FC2ブログ

新堂麗太「最高の贈り物 姉・叔母・義母」

新堂麗太「最高の贈り物 姉・叔母・義母」(フランス書院文庫、2008年4月)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

父親と義母が渡豪し新生活を始めるのに伴い、姉の美咲か叔母の江里奈のどちらかに預けられる事になった翔太は、日替わりで互いの部屋を往き来する内に2人から関係を迫られいつしか3人で同居生活を始める事になるが、そこへ義母の祐里子が帰国し…。

【登場人物】

永峰翔太
17歳の高校2年生。父親が脱サラしてオーストラリアで日本料理店を開く為日本に残る事になり、姉や叔母の元を訪ねて上京した。祐里子に好意を抱く一方、姉の美咲にも強い興味を抱いている。童貞。

永峰美咲
22歳。翔太の実姉だが、義母となった祐里子を嫌って上京し苦労して看護婦になっただけに、遊んでいる印象を受ける江里奈も毛嫌いしている。
ボーイッシュな魅力を持つ美女で付き合っている男性が居るが、セックスにあまり快感を抱けずに気持ちにズレが生じ、翔太と交わってからは関心を持たなくなり振ってしまう。

永峰江里奈
38歳。翔太の父方の叔母で都内に住んでおり、元スチュワーデスで会社経営者の男性と結婚したが、3年前に亡くなって以来保険金で悠々自適の生活をしている。
華やかな印象で遊び慣れているように見えるがプライドが高く、夫を失ってからは他の男性には抱かれていない。高校生の時に翔太や美咲の父親でもある兄と相姦直前まで至った事が有り、燻った想いを抱いている。

永峰祐里子
31歳。翔太の父親と5年前に再婚した。エアロビクスのインストラクターの経験が有るだけにスタイルが良く、翔太の見立てではEカップ。再婚して間も無く翔太が自分に性的関心を抱くのを好ましく思っていたが、夫に付き添い渡豪し生活する内に彼が気になり一時帰国した。

【展開】

上京し美咲の部屋を訪ねた翔太は一段と綺麗になった姉を意識しベッドの脇に敷いた布団で眠れずにいると、寝相の悪い美咲がベッドから転がり落ちて来ます。姉の身体と密着した翔太は罪悪感を抱きながらも、姉の手を借りてオナニーします。

翌日部屋を訪ねて来た翔太を見て高校生の時の兄と瓜二つの姿に想いを馳せた江里奈は酔った勢いで自慰に浸り、翔太が覗いているのを知るとバイブを用いて挑発し絶頂します。

叔母のオナニーを見て燻ったままの翔太は浴室で美咲の下着を使いこっそり処理しようとすると、翔太の態度に叔母と何か有ったと勘づいた美咲が入って来て童貞を奪われた後、叔母の誘惑に乗らないようにと陰毛を剃られます。

次の日江里奈に連れられ外で夕食を済ませた翔太は剃毛された股間がむず痒くモジモジしているのを彼女に見咎められ逃げようとして公園で捕まり、美咲と一線を越えた事を白状させられると我慢出来ずに誘惑する江里奈と立ちバックで交わります。

美咲の元へ戻り部屋で留守番していた翔太は、姉の恋人からの伝言を伝える為に勤め先の病院に向かうと、ナース服姿の姉と出会い特別病室に連れて来られます。
セックスの快感を知ったのは翔太が好きだから恋人の事はもう良いと話す美咲は翔太から江里奈と関係を持ったと正直に打ち明けられると、弟の願いを受け入れて痴毛を剃らせた後2度目の性交で潮を吹きながら激しく絶頂します。

姉との約束を守ろうと部屋に引き籠る翔太を見た江里奈はエクササイズしながら激しくオナニーをして挑発し、スチュワーデス服に着替えた彼女の姿に興奮した翔太にシックスナインでイカされ失禁してしまいます。
失禁して動揺する江里奈に可愛らしいと感じ調子に乗った翔太は浴室で彼女のアナル処女が欲しいと要求し結ばれるものの、その後湯冷めして熱を出してしまいます。

江里奈が美咲を呼び寄せた事で二股が発覚し落ち込んだ翔太は両親の元へ行くと言い一旦眠りについて再び目を覚ますと、翔太が居なくなるなら2人で仲良く暮らそうと寝室で睦み合う姉と叔母の姿を目の当たりにします。
自分が居るのに2人で愛し合うなんてと渡豪を撤回した翔太は、美咲と江里奈を交互に抱いて満足させ、部屋を引き払った姉と一緒に叔母の部屋で暮らす事となります。

3ヵ月後翔太が気になり江里奈の元を訪れた祐里子はその晩に3人の親密過ぎる様子を覗き見て愕然としつつも、翌日翔太が自分の下着に悪戯していた事を知っていたと打ち明け、昨晩のような事は良くないと咎め、自分が代わりになると翔太に告げます。
性の熟練者のような愛撫と駅弁スタイルで貫く翔太の逞しさに翻弄された祐里子は様子を伺っていた美咲と江里奈に浅ましい姿を見られ動揺しますが、これからは帰国する度に翔太の成長を確かめさせてもらうと口にし、3人の同居生活を認めつつ4Pに雪崩れ込みます。

【レビュー】

新堂麗太さんがデビューしてからの10作品は一貫してヒロイン2人の作品が続いていましたが、本作からは1人増やした3人ものが多くなります。
(新堂さんと前後するように、3人もの作品の常連だった鏡龍樹さんが作風を転換しているのは偶然でしょうか…?)

ヒロイン3人と言ってもメインは主人公の実姉の美咲と叔母の江里奈で有り、義母の祐里子は主人公の急激なテクニックの向上を裏付けるかの扱いで付け足した印象を感じます。

物語の大半は主人公の日替り同居生活と併せて美咲と江里奈の嫉妬の応酬で、セックスに馴染めない美咲が快感に目覚めたり、相姦未遂に終わった兄にその息子である主人公を重ね淫らになる江里奈のそれぞれの気持ちの変化を上手く引き出しています。

本作の主人公は「翔太」ですが、姉の美咲に陰毛を剃られたり、叔母の江里奈に何かと坊や扱いされたりとまさに名前が示す通りのショタコン気味な愛情表現も出て来ますが、「しょうた」と呼ばれる主人公の作品には結構このパターンが多い気がします。

この頃のフランス書院文庫の作品は誘惑作品≒相姦ものという色合いが残っていて個人的には好きな作風だったりしますが、いつしか方向性が変わってしまったように思います。
今の時代は主人公やヒロインの年齢を17歳以上に上げたり、近親ものでも極力血の繋がりが薄いものにしようと苦慮しているのが窺える気がします。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最高の贈り物-姉・叔母・義母(著:新堂麗太、フランス書院文庫)

2008/3/24 発売 → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 → 【honto】の電子書籍はコチラ。 「見えるでしょう?出たり入ったりしているのが」 濃い翳りの下、紅く濡れる秘唇に呑み込まれる肉茎。 上京してきた甥を寝室に誘う37歳の未亡人叔母。 弟の異変を感じとった実姉ともインモラルな関係に。 ...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR