。少年の欲情の象徴を目にすると遥香は馬乗りになって葵がいるのにと言葉で詰って春樹が悶える様を楽しんでいたが、いざ挿入となるとまだ処女なだけに恐る恐るといった様子で、結局は春樹にリードされながら騎乗位で純潔を捧げ朝まで立て続けに三度も中出しを受けたのだった。
その三日後葵は遥香から春樹を招いて勉強会を開くと誘われるが、葵は姉の好意に気付いていながらも素直になりきれずに断り部屋に籠ると、春樹がプレゼントしてくれたマッサージ器を秘所に押し当てて立て続けに絶頂してしまう。そんな葵をよそに遥香は乳谷が露出した格好で春樹を誘いベッドの縁に座らせると、口唇奉仕から玉舐め、更にはアニリングスへとエスカレートさせていく。更には尻穴に指を挿れて前立腺を刺激しながら喘がせると、ドア越しに葵がやって来て謝罪の言葉を発し仲直りの兆候が見られるのを知りながらも射精に導いてしまう。
遥香は家族に友人宅に泊まると告げて隣家に移動し、かねてから約束していた通りに浴室でパイズリ奉仕して白濁を浴びた後、浴槽の中でまだ衰えを見せない春樹の剛直を対面座位で受け入れる。すっかり完全勃起した春樹に下から突き上げられ、名前を呼び捨てにされながらの性交に遥香は気を失うほどの絶頂を迎えてしまう。

夕方になり葵は決意を固めたようで姉がしたように庭からベランダを伝って春樹の部屋のベランダに辿り着くが、室内では遥香が競泳水着を来て扇情的なポーズを取っていて、しかも葵が現れるのを待ち受けていたかのように春樹に近付き唇を奪い手扱きを始める。その手慣れた様子に咄嗟に自分が愛人でも良いから仲間にと口走ってしまうが、遥香のアドバイスで口唇奉仕を始めるとうっかり歯を立ててしまい、口だけに集中させるためと後ろ手に縛られる。姉に敏感な淫核と乳頭を攻められ口腔を巨根で犯された葵はアクメしながら白濁を嚥下すると、開脚した姿で押し倒され発情の証を見られた後に春樹に純潔を奪われてしまう。
なおも遥香のちょっかいは続き葵は立て続けに絶頂しながら中出しされたものの、そこで遥香が涼子に連絡を取り外泊することを告げている最中に、尻を突き上げた格好が春樹を刺激したのかバックで犯されてしまう。しかもローションを使って不浄の穴まで指で解されながら葵と交互にペニスを突き立てられ姉妹での穴比べをされた後に、姉妹で重ね餅状態でアナルヴァージンまで奪われながら三人で口付けを交わし、少年の精液を搾り取るのであった。

その週末に遥香は葵とともに別れた父親に会いに一泊することとなり、3Pでの破瓜という状況にまだ妹は心の整理が付いていないのでこっちは任せてと告げ、涼子は通話を聞いて関係に気付き別れを切り出すはずだから説得しなさいと春樹にアドバイスする。試験間近にも関わらず涼子と休日出勤した春樹は彼女が別れ話をし始めると、三人とも同じように好きなんだと告白し、なおも大人の分別を見せようとする涼子を終始リードしてバイプを使った二穴責めの末にアナルセックスをして翻意させることに成功する。こうして新島家の母娘たちと結ばれた春樹は可能性を広げたいからと一層勉学に励むが、ある日学校から帰宅し夕食もそこそこに睦み合っていると、涼子から吉報を知らされ…。


【レビュー】

本作はこれまでの神瀬知巳作品で最も頁数が多い414頁とかなりのボリュームに対し全5章建てとなっており、それだけに1章当たりの情交描写は極めて濃厚である。母親が死別したり離婚したり、或いは経済的に恵まれない主人公という設定は神瀬作品ではお馴染みでパターンであり、そこも含めて主人公に傾倒していく理由付けになっているのだと言えるだろう。

涼子とは主人公が偶々女としての秘密の面を知ってしまって以来毎日のように手コキやフェラチオをして貰う関係になるが、やはり娘の恋人に手を付けたという悔恨の中で第二章では涼子と遂に一線を越えてしまい、なし崩しに関係を求めてしまう面とのギャップがよく描かれている。

長女の遥香もまた主人公に惹かれており、先に妹の葵が露骨なまでに主人公への愛情を隠し切れないのを見て一度は身を退こうとするが、母親との情交を見て免罪符とばかりに迫る理由付けにしているのが面白いところである。次女の葵は主人公の「彼女」というポジションに自信を持ち、優しい性格の主人公も自分のわがままを許容してくれているというのも相乗しての若さというか、いざ遥香との情交を目の当たりにして混乱する中での破瓜というのは読んでいて一番良かったところだったと思う。

姉妹3Pの最中に通話から主人公が娘たちと結ばれたと知った涼子はやはり娘の恋人に…という負い目もあり、一度は別離を決意するがタフになった主人公に性的に翻弄されメロメロにされるというのはいかにもらしい展開で、情交の最中に他のヒロインと遭遇しそれを取り繕うというのは神瀬作品の十八番と言えるだろう。但しここからは些か駆け足気味であり母娘競演というのには物足りなくもあり、逆に涼子が主人公の子を孕んだと示唆する結末は余計な気もする。全体的に高水準なのもあって、これらは重箱の隅を突つくような指摘かもしれないのだが…。


DSKさんと愛好家Sさんによるレビュー記事はこちらです。

※右側は紙媒体(文庫)の表紙とオビ。 2008/5/23 発売僕のおばさま・僕の美姉妹-隣りのベランダ著:神瀬知巳、フランス書院文庫→ Amazonはコチラから。→ Kindle版はコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。→ 【honto】の電子書籍はコチラ。→ ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉→ 総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。「熟女の本当の素晴らしさを春樹君に教えてあげる」重さを確かめるように乳房をすくう38...
僕のおばさま・僕の美姉妹-隣りのベランダ(著:神瀬知巳、フランス書院文庫)

1572『隣りのベランダ 僕のおばさま・僕の美姉妹』神瀬知巳、フランス書院/フランス書院文庫、2008/05 発売●あらすじ少年と幼馴染みの姉妹の母親が、ある事をきっかけに秘密の関係を持ってしまう。少年を好きだった長女が、その秘密の関係を知ってしまい、自分の気持ちを抑えきれなくなる。そして、妹も少年の事が好きで…。●登場人物【北沢春樹】16歳。童貞。高校1年。幼い頃に母を亡くし、お隣の新島家に親切にしてもらっている...
1572『隣りのベランダ 僕のおばさま・僕の美姉妹』





今から約9年前の作品ですが、この当時の神瀬知巳作品はとにかく長くなる傾向にありましたね。本作が414ページと始まると次が382ページ(17行換算)、414ページと三作続いての400ページ近いボリュームでした。もしかすると足し算の意識の方が強く「あれも、これも」と付け足した結果がこの量なのかもしれませんが、現在の約300ページ程度を見ると逆に引き過ぎて結局は二冊になったり、エピローグは別売になったりしているのかなと考えてしまいますね。

という具合に近年は短編集を出したり、二冊で一作品だったりと色々試行錯誤をなさっていますが、今年の四月に続き今年二冊目の刊行のお知らせが出ています。



神瀬知巳『熟女お手伝いさんと僕 ワンルームでふたりきり』




「本当にたくましくなられて……反りも長さも……」
張りつめた肉茎を指であやし、蕩けた貌を寄せる百合子。
ひとり暮らしを始めた涼一の部屋にやって来たのは、
幼い頃から身の周りの世話をしてくれた36歳の未亡人。
掃除、洗濯、料理はもちろん、ムラムラしたら性処理まで!
熟女お手伝いさん――それは夢のように淫らな「恋人」!



「ふたりきり」ということはヒロイン百合子だけと思いたいのですが、もう一人くらいは居そうな気もしなくはないですね。果たしてどういう作りとなっているか、楽しみにしたいです。
関連記事

tag : 高校生主人公 童貞 処女 母娘丼 姉妹丼

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕のおばさま・僕の美姉妹-隣りのベランダ(著:神瀬知巳、フランス書院文庫)

僕のおばさま・僕の美姉妹-隣りのベランダ(2008/5/23) → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 → 【honto】の電子書籍はコチラ。 「熟女の本当の素晴らしさを春樹君に教えてあげる」 重さを確かめるように乳房をすくう38歳のおばさま。 ボリュームのある尻が股間に跨り、ゆっくりと沈む。 昼...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR