FC2ブログ

新堂麗太「押しかけ同居人 2LDKのハーレム生活」

新堂麗太「押しかけ同居人 2LDKのハーレム生活」(フランス書院文庫、2010年5月)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

妻が臨月を迎え実家に帰ったのを機に俊之の世話をする為に妻の姉妹の奈生美と有希恵が同居するが、2人の色気に我慢出来ずに俊之は再会した妻の友人の夕香と浮気してしまう。それを知った妻の姉妹2人も俊之を誘惑する。

【登場人物】

北原俊之
25歳。名門女学院で現代国語を担当する教師で有希恵の担任。妻の沙代子が臨月を迎えて出産する為実家に帰省し独り暮らしを満喫しようとするが、密かに彼に想いを寄せる奈生美と有希恵が押し掛けてしまう。

河野奈生美
29歳。沙代子の姉で化粧品会社に勤める。俊之夫妻と離れて暮らしているが、妹の頼みで身の回りの世話をする為に同居する事に。

河野有希恵
高校3年生。沙代子の妹で俊之の教え子。奈生美と同居中だが、彼女と一緒に俊之の世話をする事に。バドミントン部に所属している。処女。

江上夕香
25歳。通販会社で働いていた沙代子の同僚で仲が良く、妻との結婚式で逢って以来俊之が気になっている女性。夫は北海道へ長期出張中。一時期奈生美と百合の関係に有った事も。

【展開】

妻の姉妹との同居生活で奈生美の裸体を目撃したりともやもやする中で、久々に夕香と再会した俊之は食事を共にした後弾みでキスされ、帰宅すると香水の香りに気付き密かに嫉妬した奈生美から性欲処理を口実に口で奉仕されます。

義兄と姉の痴態を見てしまい寝不足の有希恵は授業中に体調が悪くなり保健室に向かい俊之を想いながら指戯に浸りますが、様子を見に来て性欲を押さえられなくなった俊之は夕香と連絡を取り自宅を訪れます。
夫は嫉妬深いが結婚して半年でセックスレスだと話す夕香は飲み物をこぼし下着が透けた姿で挑発すると、俊之は誘っているのだと納得し途中で彼女の夫から入った電話を利用して羞恥心を煽りながら結ばれます。

俊之が夕香のマンションから出て来たのを見た奈生美はフェラチオで留めた自分が悪いと早合点し、帰宅した俊之に何でもしてあげるから夕香と別れて欲しいと切り出します。
「何でも」の部分を都合良く解釈し外で密会した奈生美にリモコンバイブで遊びたいと手渡した俊之は調子に乗り公衆の面前で彼女を絶頂に導き、収まりがつかなくなるとホテルに連れ込み交わります。

奈生美と親密な雰囲気の俊之を振り向かせようとある朝一緒に登校した有希恵は、電車の中で奈生美との関係を断つ代わりに自分を好きなように痴漢しても構わないと切り出します。
痴漢願望を持っていた俊之は誘惑に勝てずに義妹に手を出すも、昼休みに性欲が燻ったままで職員室へやって来た有希恵と旧体育倉庫で交わり、破瓜に至ります。

奈生美や有希恵に気付かれぬように外で2人と密会し三角関係を続ける俊之は、ある日駅で待ち伏せしていた夕香の口から奈生美の名前が出ると動揺します。俊之の妻が危惧した通りだと皮肉めいた笑みを浮かべた夕香は自宅に彼を誘います。
ところが俊之の行動に気付いた奈生美が乱入すると夕香と口論を始めてしまい、一旦は逃げ出した俊之は再び部屋に戻ると妙に親密な奈生美と夕香が睦み合う姿を目にします。

折角自分がいるのにと憤る俊之は2人とも公平に愛すると告げ激しい3Pに至りますが、一方で有希恵とは関係を清算しようとして逆に彼女から他の2人との関係を掴まれ公表すると脅される羽目になり失敗します。
そこで有希恵をホテルに連れて来た俊之はアナルセックスを求め反応を伺うと、彼女は躊躇しながらもアナルを受け入れ俊之は自分のものだと勝ち誇りますが、それも計算付くで有ったかのように奈生美と夕香が乱入し3人公平に愛する事を認めさせます。

【レビュー】

新堂麗太さんの15作品目は前作にヒロイン1人を足しただけで、良く似た作品だと断じざるを得ません。
同じ作家の作品を連読し続けるのは、何かとあら探しになってしまいがちなのであまりお勧め出来ない読み方ですが、それを考慮してももう少し工夫の余地は有ったのではと感じてしまいます。

本作も主人公には妻がおりますが出産を間近に控えており、個人的には主人公はここでそんな事をしている場合では無くもう少し妻を裏切っているという苦悩を掘り下げて欲しかったですし、
また独占欲が強過ぎるヒロインからは主人公の言いなりになりながらも自分だけと迫られつつ、主人公は関係を引きずる優柔不断ぶりを1人多く繰り返した分駄目っぷりが際立って見えてしまいあまり良い印象を抱きませんでした。

奈生美と有希恵の2人は半ば押し掛けの如く主人公の家に押し掛けますが、互いに牽制し合う為か外で関係を結ぶ事が多く、折角の「押し掛け」があまり生かされておらず、
例えば奈生美が先に来てから関係を結び、有希恵が後から押し掛けて来たので目を盗んで交わる内に…という展開など何か変化を加えられればと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR