FC2ブログ

新堂麗太「妻の妹、妻の親友」

新堂麗太「妻の妹、妻の親友」(フランス書院文庫、2009年11月)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

妻と子作りをするセックスに倦怠感を感じた明夫はある晩、泥酔した妻の友人の亜矢子を部屋に送ると彼女に誘惑され口で奉仕されてしまう。一方同居している妻の妹の麻季からも積極的に誘われ理性を保つものの、捌け口を求めた明夫は亜矢子の部屋へやって来る。

【登場人物】

仲村明夫
28歳。2つ下の妻と結婚して3年目になるが、子作り願望が強く潔癖症な彼女とのセックスに義務感を感じておりやや倦怠ぎみ。

麻季
19歳。明夫の妻と7つ離れた妹で今春から短大へ通う事になり、姉夫婦と同居を始めている。トランジスタグラマーで男性によくもてそうな可愛らしい容貌だが、基本的には奥手で経験は無い。メイド喫茶でアルバイトをしている。

折原亜矢子
29歳。マンションの4階に住む麻季の友人。夫婦共に互いに部屋を往き来する親しい関係で、趣味のヨガで明夫の妻に教える位の上達者。夫は商社勤めで不在がち。背が高くハリウッド女優のようなスタイルの良い女性。Eカップ。

【展開】

ヨガのレッスンで明夫宅を訪れていた亜矢子は泥酔したのを口実に明夫に部屋まで送ってもらうと、巧みに誘惑しフェラチオ奉仕します。
射精して自室に逃げ帰った明夫は罪悪感から逃れるように妻を抱きますが、起きていた麻季は姉夫婦の営みに聞き耳を立てながらオナニーに浸ります。

翌日明夫が帰宅し入浴したのを見計らって麻季は背中を流すと言って体を洗い一緒に狭い湯船に入りますが、彼女の体に反応した明夫の勃起に股がり素股の形で射精させたのに驚き慌てて浴室から逃げ出します。
麻季の誘惑に我慢出来なくなった明夫は次の日の仕事帰りに亜矢子の部屋を訪れ、妻がしてくれなかった裸エプロン姿で挑発する彼女とキッチンで背後から貫き満足しますが、上の階から降りて帰宅した所を麻季に目撃されます。

亜矢子と浮気していると確信した麻季はある晩姉が寝静まったのを見計らい、亜矢子との関係をネタに自分を抱くように明夫に求め破瓜を迎えると、亜矢子と逢うのを禁ずるだけでなく姉と関係を結ぶのも認めず独り占めします。

亜矢子を避け続ける明夫は彼女の執拗な電話に耐えかね食事の約束をし、彼女を失望させ別れようと山芋スティックを膣内に入れさせて欲情させビルの外の非常階段で交わりますが、彼女の逆襲にあって寸止めを食らって密会を続けざるを得なくなります。

帰宅した明夫は麻季から亜矢子と密会したのではと訝られつつ巧みにかわすもメイド服姿を見せるからと休日の喫茶店に誘われ、麻季に嫌われようと亜矢子はさせてくれたと嘘を付きアナルセックスを要求します。
しかし麻季は先回りして亜矢子に現場を目撃させようと手を打ち目論見通りになりますが、亜矢子からアナルは未経験だと返され嘘が発覚し2人が口論になると、いたたまれなくなった明夫はその場から逃げ出します。

ある日麻季から亜矢子の部屋に来るように告げられた明夫は2人に詰られ薬の入ったお茶を飲んでしまい、目を覚ますと両手を拘束されている事に気付きます。
決断出来ない明夫に嘆息した2人は痴態を見せ付けながら射精へ導くがもの足りなくなり、明夫の妻と3人でシェアするように提案します。
開き直った明夫は拘束を解いてもらい、亜矢子と麻季を交互に貫き絶頂させると2人を公平に愛せたのだと満足し、歪な関係は暫く続くものと誰もが考えますが…。

【レビュー】

新堂麗太作品ではお決まりのように決断出来ない主人公がヒロインに翻弄され、その場しのぎで他の女性たちとは逢わないと嘘を付き続け、ある時に全てが発覚しヒロインたちに逆襲され最後は全員仲良くという黄金展開が繰り返されています。

本作では主人公の妻を含めればヒロイン3人の作品とはいえ終始夫の不貞に気付く事は無いのでまさにタイトル通りと言えますが、最後に歪な関係に終止符を打つ要因は彼女にまつわるある出来事なので至って現実的でおいしいポジションでも有りますね。

主人公はいつもの新堂作品の主人公ですが、流される割にはやる事はちゃっかりやっていたりしていますし、ヒロイン2人が喧嘩しているのを諌めずに逃げ出すなどあまり感心出来る所は無いですが、人間らしいとも言えます。

麻季はこの年頃のヒロインらしく、ワガママで独占欲は強く計算高い所も有りますが、序盤で主人公の射精を見て生娘らしく動揺して逃げ出したり、主人公が大好きだと待ち伏せたりと妹キャラの一途な面が見えてなかなか良かったです。

亜矢子は主人公に積極的に仕掛ける面も有るけれど基本的には待ちの姿勢でも有りしたたかな面を持つと同時に、麻季に焚き付けられるまでは主人公の妻に対する遠慮も多少有ったのか、発覚してからの豹変ぶりもインパクトが有りましたね。

話は変わりますが、この時期のフランス書院は官能小説をマンガ化する「メディアミックス」を志向していたようで、本作もマンガ化されています。
現在は携帯電話、スマホ用の配信サイトの「めちゃコミック」で読む事が出来ますので、興味の有る方は下記タイトルで検索し、覗いてみてはいかがでしょうか。

「危険な同居生活 姉の夫と…」(原作:新堂麗太、イラスト:安斉マリア)

ジャンルはメンズコミックですが、麻季を中心に組み立てられており、画風も個人的にはレディースを思わせるので男性向けとちょっと違う気もします。

※リンクがうまく貼り付け出来なかったので申し訳有りませんが、公式サイトより検索して下さい。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

妻の妹・妻の親友(著:新堂麗太、フランス書院文庫)

2009/11/24 発売 → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 → 【honto】の電子書籍はコチラ。 「夫は夜遅くまで帰ってこないの。だから……」 足下に落ちるスカート、熟臀を覆う黒い下着。 欲情に目を潤ませ、ベッドに誘う「妻の親友」。 舌を激しく絡め合い、白昼の禁忌に溺れる二人。 その夜、同居...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR