FC2ブログ

楠木悠「僕だけの未亡人【宝物】」

楠木悠「僕だけの未亡人【宝物】」(フランス書院文庫、2011年7月、表紙イラスト:長野剛)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

兄嫁の綾奈と相思相愛ながらもなかなか仲が進展しない洋輔は恩人の遥香から誘われ一夜の関係を楽しむが、その裏にはある企みが有ると気付かずに料理教室の生徒にも手を出してしまう。

【登場人物】

篠崎洋輔
28歳。勤務先のホテルが倒産し行き場を無くした為綾奈に頼み同居させてもらい、彼女や遥香の計らいでマダム向けの料理教室を開く事に。料理人を志し兄宅に同居して以来綾奈に強い想いを抱いており、彼女のアプローチにも薄々気付いてはいるが…。

篠崎綾奈
33歳。3年前に洋輔の兄でもある夫を事故で失い食べるのに困る訳では無いが、生活にハリを持たせる為にパートを始めたばかり。着痩せするタイプでEカップのグラマラスな体付き。夫の趣味でSMチックな趣向に目覚めており、義弟の洋輔の同居を認めたのもある目的が…。

宮前遥香
37歳。市内で不動産会社を営む男性の後妻として入って来たが、一回り上の夫との間には子供が居ない。夫同士の仕事の関係から綾奈と親しく、働き口の無い洋輔の世話をしてあげたが、時々出張料理を頼みつつもちゃっかり摘まみ食いしている。

三原瑠美
26歳。洋輔の料理教室にひとり息子と共に通っているが夫とは離婚し、実家で両親と共に暮らしている。いわゆるヤンママタイプで茶髪に派手なメイクだが、洋輔が高校時代に憧れていた先輩に似ているらしく関心を抱いている。170cmと背が高く、スレンダーな体付き。

杉山梨乃
瑠美の友人で洋輔の料理教室の生徒。銀縁メガネを掛けた神経質そうな教育ママタイプで、ややぽっちゃり型の体格。瑠美などのヤンママたちを束ねるボス的な存在で浮気癖が有り、1度は夫に発覚した事で男遊びを自粛していたが…。

【展開】

綾奈は洋輔とのきっかけを作ろうと、泥酔して帰宅したり、裸同然の姿で眠り起こされるのを待ったりしますが失敗し、更に洋輔をデートを誘うも急な仕事が入ったと断られてしまいますが、彼の部屋でオナニーの痕跡を見付け自分への想いを感じて自慰に浸ります。

遥香の来訪を受けた綾奈は思い切って洋輔との仲を進展させたいから心境を探って欲しいと相談しますが、逆に遥香はこれ幸いとばかりに出張料理の機会に洋輔を誘い情事を楽しんだ後、綾奈がその気だと仄めかします。

綾奈からキスをされ関係が前進したと喜ぶ洋輔は、ある水曜日に息子の誕生日会で料理を作って欲しいと瑠美に頼まれキッチンで誘惑され応じるものの、梨乃に目撃されて言いふらすと騒ぎ出し綾奈に秘密が発覚するのを恐れた為1度抱いて欲しいとの口約束をせざるを得なくなります。

その一方で綾奈から料理教室のアシスタントを引き受けると返事を受け結ばれた洋輔は遥香に状況報告すると共に、瑠美や梨乃を上手く宥めるように頼むと、流石に彼女から見返りを求められます。
遥香の求めでレイプまがいに激しく抱いた後、帰宅するなり綾奈の被虐性を開発しようと獣欲のまま前後の穴を犯し尽くした洋輔は初めて自分だけを見てくれたかのように満足します。

次の日曜日に遥香の手筈通りに梨乃の要求を突っぱねた洋輔に対し、意外な事にアナルでして欲しいとおもねる態度に負けホテルで交わるも遥香の罠と知らされ、彼女に同行して来た瑠美も加えた3人を次々に抱く羽目に陥ります。

【レビュー】

タイトル通り未亡人で兄嫁の綾奈がメインに違いないのですが大人向け官能ロマンらしい作風で、据え膳食わぬはと言わんばかりに絶倫の主人公が遥香を始めとした人妻たちと次々に交わる事になります。

序盤で主人公と綾奈が互いに強く惹かれ合っているのに、それぞれの深慮からなかなか前に進まないけど性欲はしっかり発散している場面はなかなか良かったし、遥香をしっかり攻め立てる描写もいやらしさを感じます。

ところが中盤で瑠美や梨乃が出て来ると、流石に彼女たちのしたたかさが妙に鼻に付くようで正直登場させる必要が有ったのか疑問を感じましたし、最後に取って付けた感の4Pも読みたいのは綾奈メインかなと思いますね。

作者の近作はサブヒロインの扱いがはっきりしている一方で、主人公もヒロインたちもあまりに割り切り過ぎていて逆に背徳感が感じられない気もします。やはりメインを巻き込まないととは思いますが、どうでしょうか。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR